登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
杓子山、鹿留山ピストン 杓子山、高座山、鹿留山(関東)
img

記録したユーザー

サトゥ さん
  • 日程

    2019年2月3日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:忍野市街は除雪されていましたが、鳥居地峠までの林道に入ると除雪はされていませんでした。なんとか2WDのスタットレスで駐車場まで着きました。

  • 天候

    晴れ
    [2019年02月03日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鳥居地峠(7:20)~駐車スペース(7:30)~高座山(8:05、休憩5分)~大ざす峠(8:45)~杓子山(9:20、休憩15分)~子ノ神分岐(10:10)~鹿留山(10:20)~子ノ神分岐(10:30)~杓子山(11:00、休憩45分)~大ざす峠(12:05)~高座山(12:40)~駐車スペース(13:05)~鳥居地峠(13:12)

実歩行時間(287分)÷コースタイム(330分)=0.87


総距離 約10.1km 累積標高差 上り:約1,164m
下り:約1,164m
 雪を求めて山梨県の杓子山、鹿留山に登ってきました。

 2日前(1月31日)に降った雪を求めて、前日、自宅から近い矢倉岳に行ってみましたが、雪はあるものの満足いく量ではなかったので、河口湖と山中湖の間(忍野)にある杓子山まで足を伸ばした次第です。

 忍野市街は除雪されていて2WDでスタットレスタイヤを履いているマイカーでも悠々走れましたが、鳥居地峠までの林道は除雪がされておらず、徐行でなんとか駐車場に着けたとう感じです。駐車場には朝7時くらいに着きましたが、車の気温計で-9℃でした。寒かったのでベースの上にフリースを着て行動しましたが、汗だくになってしまい、人によるのでしょうが私の場合は脱げば良かったと後悔しています。

 登山道は、鳥居地峠からずっと雪がある状態ですが、日当たりの良い場所ではすでに雪が溶けていました。終始アイゼンは履きませんでしたが、チェーンスパイクや軽アイゼンを履いていれば、さらに安心かと思います。このコースは終始アップダウンが続くのと今年の雪山第1号ということで気合いが入り過ぎていて装備が多くて重かったせいか、鹿留山まで行って杓子山まで戻ってくる頃にはバテバテになってしまいました。天気も良く、景色も良かったので、杓子山の山頂でラーメンと残り汁で雑炊を作って昼食としました。

 杓子山の山頂は、正面に富士山がどーんと見えるのはもちろん、南アルプス、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、奥秩父の山並みも見ることができました。快晴に恵まれ、眺望が良く、雪と戯れることができた良い山行となりました。

登山中の画像
登山画像
鳥居地峠(駐車場あり10台くらい)
登山画像
鳥居地峠付近の登山道の様子(5cm)
登山画像
駐車スペース分岐(10cm)
登山画像
駐車スペース付近の登山道の様子(10cm)
登山画像
登山道から富士山を望む
登山画像
登山道から高座山を望む
登山画像
高座山(1,304m)山頂
登山画像
高座山から富士山を望む
登山画像
登山道から杓子山を望む
登山画像
高座山から杓子山までの登山道の様子(10cm程度)
登山画像
登山道から杓子山を望む
登山画像
大ザス峠
登山画像
大ザス峠付近の登山道の様子(10~20cm)
登山画像
杓子山(1,598m)
登山画像
杓子山から南アルプスを望む
登山画像
天空の鐘
登山画像
山頂から富士山を望む
登山画像
北岳、間ノ岳方面を望む
登山画像
鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳も見えています。
登山画像
杓子山~鹿留山までの登山道の様子(吹溜りで40c…
登山画像
子ノ神分岐
登山画像
鹿留山(1,632m)ほとんど眺望はありません。
登山画像
杓子山まで帰ってきて昼食にしました。中華三昧…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、アウタージャケット、オーバーパンツ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サトゥさんの登山記録についてコメントする
  • Uchi さん
    アイゼン無しでいけたかー
    山頂付近は結構な雪に見えるけど、足跡あったから他にも登山者いたのかな?

  • SND14 さん
    いい景色ですなー
    冬の単独は気をつけて
    それにしても中華三昧好きだね(^^)d

  • サトゥ さん
    >Uchiさん
    締まってない雪だったので、アイゼンは付けませんでした。
    トレースもちゃんと付いてましたよ。
    すれ違ったパーティーは3~4組くらい。
    良い山でした!!

  • サトゥ さん
    >SND14さん
    富士山が見える山は気分が上がります!

    単独行は気を付けます。
    気を付けすぎて装備が重くなる傾向がありますが。。。

    登山中の昼食の改善を検討中です。
    この時期は、食材を切って行って、なべ焼きうどんも良いですな~。。。

    「山と食欲と私」読んでみようかな~

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    山頂周辺はサンショウバラやアヤメが咲いています。昨日は雲海と富士山の姿もみられました
    19年07月12日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サトゥ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?