登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
蛭ヶ岳、丹沢山 丹沢主脈を登り大倉尾根を下る 焼山、黍殻山、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

aoto さん
  • 日程

    2019年3月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:JR横浜線 橋本駅から神奈川中央交通のバスで焼山登山口へ(途中、三ヶ木で乗り換え)
    帰り:大倉から神奈川中央交通のバスで小田急線 渋沢駅へ

  • 天候

    晴れ
    [2019年03月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

焼山登山口(7:20)-焼山(8:50)-黍殻山(9:40)-大平分岐(9:50)-姫次(10:35)-蛭ヶ岳(12:05 12:25)-丹沢山(13:55)-塔ノ岳(15:00)-大倉(16:55)


総距離 約23.4km 累積標高差 上り:約2,214m
下り:約2,223m
 丹沢主脈を登り、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳を経由し大倉へ下りました。蛭ヶ岳は丹沢で一番高い山。奥まったところにあるのでどこの登山口からも日帰りで行くには日照時間が長い季節になってしまいます。
 木曜日関東地方は雨。山間部は雪が降りました。金曜日に会社の窓から見える大山は山頂付近が少し白く、山頂部だけ見える丹沢山はかなり白くなってました。この時期はまだ雪が解けた後に凍る事があるので念の為アイゼンを持参しました。
 三ヶ木から月夜見行きのバスは土砂災害の影響で平丸までしか行きませんので登り始める登山口まで運行しているか確認が必要です。
 バスを降り進行方向に100mほど進むと道標がありますので登山口までは分かり易いです。
 最初は石畳の登山道を登って行くと焼山手前に巻き道がありますが山頂を経由してもあまり変わらないと思います。展望は有りませんが歴史を感じさせる祠があります。
 黍殻山手前にも巻き道があります。こちらは先を急ぐのであれば少し時間が短縮できそうな感じです。山頂へは両側が切れた個所がありますので注意が必要です。山頂には雨量計の設備と手書きの表示があります。
 標高1150mを過ぎると登山道の日影部は雪に覆われます。圧雪状態で傾斜も緩いので姫次までは問題ありませんでした。姫次から蛭ヶ岳へ向かう道は雪の量は少し増え山頂直下の木の階段部は滑りやすい状態でした。山頂直下部は見晴らしが良くなかなか足が進みませんでした。
 蛭ヶ岳山頂には3名の方がいらっしゃいました。また、丹沢山に向かう道では5名の方とすれ違いました。蛭ヶ岳から丹沢山、塔ノ岳に向かう道の東側斜面(今回のルートでは下り)は雪が解けドロドロの状態。西側斜面(今回のルートでは上り)は圧雪でした。丹沢山までの道ですれ違った方の中には少し軽装だったのが気になりました。鬼ヶ岩ノ頭への上りの岩場は西側斜面で雪が所々付いており注意が必要でした。
 塔ノ岳から大倉までの登山道に雪は無く一部ドロドロした部分はありましたがほとんど乾燥状態でした。
 大倉は帰りのバス時間の心配はありませんが、明るい時間に着きたかったので全体的に少し急ぎました。滑りやすい個所も何箇所かありましたが上りだったのと、慎重に進むことで滑り止めは付けずに山行できました。

登山中の画像
登山画像
登山口へはバスを降り、道志側に100mほど行って…
登山画像
焼山かな?
登山画像
焼山山頂には展望台らしきものがありましたがロ…
登山画像
焼山の言われは昔将軍家の猟場に指定されていた…
登山画像
黍殻山に向う稜線からは丹沢三峰が枝の隙間から…
登山画像
蛭ヶ岳は白いです。
登山画像
標高1150m付近から日影は雪道になりました。
登山画像
黍殻山山頂には雨量を計測し無線で知らせる設備…
登山画像
黍殻避難小屋。トイレもあります。
登山画像
蛭ヶ岳(姫次に向かう稜線から)
登山画像
右奥が丹沢山
登山画像
大室山(姫次を過ぎた稜線から)
登山画像
南アルプスにズーム
登山画像
檜洞丸
登山画像
蛭ヶ岳山頂が見えてきました。
登山画像
檜洞丸の後ろに富士山が見えてきました。
登山画像
ズーム
登山画像
相模湾方向の眺め(蛭ヶ岳山頂より)
登山画像
富士山山頂の手前に雲
登山画像
南アルプス方向の眺め
登山画像
これから向かう丹沢山(左奥)、塔ノ岳(正面奥…
登山画像
休んでいると富士山手前の雲が無くなりました。
登山画像
富士山をズーム
登山画像
丹沢山へはこの稜線を歩いて行きます。
登山画像
鬼ヶ岩ノ頭
登山画像
振返って蛭ヶ岳
登山画像
鬼ヶ岩ノ頭からの眺め
登山画像
丹沢山(左端)から塔ノ岳(右端)に続く尾根(…
登山画像
振返って不動ノ峰
登山画像
徐々に逆光が強くなり富士山はかなり薄くしか見…
登山画像
ここまで来ればだいぶ下山口が近づきました。
登山画像
大山(塔ノ岳に向かう尾根から)
登山画像
もう直ぐ塔ノ岳
登山画像
もう富士山は見えません。(塔ノ岳山頂より)
登山画像
歩いて来た丹沢山からの尾根
登山画像
下りて行く市街地(花立山荘から少し下った場所…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

aotoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

aoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...