登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
乾徳山(たまには山梨方面へ) 乾徳山(関東)
img

記録したユーザー

ぷーすか さん
  • 日程

    2019年3月23日(土)

  • パーティ

    3人 (ぷーすか さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央自動車道 勝沼IC〜フルーツライン〜徳和
    乾徳山登山口駐車場

  • 天候

    曇り時々雪
    [2019年03月23日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

本厚木駅南口 5:15
乾徳山登山口バス停 7:50 - 乾徳山登山口(オソバ沢ルート) 8:16 - 9:28 国師ヶ原十字路 9:43 - 扇平 10:13 - 11:40 乾徳山 11:45 - 水ノタル- 13:02 高原ヒュッテ 13:37 - 道満山 14:25 - 乾徳山登山口(オソバ沢ルート) 15:00 - 15:15 乾徳山登山口バス停


総距離 約11.3km 累積標高差 上り:約1,462m
下り:約1,461m
暖かい日が続いてからの冷え込みで、アイスリンクのようなところもありました。1~2回、滑って転倒しました。軽アイゼンなどの滑り止めは必須。
たまには山梨方面へと言うことで、選んだのが日本200名山の乾徳山。登山後に温泉も入れそうでしたので、Hさん、Mさんと登ってきました。この日は、春の陽気から一気に冷え込み、中央自動車道は雪がちらついていました。駐車場に車を止め、先行する登山者に追いつき、抜かされながら、乾徳山を目指しました。途中からは雪も舞い始め、登山道は凍り付き、チェーンスパイク登場。肝心の景色は、生憎の雪模様のため、想像するしかありませんでしたが、頂上付近ではきれいな霧氷を見ることが出来ました。鎖場はしっかりした鎖が設置されていたため、かなり鎖に頼り切ってよじ登ってしまいましたが、何とか頂上を踏むことが出来ました。下りは迂回下山道へ。途中、ピンクリボンを追っかけていたら...あれっ!?...すぐ元の道へ戻り、事なきを得ました。途中、チェーンスパイクを外して注意しながら下り、平らになったところで気が抜けると、アイスリンクのようになっておりスッテン!っと、、ものすごく滑りました。高原ヒュッテで遅めのお昼をゆっくりととり、道満尾根を下り、駐車場へ戻りました。山行終盤には、晴れて、日も当たり、里には梅が咲き、春の訪れを感じられました。温泉で疲れを癒やしてから振り返ると、なんと、青い空に乾徳山が輝いていました。朝から晴れて欲しかった~。ヘルメット(岩場を歩くときはヘルメットをした方がよいですね)を持参して、また来ます。
事故渋滞に巻き込まれながら厚木まで帰ってくると、雨が降り始め反省会は中止となりました。次回は盛大にやりましょう。おつかれさまでした!

登山中の画像
登山画像
駐車場に車を止めて、いざ出発!
登山画像
まもなく乾徳山登山口
登山画像
銀晶水...
登山画像
錦晶水...あなたは、何が言いたい (笑)
登山画像
雪が舞い始めての
登山画像
国師ヶ原十字路
登山画像
前宮跡の奥に見える岩を巡って
登山画像
扇平へ
登山画像
霜柱が立ってました
登山画像
登山道は凍り付き
登山画像
素晴らしい景色を想像して
登山画像
お決まりに到着
登山画像
ここを登り
登山画像
ここを通り
登山画像
ここを下り
登山画像
曲がって裏側へ
登山画像
こんなところや
登山画像
こんなところをよじ登り
登山画像
絶景が...
登山画像
枝も凍り付き
登山画像
でも、美しい山頂の姿が
登山画像
こう見ると、大したことなさそうですが
登山画像
必死によじ登り
登山画像
山頂へ!
登山画像
下りも雪が結構ありました
登山画像
雪の迂回路へ
登山画像
どんどん下り
登山画像
鎖もありますが、使わずに左手(写真では右)の方…
登山画像
まだまだ気が抜けません
登山画像
ものすごく滑りました
登山画像
国師ヶ原からヒュッテと乾徳山を振り返る
登山画像
...残念
登山画像
道満尾根へ
登山画像
車道と出合
登山画像
道満山 (1314.1m)
登山画像
植林帯になってくると
登山画像
乾徳山登山口へ無事下山
登山画像
里山は
登山画像
梅が咲いていました
登山画像
今頃になって青空に輝く乾徳山また来るしかないな
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    瑞牆山登山口に至る県営林道みずがき線(増富温泉から黒森)は予想雨量が多いため、本日から月曜日まで通行止め
    19年10月18日(金)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    台風19号で千曲川源流側は整備中で通行要注意。徳ちゃん新道は支障なし。登山口までも注意を
    19年10月17日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぷーすか さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!