登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
扇ノ山バックカントリー上山高原ルート 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年3月24日(日)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、師匠 さん 、N氏 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:鳥取道からルート9号を東進し蒲生トンネル先を海上集落へ向け登る
    シワガラノ滝駐車場から約1㎞上部の林道脇に中車3・4台駐車可

  • 天候

    ⛄後☁ 登山口-2℃
    [2019年03月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山5:00→7:00林道Ⓟ7:10→8:05上山高原→9:20 コズッコ小屋→10:52扇ノ山避難小屋昼食11:40→11:50西側滑走12:20→1230東側滑走13:00→13:10避難小屋→13:35オオズッコ→14:23ショーブ池→15:10林道Ⓟ15:20⇒17:50帰着


総距離 約17.1km 累積標高差 上り:約1,168m
下り:約1,188m
↑1,108m ↓1,067m 18.5㎞ 7:55分 19,260歩
今回は扇ノ山B・CSKI、こちらも今シーズン最初。N氏と師匠の3人で上山高原から扇ノ山へバックカントリーSKIです。林道の除雪はまだですが、シワガラノ滝駐車場まで入山可能と言う情報で、出かけてきました。

現地へ着くと降雪があり、海上集落手前から道路に雪が現れた。集落から上に1・2㎝積った雪道を登り、シワガラノ滝駐車場から1㎞程上に駐車した。

7:10出発、上山高原入口ベンチまで約40分、正面に上山三角点峰946mが見えてきました。このころから降雪が強くなり、雪中登行になりました。

8:15上山高原避難小屋通過、すでに2.6㎞程登ってきました。この辺りで標高910m位、気温は-2度くらいです。残り林道を2.2㎞登行し登山口です。

さらに1時間やっとコズッコ小屋下の登山口につき、取付きの急登を登るとコズッコ小屋、9:25到着です。小屋の周りはまだ2m近い雪、さすが扇ノ山、雪の量は中国山地では屈指のようです。

しばらく進むといつものタムシバスポット、今年はまだ蕾です。ブナ林に入ると、梢の樹氷に朝日が当たり素晴らしい光景です。次に、芦生杉の大株を目指します。ちょっと手前で標高点1,159m小ズッコを越えますが、なだらかな丘でピークには気づきませんでした。

9:50分 芦生杉通過です。ブナ林の中の、この立派な目印を過ぎても、まだまだブナの森を登ります。コズッコ小屋から山頂まで約2.7㎞、ブナの森に癒されながら登行出来るのです。
2度ほど中斜面を登ると大ズッコの稜線につきます。雪はますます深くなって、10㎝以上の新雪を踏んで登って行きます。

10:25オオズッコ1,273mの山頂へ到達です。3時間強歩いて来ました。ここから1度下り、90m登り返すと山頂稜線です。最後の登行も樹氷を観ながら頑張って登れます。

山頂直下の展望台は、雪に埋もれていました。そして、10:55ついに山頂へ到達。ちょうど南側ふるさとの森から登って来た2人パーティとほぼ同着でした。この2人は広留野の分岐から林道を登行されたようです。

我々はちょっと早いが、小屋へ入ってお昼にします。休憩中も後続組が次々と到着され、思い思いにスキーに向かわれます。兵庫の方が多く、ほとんど山⛷の方達でした。

休憩後はお待ちかね、新雪滑降が待っています。11:50まずは西側へドロップ、120m程滑降して登り返します。アッと云う間の1本目・・・

登り返しがしんどいで~す。小屋へ帰ると12:20、シールを剥がし今度は東斜面へドロップ。こちらも100m程降下して登り返します。昼からも気温が上がらず、まだまだ気持ちよく滑ることが出来ました。再び登り返し、13:15に下山滑走へ向いました。

下山も雪が滑ってらくちんです。コズッコ登山口へ14:10、上山高原避難小屋14:35、駐車地下山は15:10分、2時間の下山滑走でした。駐車地は2台車が増えていました。

山頂滑走も気持ちよく、長丁場の達成感と相まって、満足な山行になりました。
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/03/2019324ski31-43.html

登山中の画像
登山画像
林道出発
登山画像
上山高原入口
登山画像
上山高原避難小屋通過
登山画像
小ズッコ小屋通過
登山画像
タムシバの蕾
登山画像
目印の芦生杉大株
登山画像
大ズッコ通過
登山画像
山頂到着
登山画像
西斜面滑走
登山画像
西斜面登り返し
登山画像
東斜面登り返し
登山画像
東斜面滑走
登山画像
下山に向けトラバース滑走
登山画像
大ズッコ下山滑走
登山画像
大根畑下山滑走
登山画像
ショウブ池まで下山
登山画像
山頂を振り返る
登山画像
林道下山中
登山画像
上山高原避難小屋へ下山
登山画像
林道下山滑走
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...