登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
扇ノ山バックカントリー上山高原ルート 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年3月24日(日)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、師匠 さん 、N氏 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:鳥取道からルート9号を東進し蒲生トンネル先を海上集落へ向け登る
    シワガラノ滝駐車場から約1㎞上部の林道脇に中車3・4台駐車可

  • 天候

    ⛄後☁ 登山口-2℃
    [2019年03月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山5:00→7:00林道Ⓟ7:10→8:05上山高原→9:20 コズッコ小屋→10:52扇ノ山避難小屋昼食11:40→11:50西側滑走12:20→1230東側滑走13:00→13:10避難小屋→13:35オオズッコ→14:23ショーブ池→15:10林道Ⓟ15:20⇒17:50帰着


総距離 約17.1km 累積標高差 上り:約1,168m
下り:約1,188m
↑1,108m ↓1,067m 18.5㎞ 7:55分 19,260歩
今回は扇ノ山B・CSKI、こちらも今シーズン最初。N氏と師匠の3人で上山高原から扇ノ山へバックカントリーSKIです。林道の除雪はまだですが、シワガラノ滝駐車場まで入山可能と言う情報で、出かけてきました。

現地へ着くと降雪があり、海上集落手前から道路に雪が現れた。集落から上に1・2㎝積った雪道を登り、シワガラノ滝駐車場から1㎞程上に駐車した。

7:10出発、上山高原入口ベンチまで約40分、正面に上山三角点峰946mが見えてきました。このころから降雪が強くなり、雪中登行になりました。

8:15上山高原避難小屋通過、すでに2.6㎞程登ってきました。この辺りで標高910m位、気温は-2度くらいです。残り林道を2.2㎞登行し登山口です。

さらに1時間やっとコズッコ小屋下の登山口につき、取付きの急登を登るとコズッコ小屋、9:25到着です。小屋の周りはまだ2m近い雪、さすが扇ノ山、雪の量は中国山地では屈指のようです。

しばらく進むといつものタムシバスポット、今年はまだ蕾です。ブナ林に入ると、梢の樹氷に朝日が当たり素晴らしい光景です。次に、芦生杉の大株を目指します。ちょっと手前で標高点1,159m小ズッコを越えますが、なだらかな丘でピークには気づきませんでした。

9:50分 芦生杉通過です。ブナ林の中の、この立派な目印を過ぎても、まだまだブナの森を登ります。コズッコ小屋から山頂まで約2.7㎞、ブナの森に癒されながら登行出来るのです。
2度ほど中斜面を登ると大ズッコの稜線につきます。雪はますます深くなって、10㎝以上の新雪を踏んで登って行きます。

10:25オオズッコ1,273mの山頂へ到達です。3時間強歩いて来ました。ここから1度下り、90m登り返すと山頂稜線です。最後の登行も樹氷を観ながら頑張って登れます。

山頂直下の展望台は、雪に埋もれていました。そして、10:55ついに山頂へ到達。ちょうど南側ふるさとの森から登って来た2人パーティとほぼ同着でした。この2人は広留野の分岐から林道を登行されたようです。

我々はちょっと早いが、小屋へ入ってお昼にします。休憩中も後続組が次々と到着され、思い思いにスキーに向かわれます。兵庫の方が多く、ほとんど山⛷の方達でした。

休憩後はお待ちかね、新雪滑降が待っています。11:50まずは西側へドロップ、120m程滑降して登り返します。アッと云う間の1本目・・・

登り返しがしんどいで~す。小屋へ帰ると12:20、シールを剥がし今度は東斜面へドロップ。こちらも100m程降下して登り返します。昼からも気温が上がらず、まだまだ気持ちよく滑ることが出来ました。再び登り返し、13:15に下山滑走へ向いました。

下山も雪が滑ってらくちんです。コズッコ登山口へ14:10、上山高原避難小屋14:35、駐車地下山は15:10分、2時間の下山滑走でした。駐車地は2台車が増えていました。

山頂滑走も気持ちよく、長丁場の達成感と相まって、満足な山行になりました。
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/03/2019324ski31-43.html

登山中の画像
登山画像
林道出発
登山画像
上山高原入口
登山画像
上山高原避難小屋通過
登山画像
小ズッコ小屋通過
登山画像
タムシバの蕾
登山画像
目印の芦生杉大株
登山画像
大ズッコ通過
登山画像
山頂到着
登山画像
西斜面滑走
登山画像
西斜面登り返し
登山画像
東斜面登り返し
登山画像
東斜面滑走
登山画像
下山に向けトラバース滑走
登山画像
大ズッコ下山滑走
登山画像
大根畑下山滑走
登山画像
ショウブ池まで下山
登山画像
山頂を振り返る
登山画像
林道下山中
登山画像
上山高原避難小屋へ下山
登山画像
林道下山滑走
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年10月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!