登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
扇の山BCSKI Ⅱ: 06日 4月 2019 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年4月4日(木)

  • パーティ

    4人 (いずみやま さん 、Ǹ氏 さん 、T氏 さん 、K氏 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ルート9号蒲生トンネルを過ぎ海上集落を目指す
    林道を上山高原避難小屋までさかのぼり駐車 避難小屋・WC・水場・約30台駐車可

  • 天候

    ☁後☀
    [2019年04月04日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

津山5:00→7:05上山高原Ⓟ7:25→8:35 コズッコ小屋→10:05扇ノ山避難小屋昼食10:58→11:00東側滑走11:50→12:30避難小屋→13:15オオズッコ→14:00ショーブ池→14:10上山高原避難小屋Ⓟ14:20⇒17:20帰着


総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約820m
下り:約822m
 ↑710m ↓694m 12.6㎞ 6:52分 13,228歩
シーズン2度目の扇の山バックカントリーSKI。今回はN氏T氏K氏の4人パーティーを組み出発です。
シワガラノ滝Ⓟを過ぎ、前回駐車地点を目指して登って行くと、雪の壁は綺麗に空いて、上山高原の避難小屋まで除雪してあった。\(^o^)/

ガスが立ち込める中、早速支度して7時25分出発。先着の車が1台止まっていて、林道にトレースがある。先行者は単独のようだ。

2㎞先のコズッコ小屋登山口を目指して林道を登行します。先日の雪でリセットされた林道の先行者が残したトレースを巡ります。いつものショーブ池まで登ると、いつも舗装路面が出るカーブも雪に覆われている。帰りも十分滑走できそうです。

先頭ラッセルも、先行者がいるのでらくちんです。出発から1時間で難所の吹き溜まりへ着きます。林道が埋まって急斜面になっている場所だが、今日は雪が柔らかく、大した難所には成ってない。

そしてコズッコ小屋の下に到着。前回のマンサクに再開、雪面が下がり花は見上げるようになっている。上空に青空が広がり始め、青空にマンサクの花のコントラストが映えてきました。

小屋に上るとブナ林に朝日が射し、明るい林が広がってきた。ブナ林はいつ来ても本当に素晴らしい。しばらく進むといつものタムシバスポットだ。蕾はだいぶ膨らんだが、まだ開花していなかった。もう1週間先になるようだ。

第2目標地点のアシュウ杉の大株到着は9時3分、前回より駐車地が上だったので、小1時間早い。K氏が根元の仏さまを確認されている。さらにブナ林を先へ進むが、癒される登山道です。大ズッコの登りで先行者に追いつき、ラッセルのお礼を云う。

そして今度は我々が先頭を交代、ラッセル登行だ。ここから5人パーティーで山頂を目指します。大ズッコの辺りで積雪は10㎝くらいだが、降雪から2日経過しているので重雪だ。

大ズッコの斜面を登りきると、前方に山頂小屋が見えてきた。しかしまだ手前で一度下り登り返さなければ山頂へは着けない。(;^_^A・・・この下りが曲者、ブナの間隔が狭くシール滑走はなかなか難しいのだ。(~_~;)

オオズッコを9:32分に通過し、展望台へ9:58分、山頂小屋は10時3分に到着した。
皆さん小屋2階へ陣取り、まったりお昼(^_-)-☆にしま~す。

小1時間ゆっくりし、ぼちぼち腰を上げます。11時から1本目、今日は東側のふるさとの森登山道方向へドロップしてみます。重雪が20㎝近く、なかなか手ごわい雪です。

1度1,250m付近まで滑り、沢をトラバースして小屋から一本調子で下る尾根へ乗りさらに1,200m付近まで滑走登り返す。管理人は登りでシールが剥がれ、最後はスキーを担ぎツボ足で登行した。皆さん小屋前で待っていてくださったが、2本目はパスさせてもらう。

で、小屋前で日向ぼっこしながら、皆さんが西側滑走から帰って来るのを待つ。その間にシールを干し、帰りのオオズッコ80mの登り返しに備えます。12時過ぎから下りに向かう。

心配したオオズッコの登りはシールがもってくれ難なく登り返すことが出来た。後は下りが待つだけ、アシュウ杉から小ズッコ小屋を経て林道を下り、14:10分無事駐車地へ下山した。
今日もお山で滑れて感謝で~す。

詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/04/2019.html

登山中の画像
登山画像
ガスの中避難小屋を出発
登山画像
ショウブ池通過
登山画像
ショウブ池
登山画像
難所の登行
登山画像
林道を詰める
登山画像
コズッコ登山口到着
登山画像
マンサク
登山画像
コズッコ小屋到着
登山画像
オオカメノキ
登山画像
タムシバ
登山画像
ブナの変株
登山画像
芦生杉の大株到着
登山画像
仏様
登山画像
オオズッコから山頂方向
登山画像
5人パーティーで登行する
登山画像
展望台通過
登山画像
山頂到着
登山画像
ふるさとの森方向へドロップ
登山画像
N氏テレマーク
登山画像
K氏テレマーク
登山画像
山頂から氷ノ山
登山画像
下りの林道
登山画像
ひたすら下る
登山画像
上山高原へ無事帰還
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!