登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
世界遺産 小辺路を歩き伯母子岳へ(大股登山口-伯母子岳 ピストン) 【関】【近】【奈百】伯母子岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

bow024518 さん
  • 日程

    2019年4月9日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:京奈和自動車道五條ICから大塔町坂本から野迫川村に入り大股登山口へ
    大股登山口には無料の駐車場(4台駐車可能)が有りトイレも有る。
    週末等で万一駐車できない場合は少し北東方向にアドベンチャーランドが有り、そこの駐車場も使用可能の様だが実際に確認しておらず使用条件等は不明である。

  • 天候

    晴れ
    [2019年04月09日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大股登山口08:47 - 12:33頂上13:03 - 13:15南尾根折返し地点 - 15:42大又登山口


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,289m
下り:約1,289m
世界遺産小辺路を歩き日本二百名山伯母子岳へ。登山口までの交通の不便さによるアプローチの悪さで今迄未踏で有ったが意を決して行って来ました。
登山口の駐車場とトイレは各種登山記録やgoogle mapで確認して居たのでスムーズで有ったが、往復6時間程のドライブに加え野迫川村に入ってからの道路が曲がりくねっていて方向感覚を麻痺させる。到着したときには先客が1台駐車されていました。駐車可能台数は4台程度です。
トイレの奈良県警察本部生活安全部地域課のポスターが英語表記で有るのを見て、外人さん多いんだ!と一人合点して出発。
端を渡るとすぐ民家の間を抜け墓地の前を通り九十九折の急登を落石に注意しながら登る。九十九折れの登山道で小石でも蹴飛ばそうものなら真下の民家を直撃しそうである。
菅小屋跡に建つ小屋も非難小屋機能を備えている様で囲炉裏の周りに休憩スペースが有り、小屋の横にはマキ置き場も有った。
菅小屋跡を過ぎ桧峠の手前で先行者らしい方が早くも下山されてきたので、「お早いですね」とご挨拶して少しお話する。やはりアプローチが長いので前泊の車中泊で6時前に出発されたそうだ。先客とお別れし、桧峠を過ぎ夏虫山分岐で日当たりのよい場所で小休止。山頂下の伯母子峠分岐を目指し出発すると程無く一目で外国人と解るカップルとすれ違う。挨拶の台詞を頭の中で準備して歩いていくと、女の子が流暢な日本語で「こんにちは」「ありがとうございます」と挨拶して来て私も普段の挨拶通りの受け答えで通り過ぎた。会話が日本語の為、何処の国の方か聞くのを忘れ、この時間からすれば護摩壇山から重層してきたとは考えにくく恐らく「ホテル野迫川」辺りで前泊し7時頃から山頂ピストンかなと勝手な憶測をしながら分岐へ向かった。
分岐には上西家跡上部で崩落の為迂回路と言う表示と共に分岐から山頂を直接目指すルートがリコメンドされているようだった。崩落地の正確な位置がこの表示では解りにくいのだが、上西家跡は伯母子岳の南方なので恐らく伯母子峠より南側に崩落地が有るのかななどと考えながら頂上へ。
頂上に到着するとやはり前評判の高かった展望が飛び込んで来る。東方向が僅かに木立に遮られ360度とは行かないが、それでも抜群の展望にひと時見入る。山頂三角点の上にコインが3枚有り良く見ると1枚は100円硬貨、後の2枚はカナダドルで有った。おそらくすれ違った外国人はカナダから来たのかな?山頂で昼食を頂き、伯母子峠を経由して大股登山口に戻ろうと山頂から東へ向け出発。程無く峠への分岐に出るがここにも迂回路表示が有り峠に下らず南に進む事を推奨しているかの様な表記。
事前調査の不十分さを悔みながら、もし峠付近で崩落していたら。。。と考え峠回りは放棄し単純ピストンを決めた。迂回ルートをリコメンドするなら、概念図でも良いので崩落地の個所をわかるように表示しルート選択が登山者の判断でできるようにすべきと思う。
小辺路は巡礼の道で有り、道幅は平均して一般の大峰山系登山路よりも広いが昨年の台風の影響で倒木が有り通り難い個所もあるが安全には支障は無い。久しぶりの山行で3割程長く距離感を感じた。

登山中の画像
登山画像
頂上三角点
登山画像
大股登山口駐車場とトイレ
登山画像
世界遺産 小辺路看板
登山画像
菅小屋跡
登山画像
菅小屋跡の避難小屋内部
登山画像
三角点に置かれた100円硬貨とカナダドルコイン
登山画像
頂上から伯母子峠への分岐伯母子峠には降りず南…
登山画像
伯母子峠への分岐の迂回路表示
登山画像
倒木
登山画像
小辺路 普通の登山路に比べ道幅は有る。
登山画像
大股登山口からの登り。小石等を落とさないよう…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

bow024518さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

bow024518 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ