登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
長野 VOL.19 乗鞍岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年4月13日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:長野自動車道の「松本IC」で降りて、国道158号線を西に向かいます。梓川に沿って登って行くと道が曲がり始めて、稲核ダム・風穴の里・水殿ダム・奈川渡ダムの梓湖と登って行き、前川渡トンネルを抜けて左折して「前川渡大橋」を渡り乗鞍を目指します(直進すると上高地の玄関「沢渡」です)。リゾート施設が出てくるとその先に「休暇村 乗鞍高原」が左に現れます。右手にも広い駐車場があります。「松本IC」から約41km・70分です。トイレは「休暇村 乗鞍高原」で借ります。

  • 天候

    快晴・軽風、稜線・和風
    [2019年04月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

休暇村乗鞍高原駐車場(06:35)・・・2本目リフトトップ(07:20)・・・3本目リフトトップ(07:50)・・・位ヶ原山荘分岐(09:15)・・・肩の小屋着(11:00)装備変更・・・肩の小屋発(11:15)・・・乗鞍岳山頂着(11:25)・・・乗鞍岳山頂発(12:50)・・・肩の小屋着(13:15)食事・・・肩の小屋発(13:30)・・・2本目リフトトップ(15:05)・・・休暇村乗鞍高原駐車場(15:30)


総距離 約14.0km 累積標高差 上り:約1,462m
下り:約1,462m
「手軽に登れる3000m峰」の言葉が独り歩きしている「乗鞍岳」ですが、それは除雪が終り
山頂直下まで車で登れる時期の話しで、それでも一度荒れたら手におえない強風の山です。
厳冬期の「乗鞍岳」の強風は凄まじく、ビューフォート風力で17m/秒超は日常の世界です。
当然、まともに歩けませんし、トレースは一瞬で消えて、猛烈なラッセルで体力を消耗します。
「位ヶ原山荘」のHPで、12月~3月上旬は山荘からでも登頂率は50%行かないとあります。
2月から天気図等を見てきましたが、晴れでも20m/秒を超える風が普通に続く状況でした。
4月に入りスキー場の営業が終わると、リフトを乗り継ぎ、高度を稼ぐことが出来なくなります。
やっと日本が高気圧の大円形に包まれる日と、10m/秒以下の風と、週末が重なりました。
「位ヶ原山荘」に泊まって、その前後の日の天候次第で登頂を計画しましたが、なんと山荘が
休みになっていました。仕方なく、ゲレンデの下から3000m峰の日帰り登山を決行しました。
雲一つない快晴の中、ゲレンデ下の登り始めから、彼方に「乗鞍岳」のトップが見えています。
スキー場のゲレンデは上方に向けて段々と勾配がきつくなりますが、そこそこ締まっています。
4月17日に「三本滝」まで「乗鞍エコーライン」の除雪が完了する予定なので、すでに除雪が
始まっていて、雪の回廊の高低差を2度も通過する危険個所を過ぎると、リフトのトップです。
1時間10分かけてゲレンデ上部に到着し、ここから先は狭いツアーコースを登って行きます。
雪は深くフカフカの状態ですが、最初からスノーシューで登ってきているので快適に進めます。
しかし、快晴の中、まさかの軽風で汗が噴き出ますが、それでも気持ち良く登って行きます。
「位ヶ原山荘」への分岐を過ぎて直進すると大雪原に出ますが、なんと風が感じられません。
まるで初夏の雪渓を登るような感覚で大雪原を登って行きますが、広すぎて位置不明です。
前方のコルに「肩の小屋」を見定めますが、雪の中の、地味につらい登りが延々と続きます。
「肩の小屋」にスノーシューを置き、ここからアイゼン・ストック・ヘルメットで本丸に取付きます。
稜線に出てやっと風が出てきましたが、和風程度の風で、気持ち良く剣ヶ峰に登頂しました。
山頂で360度の大展望を楽しんで、名残惜しく下山しましたが、体力的にヘロヘロ状態です。
下山後、「休暇村 乗鞍高原」で温泉に入り、長く快晴・快適な山旅の汗を流して帰りました。
登山前の早朝に「休暇村 乗鞍高原」でトイレを借りたので、お土産も買いました。

登山中の画像
登山画像
休暇村乗鞍高原駐車場で0セットです
登山画像
ゲレンデ下からですがはるか遠くにトップが見え…
登山画像
冬季営業が終わったゲレンデを登ります
登山画像
好きな所を自由に登って行きます
登山画像
2本目リフトトップ 189m
登山画像
だんだんと勾配がきつくなるゲレンデです
登山画像
除雪が始まっている雪の回廊を登り下りします
登山画像
高さのある雪の回廊の通過は非常に危険な行動です
登山画像
3本目リフトトップ 369m
登山画像
ゲレンデ上部の最後の急勾配です
登山画像
ふかふかな雪のツアーコースを登って行きます
登山画像
スノーシューで正解ですが風がありません
登山画像
位ヶ原山荘分岐 792m
登山画像
大雪原に出ましたが相変わらず風が弱いです
登山画像
遠く前方のコルに「肩の小屋」を発見しました
登山画像
普段の強風が良くわかる樹形です
登山画像
一直線の逆転層の雲が暖かさを物語っています
登山画像
トイレもガッツリ雪に埋まっています
登山画像
地味につらい登りが長く続きます
登山画像
「肩の小屋」に向かい汗かき登って行きます
登山画像
「肩の小屋」でスノーシューからアイゼンに変更…
登山画像
肩の小屋 1189m
登山画像
さあ「乗鞍岳」の本丸に取り付きます
登山画像
アイゼンを効かせてじっくり登って行きます
登山画像
いい感じです
登山画像
まずは「朝日岳」を抜けて行きます
登山画像
ついに「乗鞍岳」の剣ヶ峰を捉えました
登山画像
稜線でやっと風に会いましたが和風程度です
登山画像
「蚕玉岳」を超えて行きます
登山画像
ちょっと危険な山頂直下の最後の岩場です
登山画像
期待に胸が膨らむ神々しい瞬間です
登山画像
「乗鞍本宮神社」が分からず荷物を立てかけた人…
登山画像
南アルプスも一望できます
登山画像
乗鞍岳山頂 1441m
登山画像
やはり穂高連峰は格好いいです
登山画像
最高の天気です
登山画像
「御嶽山」もバッチリです
登山画像
「白山」方面です
登山画像
名残惜しいですが下山開始です
登山画像
「肩の小屋」上部はコロナ観測所の「摩利支天岳…
登山画像
肩の小屋 1190m
登山画像
標高が高いので下山でも景色は抜群です
登山画像
やはり穂高連峰は見せてくれます
登山画像
ずーっと良い天気過ぎます
登山画像
このオレンジのポールは道路標識でしょう
登山画像
クラスとしている山肌が光っています
登山画像
何度も振り返りながら下山して行きます
登山画像
下山ルートは不明ですが何とかなるでしょう
登山画像
ゲレンデに戻って来ました
登山画像
2本目リフトトップ 215m
登山画像
好き勝手にゲレンデを下って行きます
登山画像
休暇村乗鞍高原駐車場に無事下山です
登山画像
快晴の中を9時間歩いたため日焼がすごいです
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、スノーシュー、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年6月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...