登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
鷲峰山 春のお花見 鷲峰山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん

この登山記録の行程

津山7:40→9:40安蔵森林公園Ⓟ9:50→11:00安蔵越12:00→13:00 1.9㎞指導標→13:26 1㎞指導標→14:10山頂三角点14:40→15:50安蔵越→16:20安蔵森林公園Ⓟ16:30⇒18:30帰着

↑716m ↓724m 7.5㎞ 6:30分 16,107歩

今回は鳥取道を鳥取南ICで降り、県道32号で神戸(かんど)を越えて、上砂見から安蔵森林公園を目指します。津山から90㎞約1時間半の行程だが、朝のラッシュで遅くなり、10時前のスタートになった。管理棟へ入山届をして登山道へ向かいます。

坂を上ると最初のカーブに鷲峰山登山口の指導票が立っている。ここから山道へ入って主稜線へ向け、谷上部を回り込むようにトラバースしていく。

鷲峰山からゴーロへ向かう主稜線へ合流すると安蔵越えまであと少しだ。花々に目を止めながらゆっくり歩き、小1時間で安蔵越えに到着した。

ここで荷を解き大休止。カフェで一服して再スタート。送電線へ向け2筋の道が伸びている。今回は東側の階段が無い道を登る。上方では嫌と云うほど階段を登らないといけない。で、ここは階段がない側の道をチョイスだ。送電鉄塔の下を巻いてすすむと、いよいよ最初の急登に差し掛かる。

約500段の階段が待っている。段差が大きく急な丸太階段は、足場が限られ集中して歩かないとバランスが取れない。高度570mから712mピークまで一気に登る急登だ。

登り切ったところが最初のピーク712mだ。鷲峰山頂へ1.9㎞の表示がある。前に羽を広げた鷲峰山が広がっている。ここから一度下り、さらに階段が鷲峰山東の肩まで緩やかに伸びている。

振り返ると高山からゴーロの稜線にはまだ雪が残っている。奥に三国山の白い斜面も見えていて、まだ滑れそうな雪山が見えている。

明るい道を快適に進むと、やがて道はブナの林へ入る。梢が少し色づき、芽吹きが始まっていることを感じさせてくれる。

山頂へ1㎞の指導票が立っている。このピークで標高804m、さらに緩やかなアップダウンがブナの森を進んでいる。ミヤマカタバミの咲く階段を登って行くと、有りました今日一番の収穫、ミスミソウ発見‼(*^^)v

この辺りから残雪も現れます。3叉路の指導票に着くと山頂台地に到着です。40m先に三角点が埋評されていますが、今日は雪の原っぱになっています。そしてマンサクの花の下に2等三角点鷲峰山が埋標されていました。

山頂広場で少し遅いお昼。湖山池から鳥取市街地そして鳥取砂丘を眺めながら、昼食を美味しく戴きます。

休憩30分程で下りに向かいます。ブナの森を上から眺めたり、見上げたりしながら、快適に下れます。1時間ほどで阿蔵越えまで降りて、駐車地へはさらに30分で無事に帰着しました。

今日も自然に癒されることが出来、お山に感謝です。\(^o^)/
詳しいレポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/04/2019412.html

登山中の画像
登山画像
阿蔵森林公園管理棟をスタート
登山画像
管理道から登山道へ
登山画像
倒木を潜って進みます
登山画像
鷲峰山が見えて来た
登山画像
安蔵越えは中国自然歩道です
登山画像
山頂まで1.9㎞の指導標
登山画像
階段が続く
登山画像
山頂へ1.0㎞のしどう標
登山画像
山道分岐
登山画像
ミスミソウ
登山画像
残雪を歩く
登山画像
山頂手前40mの分岐指導標
登山画像
山頂台地の雪原
登山画像
2等三角点「鷲峰山」920.63m
登山画像
山頂展望舎
登山画像
鳥取市街が見える
登山画像
ブナの森説明板
登山画像
鷲峰山へお別れ
登山画像
無事駐車地へ下山
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!