登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
西丹沢自然教室→畦ヶ丸→大滝橋(2019春) 畦ヶ丸(関東)
img

記録したユーザー

カメノコウタロウ さん

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(09:00)・・・権現山分岐(09:40)・・・本棚(10:00)[休憩 10分]・・・善六のタワ(11:25)[休憩 10分]・・・畦ヶ丸(12:40)[休憩 15分]・・・大滝峠上(13:40)・・・一軒家避難小屋(14:15)[休憩 5分]・・・大滝橋(15:15)

総距離 約9.1km 累積標高差 上り:約989m
下り:約1,093m
コースタイム 標準:5時間35分
自己:5時間35分
コースタイム倍率 1.00
 今回は、GWの混雑を避けて春を楽しむため、西丹沢の畦ヶ丸に行ってきました。
 善六のタワから山頂のかけてはマメザクラがあちこちに咲いていて、また、山頂付近の下山路にはアセビが群生していて白いかわいらしい花を咲かせていました。この季節の畦ヶ丸には何度か足を運んでいますが、毎回、様子が違っていて大いに楽しませてくれます。これまでは、山頂付近ではシロヤシオなどのツツジに会うことが多かったですが、今回初めてマメザクラやアセビの群生があるのに気が付かされました。ツツジのほうは善六のタワ(900m程度)の手前で所々にミツバツツジが咲いていましたが、盛りを過ぎていました。それより上では芽が出始めたばかりでシロヤシオも含めこれからという様子でした。上りと下りに渓流沿いのコースがあり(途中に立派な滝もあります)、相変わらず新緑が眩いばかりでした。また、山頂付近のブナは新芽を出したばかりで、それも春の息吹を感じさせてくれました。
 昨日の雪で檜洞丸が白くなっていたのには少し驚きましたが、下山路からは大きく顔をのぞかせている富士山をこの季節に初めて見ることができました。天気は良かったですが、季節は少し春から冬に戻った感じでした。
 GWでも人が少なく(山頂で2組3人)、春を満喫して、温泉(中川温泉のぶなの湯)にも入って帰路につきました。

登山中の画像
  • 西丹沢自然教室から西沢に向かう吊橋。
  • 西沢の堰堤。このような堰提をいくつか越えていきます。
  • 西沢沿いの路。新緑が眩しいです。
  • 本棚。70mの豪快な滝です。この手前に下棚という滝もあります。本棚を過ぎてしばらくすると尾根に取り付いて急登が始まります。
  • 本棚付近の渓流。
  • スミレ。多くの場所で咲いていました。まだスミレの季節です。
  • ミツバツツジ。少し盛りを過ぎていました。
  • 善六のタワ。ミツバツツジもこのあたりまでで、ここから上では、ツツジはシロヤシオを含めてまだ芽が出始めたところです。
  • 前日の雪に覆われた檜洞丸。
  • 畦ヶ丸への上り。
  • 山頂付近のブナ。芽吹き始めたところです。
  • 山頂付近のマメザクラ。可憐に咲いていました。
  • 山頂付近のツツジ(シロヤシオ)の芽吹き。
  • 山頂付近のマメザクラ。
  • 畦ヶ丸山頂。到着したときは2組3人の方しかいませんでした。昨年の今頃よりは人が少なく、コース全体を通じて春を満喫することができました。
  • 山頂付近からの富士山。この季節に山頂付近で富士山を見るのは初めてです。季節は、春というより冬に近い感じです。
  • 山頂付近の下山路のアセビ。
  • 山頂付近の下山路。アセビの群生の中を下山していきます。
  • 山頂付近のブナの大木。
  • 下山路の広葉樹林。このコースは全体として広葉樹林が多いコースで新緑が眩しいです。
  • 途中から渓流沿いのコースになります。一軒家避難小屋を過ぎたあたりから、渓流を離れて広葉樹林に入り、最後にまた渓流沿いのコースになります。
  • 春が眩しいです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カメノコウタロウさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    カメノコウタロウさん、こんにちは

    畦ヶ丸にいらっしゃっていたのですね。私は同じ日に塔ノ岳から蛭ヶ岳を歩いておりましたが、この時期は畦ヶ丸の方が新緑をより楽しめそうですね。昨シーズンがツツジの当たり年だったので、今年は裏年かなと思っていたのですが、アカヤシオやミツバツツジの花つきを見ていると、今シーズンも悪くなさそうで、シロヤシオにも期待してしまいます。

    今年はここまで季節の進みが遅いようで、とても早かった昨年よりも、開花時期は後ずれしそうですが、楽しみなシーズンが近づいてきましたね。

  • カメノコウタロウ さん
    すてぱんさん、コメントありがとうございます。
    少し春が足踏みしているようで、昨年の今頃はシロヤシオが咲いていたのですが、もう少し先になりそうです。しかし、この時期の山も新緑だけでなく、いろいろな花も咲いていてなかなか素晴らしいと今回の山歩きで初めて知りました。GW中にもう一回くらい山歩きができればと考えているのですが、シロヤシオはまだ早いのでどこに行くのか思案しています。

  • やぎやぎ さん
    カメノコウタロウさん こんにちは
    やはり、春の新緑は、素敵ですね。緑に輝く山を見ているだけで…気持ちがいい〜
    檜洞丸へ行ってきました。シロヤシオは、先週の畦ヶ丸(1200m付近)の咲き出し方と同じような印象でしたが、昨年と比べたら…少ないですが、花芽をつけた木も見受けられたので…来週以降は、良い感じになってくるのではないでしょうか?
    不安定な天候が続きます。くれぐれも気をつけられて…楽しまれてくださいね。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カメノコウタロウ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...