登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
まさに残雪飯豊山の展望台《マイナー倉手山》 倉手山(東北)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2019年4月28日(日)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:自宅より月夜野まで国道17号で
    月夜野ICより関越道、北陸道、日本海東北道を経て胎内ICで高速を降りる
    今夜の宿「道の駅関川」へ
    「桂の関温泉・ゆーむ」に入浴し休憩室で夕食
    翌日登山口まで移動かと思ったが、冬季閉鎖中で梅花皮荘手前の橋駐車場まで、倉手山登山口まで約20分の舗装道路歩き

  • 天候


    [2019年04月28日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【車移動】4月27日
          自宅     13:50
  19:00 道の駅関川(温泉入浴と車中泊)
     入浴料金      500円
     自宅からの距離   278.6km
      〃   時間   5時間10分
【車移動】4月28日
        道の駅関川          5:10
  5:46 梅花皮荘分岐交差点駐車場 
【山歩き】  
       梅花皮荘分岐交差点駐車場    6:18 
  6:34  倉手山登山口
  8:00   倉手山           8:45       9:43  倉手山登山口
 10:15 梅花皮荘分岐交差点駐車場
【車移動】
       梅花皮荘分岐交差点駐車場   10:27
 10:30   梅花皮荘
        日帰り温泉と昼食      12:10
    入浴料金       500円
  登山口駐車場よりの距離  500m
     〃     時間  3分
  17:45    自宅

 西上州笠丸山から山形県の飯豊山山麓まで高速利用して移動、道の駅関川で車中泊と温泉入浴を予定して前橋を出発、順調に関越道から北陸道へ、ここでアクシデントが発生、燕三条から事故火災で通行止め表示が、渋滞場所まで3キロとなっていましたのでそのまま高速降り口迄並ぶこと1時間以上、通行止めは解除されたようなのでそのまま先に進み目的地の道の駅に19:00着。
車中泊の山歩き一泊二日・・・山は日帰り

【山歩き】
 翌朝登山口まで約一時間の車移動、でも、その手前通行止め、梅花皮荘と別れるところに駐車場(先行車の二台あります)、
 橋手前に車を置いて出発、約20分の林道歩きで登山口へ到着、
先行者がいると思ったけど踏み跡から見て今日はトップだったのですよ、

 登山口よりすぐにカタクリが現れましたが皆閉じたまま帰りを期待して結構な急登を登っていきます、ネット検索どおりですね、でも、途中群生とはいかないけど花が現れ結構楽しめられた急登です、右側を見ると本日目標の山が見えていますが主稜線に出ていないので、時間通りに着くのかな?登っていけば着くでしょうという気持ちに花達はさせてくれました、残雪が現れるとやっぱりトップだったなと実感、だってトレースが全くない最近の踏み跡すら見受けられない(昨日の降雪の影響か)夏道と残雪が入り乱れていますが、残雪は一気に直登(尾根を外さない事)夏道と適度に残雪と会話をしながら登っていきます、

 主稜線に着くと昨日は風吹だった模様を感じさせる幹に着いた雪が物語っていましたし、夏道の花も雪?氷をかぶっていました、残雪は怖い場所も(新雪10センチ位かな)クレパスは雪で隠れ、最後の急登は表層雪崩が起きてもおかしくないくらい急登で警戒しながら極力夏道狙いでアニマルトレースを追って山頂台地の雪原へ、

 山頂台地は誰も歩いていない雪原の先に見えるは飯豊山稜線・・・素晴らしい展望台です、ネットでの表現以上に感激です、だって、昭和の時代に目の前に見えている稜線をすべて歩き通したのだから、昔の記憶が甦り感無量の倉手山山頂、飯豊山展望は二王子岳よりスゴイ、これを投稿してくれた方に感謝です、また残雪時に投稿が集中していたのも納得、良い展望に酔いしれながら(アルコールは飲んでいません)コンデジでも一枚の写真では写せない飯豊山連峰を目の前に昔話が夫婦の会話でした、山家には最後まで残る重装備で登る飯豊山脈、衣食住をすべて背負っての山旅お金を出せばなんとかなる日本の背骨とは違います、「東北にもこんな良い山があるんだぞ」と叫びたいですね飯豊山は。

 飯豊山トレッキング倉手山は、短時間で登れるため皆さん出発は遅めで下山時はスライドが多かったですね(誰とも会わない貸し切りの山、マイナーな山と思っていました)、

 まとまりがなく(いつもですが)最高のゴールデンウイーク遠征山歩きやっと念願がかないました。
下山時駐車場であった夫婦の方の無事下山を祈りますテン泊で石転び沢を登る事を目指していました。
帰りの高速道では事故の無い事と起こさないことを肝に入れて無事の自宅へ生還。
後は、孫迎えるだけになりました(準備で夫婦喧嘩勃発)。

登山中の画像
  • 橋の上より 飯豊山雪解け水が流れる玉川と卵のような岩
  • これからこの景色を楽しみに登る事に 飯豊山の全容が見える山頂へ
  • まだ冬季通行止めの車道を歩いていきます
  • 登山口に着きました えっ こんな所から入るの
  • 雪で押し潰された木を越して行くと カタクリが現れます・・・帰りに期待します
  • イワウチワの花もフリルを一杯広げて咲いていました
  • 赤い椿も綺麗でしたよ
  • イワウチワを眺めながら急登尾根を登っていきます
  • 群生地は崖斜面により近づけませんので、 登山路に咲いている花を追います
  • チョット見頃は過ぎていますが 今年初の顔合わせでした
  • ショウジョバカマもあります 皆雪融けを待った顔を出して来ています
  • 展望の利くところからは見えていた雪山 これが倉手山です
  • 残雪歩きとなった来ましたら マンサクの花を見つけました
  • 雪の尾根斜面を登ります
  • 残雪の向こうには 青空のピークが(稜線だけでした)
  • 振り返って、足跡を残した斜面を見る
  • 溶け出した雪が残るマンサク
  • 雪の帽子をまだ付けたままのショウジョバカマ
  • アニマルトレースをを追う
  • 夏道と残雪の境目
  • 山頂台地に到着 雪原の向こうに飯豊山が 待っていた景色です
  • 綺麗な雪原台地を疲れも無く 登ってきます・・・ほとんど平らです
  • 三角点に到着
  • この台地にある足跡は俺達だけです
  • これが見たかった 飯豊山の展望台です
  • 梅花皮岳・石転び沢・梅花皮避難小屋・北股岳です 飯豊山のメーンですね
  • 一枚の写真には入り切らない でっかい飯豊山
  • ネットで知っていた景色より迫力ある飯豊山 メーンより右側は門内岳、地神山、頼母木山、大石山と続いています
  • 梅花皮岳、北股岳、門内岳へ続く 梶川尾根、丸森尾根
  • 倉手山山頂台地は真っ白
  • 雪原の高いところで休息しようとしたけど 風の来なかった三角点地点へ移動します 後は雲がかかっている朳差岳
  • 朳差岳をとらえますが 頭は雲の中
  • 北股岳のアップです
  • 同じような写真をいっぱい撮っていましたね
  • 昨日の降雪で 山頂下の木の枝が白い バックはもちろん飯豊山
  • この稜線が一番目の前にあり目を見張る稜線美です 北アとは違った東北の残雪稜線美
  • メーンより左側は 梅花皮岳の隣に烏帽子岳と御西岳
  • 御西岳、大日岳、本山と 本山に続くダイグラ尾根 見飽きることのない飯豊山稜線
  • 三角点より 倉手山雪原を見上げる
  • 三角点地点で休息
  • 倉手山山頂風景
  • モデル撮影会 まずなメーンの北股岳と梅花皮岳をバックに
  • 次には 本山とダイグラ尾根を入れて
  • そして下を覗きこむように 飛び上がる前(体を縮んで惰性を付けている)
  • 倉手山ジャンプ大会でしたが 写真は空を飛んだところがなかったです まだ雪の上です
  • 着地していました 妻はあきれ顔 もう一回と催促しましたが断られた
  • おいらも本山を入れて
  • 木が邪魔しないところへ移動して 飯豊本山とダイグラ尾根
  • 朳差岳はまだ雲の中
  • 帰りの高速運転が長いので下山します 最高の展望の噂は嘘ではなかった
  • 雪をかぶった イワウチワとカタクリ
  • 雪は解けだして来ています
  • やっと姿を見せた 朳差岳
  • 山頂下の残雪は このようにクラックが走っています 怖いです
  • タムシバと朳差岳
  • 雪庇稜線の所より 朝日連峰を見ます
  • 下山時のイワウチワ スライド待ち時間を利用
  • 登山口近くまで来て やっと開きかけのカタクリを見つけました
  • イナバウワーではないが 咲いていました
  • どうにかカタクリも見る事ができました 花の事は何もネットには載っていなかったけど花見もできました
  • 登山口には数グループ居ましたたけど カタクリを探しているうちにいなくなった登山口
  • 舗装林道途中で見つけた キクザキイチゲ
  • フキノトウをいただいている間に まだ小さいキクザキイチゲをまたも発見
  • ミズバショウも林道下の群生しています
  • 最後に ミズバショウ 遠くなかったら何回でも足を運ぶことになる山旅終了です
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、ライター、オーバーグローブ、アイゼン、ワカン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年8月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...