登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
倉手山(梅花皮荘から山頂往復/飯豊連峰の絶景)2019 倉手山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2019年5月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:梅花皮荘への橋の手前に十数台の駐車スペースがあります。この時期、飯豊山荘への舗装道路は、まだ通行止めになっています。

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

梅花皮荘(8:15)・・・倉手山登山口(8:38)・・・ヒメコマツの尾根(9:52)・・・倉手山山頂((10:32)【休憩1時間6分】・・・倉手山登山口(13:02)・・・梅花皮荘(13:29)

 飯豊連峰の絶景を見るのに、倉手山以上の場所はないと言われている。梶川尾根や丸森尾根を下るときに正面に見える小さな山塊が倉手山で、いつかここに登って飯豊連峰を正面から眺めたいと思っていた。
 ただし、倉手山に登るには時期を選ばなければならない。夏場は倉手山よりも飯豊本山や北股岳に登りたいし、冬場には標高952mの倉手山でも雪は深く、わたしには登るほどの技量はない。
 倉手山に登るのは晩春から初夏の残雪期しか選択肢はない。そんなことから、今年の10連休のうちの一日、5月4日に倉手山への山行を計画した。この日の東北地方はどこも快晴の予報で、おそらく山頂から胸の空くような展望が望めるはずである。

 先日、南陽・米沢間が開通したばかりの東北中央道を使い、小国へ向かった。この日は小玉川地区で、熊祭りが開催されるという。マタギの集落は、東北地方にも数少ないが、ここは未だにマタギの風習が大切に伝えられていると聞いた。倉手山の登った後は、熊祭りも見てみよう。二重の楽しみにワクワクしながら、8時前に梅花皮荘に着いた。駐車場は、熊祭りの準備のためか、すでに数十台の車が止めてある。登山者の車は、梅花皮橋の手前の小さな駐車スペースに止めるのがよいようで、こちらに愛車を移動した。
 天気は予報通り快晴である。飯豊連峰は真っ白だが、周囲の低山は新緑が美しい。深い緑に染まった小玉川の流れも清冽である。

 梅花皮荘からは舗装された車道を歩く。飯豊山荘に至るこの道は、まだ通行止めとなっている。道の片側には、数メートルの圧雪があるところや、谷の部分を覆う雪崩の後などがあって、車での通行はまだ安全とはいえない。
 車道を二十数分歩いて登山口に着く。登山道から川を渡った先に、広い駐車場があるが、車は一台も止まっていない。ここからも雪を冠った飯豊連峰がきれいに見える。

 登山道は、飯豊連峰の例に漏れず、急登から始まる。木の階段から木の根が露出した道に変わっても急な登りが続く。周囲にはカタクリやイワウチワが見えるが、もう見頃は過ぎている。アカヤシオやアズマシャクナゲは咲き始めである。右手の樹間から、対岸に飯豊の山々が顔を覗かせる。
 つづら折りに登って数十分もすると、右手に倉手山が大きくなってくる。緑がせり上がって山頂部近くまで届きそうだ。周囲にはタムシバの白が目立つようになる。

 残雪が出て、ブナの二次林を抜けると、見晴らしが広がる。振り返れば、小玉川地区を眼下に見下ろす。右手には樽石峠、その先には朝日連峰が白く輝いている。ここは飯豊と朝日の両方を見ることができる山なのである。
 残雪を踏み、尾根に乗り上げる。ここからは痩せた尾根を鞍部に下っていく。尾根道にはヒメコマツが目立つようになる。右手には朳差岳が大きく見える。尾根のアズマシャクナゲはまだ蕾だが、タムシバが満開である。青空に残雪の白とタムシバの白が映える。左は切り立った崖で、谷を見下ろす。新緑は、今盛りである。

 鞍部まで下って登り返すと、大量の残雪が現れる。この急斜面が一番の難所だろう。アイゼンを付けようかどうか迷ったが、踏跡がしっかりついているので、付けずに登った。ゆっくり、慎重に高度を稼ぐと、右手に夏道が現れたので、そちらに移った。夏道にはイワウチワが満開だった。

 10時30分少し前に、広い山頂に着く。ブナの木が散在する広場は深い雪に覆われていた。なだらかな斜面をゆっくりと登ると、目の前に飯豊連峰の巨大な山塊が姿を現した。この迫力は、この場に立った人間でなければ分からないだろう。左から飯豊本山、烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳、地神山、地神北峰、朳差岳と続く延々たる稜線に圧倒され、しばらくの間、黙って見惚れた。
 山頂には十数人の登山者が休んでいる。圧倒的な景色を前に、誰もが清々しく微笑んでいる。山はいい。そう思わせる景色がここにはあった。正面には飯豊連峰、反対側には遠く朝日連峰が見える。広場はとても広いだけでなく、残雪期のため小学校の校庭ほどの雪の原を自由に闊歩できる。

 山頂では1時間と少し休み、飯豊の山並みを見ながらおにぎりを頬張り、コーヒーを飲んで、青空とブナの木を見、山座同定を楽しみ、新潟から来た女性二人と話をし、山のありとあらゆる楽しみを満喫して下山した。
 下山時も空は青く澄み渡り、白い山々と青空、新緑、イワウチワの葉の深緑にピンクのフリルの花びら、タムシバの白など、鮮やかで清々しい色彩を楽しみながら、13時2分、登山口に降り立った。

 倉手山は、やはり飯豊の山である。急登から始まり、残雪とブナ、ヒメコマツのやせ尾根歩き、山頂直下の急登、山頂からの360度の眺め、花と緑など、短い行程ながら、飯豊の魅力を凝縮した山旅だった。
 なお、楽しみにしていた熊祭りは、残念なことに、下山した時にはすでに終わっていた。小玉川地区に、数百人の人手があったらしく、パトカーも二台、駐在していた。主催者は皆、後片付けに忙しいようである。祭祀に使われた熊の毛皮が5枚残っていたので、取り外す前に写真に収めた。

登山中の画像
登山画像
長井市付近から見た飯豊連峰
登山画像
玉川の清流と飯豊連峰
登山画像
梅花皮橋から飯豊を見る
登山画像
梅花皮荘の赤い橋
登山画像
対岸に川入荘(入浴のみ)
登山画像
圧雪
登山画像
倉手山登山口
登山画像
階段状の急登
登山画像
朳差岳方面
登山画像
残雪を行く小学生と祖父母
登山画像
倉手山が見えてきた
登山画像
マンサク
登山画像
玉川の清流を見下ろす
登山画像
朝日連峰を遠望する
登山画像
尾根に向かう途中の残雪
登山画像
ヒメコマツの尾根道
登山画像
新緑
登山画像
ヒメコマツのやせ尾根
登山画像
鞍部に登山者が見える
登山画像
残雪の難所
登山画像
つぼ足で登る
登山画像
タムシバ
登山画像
山頂手前
登山画像
熊棚か、宿り木か
登山画像
絶景
登山画像
地神山から地神北峰
登山画像
梶川尾根の奥に北股岳と梅花皮岳
登山画像
左奥に飯豊本山
登山画像
ブナの向こうに朝日連峰
登山画像
梶川尾根と丸森尾根
登山画像
北股岳・梅花皮岳のアップ
登山画像
向こうに飯豊本山
登山画像
梅花皮小屋が見える
登山画像
地神山から朳差岳へ続く稜線
登山画像
山頂直下はイワウチワが満開
登山画像
イワウチワ
登山画像
イワウチワ
登山画像
タムシバ
登山画像
朳差岳
登山画像
新緑の倉手山
登山画像
登山口に咲くカタクリ
登山画像
駐車場の向こうに飯豊連峰
登山画像
雪崩の跡
登山画像
雪の壁
登山画像
梅花皮荘対岸の山
登山画像
小国町の除雪車
登山画像
熊祭り
登山画像
梅花皮荘前の桜
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする
  • スーさん さん
    ブナ太郎さん こんばんは。
    俺達が登った時にはトレースなしでしたが、
    現在はまだトレースが残っていいたのですね、天気が良かったのですねこの間は、
    山頂の一角の雪がない所での休息写真が、目に付きました、
    残雪期以外での花は飯豊山同様に綺麗なのでしょうか、何せ初めて登った倉手山、今の時期以外の時期に興味を抱いておりて来ました次第です。

  • ブナ太郎 さん
    スーさん、こんばんは。
    コメントをありがとうございました。スーさんの記録は事前に読ませていただき、雪の状態を参考に今回の山行を計画いたしました。「参考になった」の一票は私です。ありがとうございました。
    今回は二週間後の山行でしたが、もうアイゼンは必要ないほど雪どけが進んでいました。山頂からの絶景は、相変わらず素晴らしく、これからはこの構図に新緑が加わってくるのでしょうね。
    花も素晴らしく、カタクリ、イワウチワ、タムシバの後は、アズマシャクナゲが主役になりそうです。
    わたしは今年、対岸の山々から倉手山を見る予定です。飯豊には、イイデリンドウなど、固有の花もあって、これを楽しんでいます。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...