登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
南奥駈道(結願の地から熊野本宮) 大森山・五大尊岳・大黒天神岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2019年5月4日(土)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:十津川村から予約制のバスで玉置神社まで直行、玉置神社社殿鳥居下の奥駈道道標に従う。ここが登山口。

  • 天候

    晴れ
    [2019年05月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

玉置神社駐車場(9:30)・・・玉置神社(10:00)・・・大森山山頂(11:20)・・・五大尊岳(12:30)・・・大黒天神岳(15:00)・・・吹越峠(16:10)・・・展望台(16:20)・・・七越峯(17:30)・・・熊野本宮(18:30)


総距離 約19.3km 累積標高差 上り:約1,474m
下り:約2,405m
結願の地である玉置神社から熊野本宮大社を目指す南奥駈道に行ってきました。
この道は奥駈道の中でも一二を争うほどアップダウンが激しいです。
同じようなルートで距離もほとんど同じの果無越と比べてもこっちのほうがきつかったです。
私は2年ほど前に果無越からそのまま中辺路に入って熊野本宮まで行きましたがこちらのほうが余裕でした。
また公共交通機関は無く、予約制のバスが土日祝だけ運行されていますが玉置神社に9時30分くらいにつくものしかないので早く行きたい方はタクシーを利用するのが一番いいのでしょうが今度は結構な金額が必要なのと早くからタクシーを予約しないとタクシー会社も規模が小さいのでタクシーがない場合があります。
この道ははっきり言って健脚向きなので一日で踏破するのなら時間的な余裕が無いと厳しいです。
途中で知り合った方はテント泊されるとのことでした。
なので計画をしっかり立ててチャレンジしてください。
それではコース案内です。
冒頭でも書きましたが我々はタクシーの予約が出来なかったので当日の玉置神社行きの特別バスを予約しました。
これは十津川村のホームページに連絡先が記載されているので参照して下さい。
前泊でいつもの定宿であるやまとやさんに宿泊して朝ゆっくりと出かけます。
バスターミナルでバスを待っていて来たバスを見るとスクールバスだったのでてっきり違うなと思っていたらこのバスがそうだったのでびっくりします。
ただ、なぜマイクロバスで予約制なのか直ぐにわかります。
玉置神社への道がとても細くて普通のバスではおそらく行くのが困難なためと思われます。
ノンストップで行ってくださるのですが何ぶん険しい山道ですので小一時間は見ておく必要があります。
玉置神社の駐車場についたのが9時20分くらいなのですがここから玉置神社までは約10分ほどかかります。
なのでどんなに頑張っても古道入口へは9時半くらいになることを覚えておいてください。
我々はのんびり歩いて玉置神社に参拝し、せっかく令和になったのでもう一度御朱印をいただきます。
お守りもいただき用意を整えたらいよいよ出発です。
玉置神社の鳥居下右へ参道を少し戻ったら道標があるので参道の左側の小道に入ります。
ここからは道なりなのでそのまま下って行きます。
途中に犬吠檜神社がありますので参拝します。
犬吠檜神社を辞したらさらにどんどん下ります。
基本玉置神社から玉置辻までは下りとなり約800mの高度まで下る事になります。
玉置辻からは大森山まで上っていく事になるのですでにアップダウンの洗礼を浴びることになります。
舗装路を横切る形で大森山へと向かいます。
しばらく進むと林道に出ますがここはよく見ると道標があり、林道右横の小さな道を示唆しているのでそちらへ進みます。
ただこの道はすぐに林道に戻りますので林道を進んでもいいですが次の分岐は絶対に右側に進んでください。
結構似たような道標と分岐なのでついついまた林道と交わるように感じますが2回目は交わりませんので道標に従い進みましょう。
ここから徐々に道が急になって行きます。
左手に台風の影響で崩落したような斜面が見えて来たくらいから完全に急登になりますので気をつけてください。
しばらく進むと旧篠尾辻の道標があり、ここからは左手に篠尾の集落や熊野の山々を眺めることが出来るので一息入れてもいいと思いますが休憩するのなら山道を避けましょう。
ここからも急登の連続となり一旦、大森山と甲森との分岐である稜線に出るのですがそこからもう少し急登を登る事になるので気は抜かないようにしましょう。
急登を登りきるとようやく大森山山頂に到着します。
休憩出来るほど広いのですがこの日は虫が多くて少しだけ作戦会議をしてすぐに出ます。
ここから道沿いにある南峰の三角点を踏みます。
ここからこのルート最大の特徴であるアップダウンが待ち受けています。
足を痛めるのでゆっくり取り組んでください。
まずは篠尾辻まで200mほど下ってそこからは木の根道の急登を登りまた登った分だけ降りて崖のような木の根道を登りきるとようやく五大尊岳に到着します。
五大尊岳は峠の頂点という感じで休憩出来るほどの幅はありませんが不動明王様が祀られており山岳信仰の山という感じがするとても素敵な山です。
お不動様にこれからの山行の無事を祈願して先へ進みます。
ここからも急な下り坂となりすぐに登り返すという登山者泣かせの道が続きます。
南峰は結構広いのでここで昼食をとり休憩します。
ここから右へ進むと激下りとなるのでここが一番注意が必要です。
しばらくロープが張られた急な下りを下っていくと小さな鞍部となりすぐに登り返す事になりますので足を痛めないよう注意してください。
そこからしばらく進むと金剛多和ノ宿跡に着きます。
ここには役行者が祀られた祠がありますが朝何回か抜きつ抜かれつしていた登山者の方がここでテント泊されるようでした。
我々が昼食を取っていると追いつかれて「今日はどこまで行かれるんですか?」と聞かれたので熊野本宮大社までと答えるとビックリされていましたが理由も分かります。
本当ならこんな時間に五大尊岳の南峰なんかでのんびり昼食している場合ではないのでしょうが出発が遅かったので仕方がなかったのです。
何か言いたそうにされていましたが(おそらく無謀と)ただ、我々の足の運びから大丈夫かと思い返されたのか?そのまま行かれました。(ご心配をおかけしましたが無事に下山しております。)
この道で都合5組ほど登山者を見かけましたが我々以外は全てテントを担いでおられました。
まあ、1日で行ける距離ですがやはり朝早くに行動するべきだと思います。
金剛多和から次の山である大黒天神岳へ上っていきます。
ここの上りは急ではありませんが今までの急登と急下りで足にきている方は要注意です。
大黒天神岳は二等三角点がありますが景色は全くないので写真を撮ったらすぐに出かけます。
大黒天神岳からしばらく進むと鉄塔下に出ますがここは絶景ポイントです。
時間が早ければ休憩しても良いですが時間が押してきている我々は写真を撮ったら先へ進みます。
鉄塔から少し進んだ先に宝篋印塔があり、裏手から出てくる事になります。
ここも写真に収めたら林道を横断して上がって行きます。
ちなみにこの林道と交わる点が山在峠となります。
ここからまた上りとなりしばらく進むと吹越山山頂となりますが景色は望めませんので通過します。
吹越山山頂から吹越峠までが細かくアップダウンを繰り返すので足腰に負担がかかる場所です。
吹越峠を越えたらすぐに展望台に到着します。
ここが来たかった最大の場所でここから眼下に大斎原が見える本日最高の絶景ポイントです。
中辺路からは鳥居を左手にしか見ることができませんがここからは鳥居が右手に見えるのでこれで大斎原は両方から見た事になります。
しばらく景色を堪能したらいよいよクライマックスに向けて下山して行きます。
次に目指すのは七越峯なのですがここにはすぐに辿り着けますが道標の意味がわからないくらい面倒くさい道です。
まずは展望台へと誘うのですがはっきり言ってここにいく必要は全くありません。
ここはループしているので上がらず林道を進むと右へ下る道がありますがここに道標を設けていないから道がややこしくなるのです。
最短ルートは1、林道を進む。2、途中にある右へ下がる道を進む。3、分岐を右へ進む。以上です。
ところが道標通りに進むと急な階段を上って西行法師の歌碑を見て急な階段を下り道標に従って来た道をひたすら戻るだけとなります。
結局、ここで色々と道を模索したので時間がかかりその後正規ルートを見つけましたがもう薄暗くなってしまったので仕方なく車道をひたすら下って備崎橋を渡った我々は車道を歩き続けて熊野本宮大社まで辿り着きました。

登山中の画像
登山画像
十津川のバスターミナルからバスに乗って玉置神…
登山画像
とてもいい景色です。
登山画像
このスクールバスが完全予約制のバスに変わりま…
登山画像
玉置神社入口の鳥居です。
登山画像
まずは玉置神社に向かいます。
登山画像
山の神様が祀られているのでご挨拶します。
登山画像
鳥居が見えてきました。
登山画像
参道を歩きます。
登山画像
神代杉が見えてきました。
登山画像
玉置神社につきました。
登山画像
シャクナゲが綺麗です。
登山画像
玉置神社はシャクナゲが有名です。
登山画像
ここが奥駈道への入口になります。
登山画像
参拝道の左横を下って行きます。
登山画像
前半戦はひたすら下ります。
登山画像
犬吠檜神社です。
登山画像
この樹木が御神体です。
登山画像
こちらも御神体と思われます。
登山画像
玉置神社にはこの一の鳥居から上がって行きます…
登山画像
いいお天気なので景色も綺麗です。
登山画像
この道標に従い右の細い道へ進みます。
登山画像
ここから一旦林道に戻ります。
登山画像
一旦林道に戻りますが直ぐに道標があるので安心…
登山画像
この道標に従い、右の細い道に入りましょう。
登山画像
普通に考えると左の大きな道ですが古道はこのよ…
登山画像
大森山まで2kmになっていますがその分急登に…
登山画像
このあたりから少しずつ急になっていきます。
登山画像
古道らしい道です。
登山画像
古道は基本山々を越えていくので急登は当たり前…
登山画像
篠尾の辻です。
登山画像
大森山も結構な急登です。
登山画像
眺めがいいです。
登山画像
最後の急登です。
登山画像
大森山山頂につきました。
登山画像
大森山山頂ですが北峰になり、三角点はありませ…
登山画像
大森山からは少しなだらかになります。
登山画像
名前は違いますが一応大森山の南峰となり、三角…
登山画像
嵐の前の静けさのような穏やかな道です。
登山画像
シャクナゲがきれいに咲いています。
登山画像
この道標もこのあたりで最後です。
登山画像
切畑辻です。
登山画像
五大尊岳への道もかなりの急登です。
登山画像
最早崖のような登りです、さすが修行の道。
登山画像
五大尊岳です、休憩できるような場所はありませ…
登山画像
急な下りが待ち受けています、足元注意です。
登山画像
このあたりはこの木製の道標しかないので見落と…
登山画像
金剛多和には役行者さまが祀られているのでご挨…
登山画像
金剛多和です。
登山画像
水場は右へ進みます。
登山画像
ここから上ります。
登山画像
大黒天神岳です、ここには二等三角点があります。
登山画像
ツツジが癒してくれます。
登山画像
このあたりは景色がいいです。
登山画像
熊野川を眺めながら進みます。
登山画像
宝篋印塔に出ました。
登山画像
まずは吹越山経由での吹越峠へ向かいます。
登山画像
ここから上がって行きます。
登山画像
まだまだアップダウンは続きます。
登山画像
熊野川が眼下に広がります。
登山画像
吹越峠です。
登山画像
あと少しで展望台です。
登山画像
展望台につきました。
登山画像
大斎原を眼下に見下ろせる絶景ポイントです。
登山画像
この道標に従うと林道に出ます。
登山画像
このまま林道を下ったほうが楽に行けます。
登山画像
道標に従ったのに・・・無駄な道に誘われます。
登山画像
これ結局回り道になるので車道をひたすら降りた…
登山画像
この道標を見つけるまでが長かった~
登山画像
やっとこさ正規ルートにたどり着きました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...