登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳(焼山登山口~大倉) 蛭ヶ岳・丹沢山(関東)
img

記録したユーザー

kenken2 さん

この登山記録の行程

【1日目】
焼山登山口(08:05)・・・焼山(10:20)[休憩 10分]・・・平丸分岐(11:00)・・・大平分岐(11:35)・・・黍殻山避難小屋(11:45)[休憩 45分]・・・八丁坂ノ頭(13:00)[休憩 10分]・・・姫次(13:20)[休憩 10分]・・・地蔵平(13:55)[休憩 15分]・・・蛭ヶ岳(15:30)

【2日目】
蛭ヶ岳(06:00)・・・棚沢ノ頭(06:45)[休憩 10分]・・・丹沢山(07:45)[休憩 10分]・・・塔ノ岳(09:00)[休憩 40分]・・・金冷シ(09:55)・・・花立山荘(10:05)・・・茅場平(10:40)[休憩 40分]・・・小草平(11:25)・・・駒止茶屋(11:55)・・・雑事場ノ平(12:25)・・・観音茶屋(12:35)・・・大倉(13:50)

総距離 約23.1km 累積標高差 上り:約2,372m
下り:約2,377m
コースタイム 標準:11時間40分
自己:12時間5分
コースタイム倍率 1.04
焼山登山口から丹沢主脈を登り蛭ヶ岳で一泊、翌日は丹沢山・塔ノ岳から大倉へ下山しました。

JR橋本駅北口①乗り場から神奈中バスで終点三ヶ木で乗り換え、③月夜野行きバスで焼山登山口で下車し8時過ぎに登り始める。

道志みちのバス通りから直ぐ左に入り500mほど林道を歩くと右に焼山への登山口がある。
途中なだらかな石畳の道を登りながら高度を上げ1時間で大きな岩がある649m地点で小休止。
さらに1時間登り山頂への分岐から登ると直ぐに焼山山頂に出た。山頂には東海自然歩道の案内図とロープが張られた展望塔らしき物があるが眺望はない。ロープが張ってあるので展望塔はあきらめ小休止する。そこから先は焼山までほどの急登では無くなり黍殻山への分岐から根の張った道をしばらく行くと黍殻山の山頂に到着、ここも眺望は無く雨量を計測する施設が有るのみ。すこし判りづらい道を下って行くとやがて案内に従って左に大きく開けた広場のある黍殻避難小屋に到着。小屋も綺麗でトイレも有り昼食休憩には最適の場所で、ゆっくり昼食休憩をする。体力を回復後再びなだらかな道を行くとやがて姫次の分岐に出て東海自然歩道と別れを告げる、やがて木々の間から蛭ヶ岳が見えてくる。地蔵平まで小さなアップダウンを繰り返し30分程で地蔵平に到着、これから先の登りに備えてたっぷり休憩と水分補給をする。地蔵平から木の階段を登り続けると眺望が開け檜洞丸などの山々が見えて来る。階段の途中で休み休みなんとか蛭ヶ岳山頂に到着。東側は晴れて宮ヶ瀬湖から相模原方面の町並みが見えていたが、南から西側にかけては雲がかかり富士山も山頂だけが雲の上から顔を覗かせていた。明日の晴れを期待しながら夕日を眺めカレーライスの夕飯を食べて早々に眠りについた。

2日目の朝、4時前から起き始める人に連られて窓を覗くと富士山が綺麗に見えている。防寒着を着て外に出て富士山の写真を撮る。東側は雲に覆われ昨日見えていた町並みは見えないが雲の間から朝日が登り始め空が赤く染まって来る。朝食は5時から食べられると言うので日の出まで富士山を堪能して朝食を済ませ出発の準備をし、予定より早く6時に出発する。出発前にもう一度富士山を見ようと山頂に出てみるともう富士山は見えなくなっていた。蛭ヶ岳から一旦下って登り返すが丹沢山は見えない。棚沢ノ頭、不動ノ峰と進むと次第に天気が悪くなり雨が降り始める。丹沢山からの眺望も無くすぐに塔ノ岳に向かう。その後も小雨が降り続いたが雨具を着るほどではなく塔ノ岳に着く頃には上がっていた。塔ノ岳山頂からは富士山はもちろん何も見えず。ここからは下るだけなので尊仏山荘でコーヒーを飲んでゆくりする。30~40分程休んでから下り始める。10時近くになると大倉から登って来る人が多くなり道を譲りながらゆっくり降りる。11時近くになり堀山の家周辺のベンチでお湯を沸かしてカップラーメンを食べる。その後も多くの登山者とすれ違いながらのんびりと下って13時前に大倉まで下山する。まだ時間が早いのかバスも空いている。渋沢の駅に着いて入浴施設まで歩いて行くつもり出いたが、相方が「まだ、歩くのー?」と言うのでタクシーに乗り初乗り運賃で湯花楽まで行き汗を流してさっぱりとして再び駅前まで戻り居酒屋でお疲れさまの反省会と次回の山行の計画を話をして電車に乗り込んだ。

トイレは三ヶ木バス停、焼山登山口バス停、黍殻山避難小屋など。
水場は涸れていて途中で補給出来ず。蛭ヶ岳山荘では2L 1200円。







登山中の画像
登山画像
焼山登山口BSで下車し
登山画像
神社の裏側の
登山画像
トイレを借りて出発
登山画像
10分程で登山口
登山画像
山道に入り
登山画像
石畳を歩き
登山画像
新緑の中を行くと
登山画像
焼山山頂
登山画像
東海自然歩道の案内図と
登山画像
展望塔
登山画像
黍殻山山頂には
登山画像
雨量計測施設
登山画像
黍殻避難小屋は
登山画像
トイレも有り
登山画像
屋内も綺麗
登山画像
東海自然歩道最高標高地点
登山画像
姫次を過ぎると前方に蛭ヶ岳が見えてくる
登山画像
階段を登って行くと
登山画像
檜洞丸
登山画像
さらに階段を登ると
登山画像
豆桜
登山画像
蛭ヶ岳に到着
登山画像
蛭ヶ岳山荘
登山画像
東には宮ヶ瀬湖
登山画像
富士山は山頂だけ
登山画像
2日目は朝焼けと
登山画像
富士山
登山画像
アップで
登山画像
行く手は雲の中
登山画像
蛭ヶ岳を振り返る
登山画像
丹沢山は雨
登山画像
塔ノ岳も何も見えず
登山画像
長~い階段を大倉まで下りて来ました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、ストーブ、ライター、カップ、カトラリー・武器
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kenken2さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kenken2 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ