登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
西丹沢の盟主「檜洞丸」から山梨百名山「大室山」 檜洞丸、大室山(関東)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年6月18日(火)

  • 利用した登山口

    西丹沢自然教室  

  • 登山口へのアクセス


    その他:新松田駅まで小田急線で移動、
    新松田駅7:15発バスで西丹沢ビジターセンターへ向かう。
    8:26到着予定だったが、10分ほど遅れで到着。
    そこから入山!
    帰りは16:25分西丹沢ビジターセンター発のバスで中川へ向かい下車。
    駆け足で温泉に入ってから、17:18中川発のバスで新松田駅まで戻り、小田急線で戻った。

  • 天候

    晴れのち曇り
    [2019年06月18日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西丹沢自然教室(08:40)・・・ゴーラ沢出合(09:18)・・・展望園地(09:51)・・・石棚山稜分岐(10:34)・・・檜洞丸(10:47)[休憩 12分]・・・矢駄尾根分岐(11:22)・・・犬越路(12:22)[休憩 15分]・・・西の肩(14:00)・・・大室山(14:04)[休憩 4分]・・・西の肩(14:12)[休憩 13分]・・・犬越路(15:04)・・・用木沢出合(15:46)・・・ツツジ新道入口(16:02)・・・西丹沢自然教室(16:10)

総距離 約17.4km 累積標高差 上り:約2,127m
下り:約2,127m
コースタイム 標準:10時間40分
自己:6時間46分
コースタイム倍率 0.63
天候にも恵まれ、西丹沢の濃い緑に覆われた深い自然の山々、遠く相模湾や駿河湾まで見える抜群の眺望を眺めながら、素晴らしい山行を楽しむ事が出来た。

西丹沢ビジターセンターには予定より少し遅れて到着。
入山届けを提出して足早に準備を済ませて出発!
センターの職員の方に「ヒル」の事を尋ねると、「西丹沢はいないので大丈夫です」との言葉。
一応忌避剤は持参していたが、昨年東丹沢でヒルに襲われた事でかなり恐れていたので、一安心!

出発してすぐのウェルキャンプ西丹沢の敷地内を通過して沢沿いの道を進む。
何度か沢を渡渉しつつ気持ちの良い河原を歩くと山道につながり、本格登山の開始!
ツツジ新道と合流ののち、緑に包まれた緩やかな道をしばらく歩くとゴーラ沢出合に到着。
沢を渡渉してすぐにある階段を登り先へ進むのだが、付近には迷いやすく要注意の表記があった。過去に遭難が起きているらしい。(^^;)
その先は樹林帯の中をひたすら登り続けるストイックな道!足場も岩がゴロゴロしていたり、なかなか険しい登山道を黙々と進むと、石棚山稜との分岐近くから徐々に周囲の見晴が良くなり、どんどんテンションが上がっていった。
道が木道に変わり、美しい緑と青空のコントラストを楽しみながら10分少々進み、無事に檜洞丸の山頂に到着!
少し広めな広場のような山頂スペースにはベンチも多数あり、休憩するにはとても気持ちの良い場所だが、周囲には木々があるので、景色はその木々の合間からとういう感じ…

しかし、その山頂から犬越路へ向かって歩き出すとすぐに、抜群の眺望広がる大パノラマが出迎えてくれる!
丹沢の西側の深い緑に包まれた圧巻の山並み…
これから進む尾根を一望できる素晴らしい眺めを楽しみながら、細めの登山道を歩く。
残念ながら富士山は見えなかったが、それでも気分は最高だった。

犬越路までの道のりは思ったより長い。
美しい木々の中を進む道、眺めの良い場所、鎖や岩場の険しいアップダウン…
様々に様相を変える登山道は歩き応え十分。
しばらく進んで、木々の合間に犬越路の避難小屋を見つけて、ホッとひと息。
けっこう体力の消耗が激しかったので、少し長めに休憩してから、進むか下山が少し迷ったが、せっかくここまで来たので大室山にも登ることにした。

犬越路から少しの間は急坂が続き、大杉丸まではストイックな道…
その後は傾斜も少しゆるくなり、緑に包まれた気持ちの良い登山道が長く続く。
所々に現れる展望地からの眺めも素晴らしく、西丹沢の深い自然を堪能するなら大室山登山はとても良いと思うのだが、いかんせんここまでで消耗した体力と長く続く山頂までの道のりに、息も絶え絶えになり…^^;
やっとの思いで西の肩分岐に到着!
そこから樹林帯に覆われたゆるい傾斜の道を少し進んで、無事に山梨百名山の大室山山頂に到着!
木々に覆われて眺望のない静かな山頂なのだが、ここまで来た事で満足感がこみ上げてきて、感慨深かった。
写真を撮ってから西の肩に戻り休憩。

その後再び犬越路まで戻り、用木沢出合経由で西丹沢ビジターセンターに戻る。
用木沢出合周辺の沢沿いの道もマイナスイオンあふれる、とても気持ちの良い登山道!
西丹沢は表丹沢に比べて人も少なく、少々アクセスは遠めなのだが、それでも訪れる価値のあるエリアだと、再び訪れて再確認した。
今度来る時は畦ヶ丸にも登ってみたい。

下山後は中川温泉の「ブナの湯」に立ち寄り、温泉を楽しんだ。
あまりゆっくりできる時間はなかったのだが、それでも疲れが癒される感じがして、武田信玄の隠し湯との呼び名も伊達ではないな~と思いながら、一日の山行の締めを堪能した。

ブナの湯さん、平日は入館受付が17時までで、18時閉館だそうです。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...