登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
伊奈川ダム上登山口~空木岳~越百山周回 空木岳~南駒ヶ岳~越百山(中央アルプス)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年6月21日(金)~2019年6月22日(土)

  • 利用した登山口

    伊奈川ダム上登山口  

  • パーティ

    2人 (いずみやま さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大桑道の駅で前泊 翌朝伊奈川ダム手前のもみじ荘跡付近の路側に駐車
    水害で伊奈川ダム上駐車場へは進入出来ず、旧もみじ荘跡から2㎞程歩かねばなりません。

  • 天候

    ☁後小☂ 10℃
    [2019年06月21日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
伊奈川ダム上登山口(05:00)・・・ウサギ平(07:28)[休憩 12分]・・・六合目(08:57)[休憩 12分]・・・八合目(11:26)[休憩 16分]・・・木曽殿山荘(13:50)[休憩 45分]・・・空木岳(16:30)

【2日目】
空木岳(05:20)・・・摺鉢窪分岐(07:06)[休憩 5分]・・・南駒ヶ岳(07:43)[休憩 7分]・・・仙涯嶺(09:45)[休憩 10分]・・・越百山(11:21)[休憩 37分]・・・越百小屋(12:50)[休憩 5分]・・・七合目(13:34)[休憩 10分]・・・五合目(15:08)[休憩 10分]・・・福栃橋(15:52)[休憩 2分]・・・伊奈川ダム上登山口(16:46)

総距離 約25.3km 累積標高差 上り:約3,168m
下り:約3,168m
コースタイム 標準:16時間30分
自己:20時間5分
コースタイム倍率 1.22
1日目 約16.6㎞↑2,166m↓316m 11:46 約27,600歩
2日目 約16.6km ↑839m↓2,576m 11:30 約27,000歩

中央アルプス南部5座を縦走周回する予定。
自宅を夕方出発、中央高速中津川ICから木曽谷を遡り大桑道の駅で前泊。翌朝4時に登山口目指して伊奈川沿いを遡り、もみじ荘跡の路側に駐車します。

すでに、先行車が1台駐車してある。我々も支度し、入山届を提出して早速出発。
まず、閉鎖ゲートを通過、伊奈川ダム堰堤に上りダム湖の奥に向かいます。昨年の水害の跡を横に見ながら1.6㎞程で伊奈川ダム上登山口の駐車場に着きます。

本来なら、ここが元々登山ポストが設置されている伊奈川ダム上登山口なのだ。車も50台は止められる。

2・3分で今朝沢橋の分岐へ着きます。標高1100m、2合目の指導標があります。林道はここで空木岳登山口になる、金沢土場方面へ登る伊奈川林道と、南駒・越百山登山口になる福栃橋へ登る今朝沢林道へ分かれます。

今回第一目標は空木岳登山。なので伊奈川林道へ進入。金沢土場を経て、うさぎ平登山口(1,450m)まで8㎞の林道を歩きます。金沢土場へ7時5分到着。

更に林道を登って行き、金沢橋を渡るとうさぎ平はすぐそこでした。7時40分着、すでに予定より大幅に遅れています。


ここから山道になり、笹の下草の間を登って行きます。30分ほど歩くと何やら古い指導票らしい錆びた看板がかかる枯株がありました。ユキザサや草イチゴ、セリバオウレンの花後など癒されながら九十九をうちながら登ります。

うさぎ平から尾根のトラバース気味に1時間20分、6合目の北沢(1,610m)へ着いた。つり橋を渡るのですが、大雨で壊れています。自己責任で利用させてもらいますが、向こう岸は崩壊して足場が悪い。慎重に渡渉した。

ここから傾斜は増し、急斜面の森林帯を登るようになる。この登りはイワカガミとマイヅルソウなど観察し10時過ぎ7合目到着。

そして8合到達は11時半、ここでお昼\(^o^)/。5時間の登り、今日はこれから本番です。
見晴場()で稜線が見えてきました。この辺りはバイカオウレンが咲いている。
13時半義仲の力水で水補給、山頂へ持ち上げる4.5ℓを確保。ミネザクラやハリブキの芽など見て、タケシマランとハクサンハタザオが咲く木曽殿山荘(2,490m)へ到着した。

小1時間程で雨雲は薄くなってきたので14時半再出発。
岩場に変わった稜線の急登はイワウメ、ハクサンイチゲ、イワヒゲ、コイワカガミ、など高山植物があちこちに見られる。15時半過ぎ第1ピーク(2,782m)に着いた。

岩場の登りを鎖や、鉄鋲の足場に助けられ、何度も山頂ピークと騙されながら進み、16時20分やっと本物の空木岳山頂へ到達した。\(^o^)/・・・

17時駒峯ヒュッテに下り、避難土間の今夜の宿に、荷を下ろした。12時間の登り、(^▽^;)しんどい登りでした。後半はガスと風と雨で忍耐の登山でした。

2日目
早朝4時空木駒峰ヒュッテ(2,800m)で目覚めた。
気になる天気は?、雨は上がって陽射しがある。よーっし先に進もう( `―´)ノ・・・
5時20分予定を少し遅れて2日目出発だ。まず、空木岳に登り返す。空木平カールや木曽駒へ延びる稜線が見える。

今日はここから4つ先の越百山まで縦走予定。赤椰岳の向こうに南駒ケ岳が見える。なかなか遠いな~・・ その向こう側の南駒から仙厓嶺までが今日の核心部だ。

5時半過ぎに縦走スタート。まずは、赤椰岳を目指す。
赤椰岳は空木岳と南駒ケ岳の間にあって、若干南駒に近い場所に聳えている。稜線登山道は下り基調に伸びて、ピーク付近で再び2,798mの山頂へ登っている。途中は、キバナシャクナゲ、ハクサンイチゲ、コメバツガザクラ、ミネズオウ、ミヤマキンバイ等高山植物が見られる。やがて東側の田切岳(2,730m)の兜のような岩峰が大きくなり、6時40分赤梛山頂に立てた。

しばらく下ると、擂鉢窪カールが左手下に広がる。百間ナギという大崩落地を持つ紅葉ポイントのカールだ。中央に擂鉢窪避難小屋が見え、縦走路上に小屋へ下る擂鉢窪分岐がある。分岐から100m程登り返すと南駒ケ岳山頂だ。

南駒ケ岳(2,841m)は100名山の候補になった山で、その座を木曽駒ヶ岳に譲った名峰だ。この南峰からの下りは、仙涯嶺への登り返しと併せ今回の核心部。雪渓や岸壁の危険なトラバースがある。

はるか先には、これから向かう越百小屋の赤い屋根も見えています。南峰へ移動し駒ケ岳を振り返り、8時過ぎいよいよ核心部へ進入です。2カ所ほど雪渓を越え、3つ目の雪渓はチョットスリリング。

岸壁に頼りながらキックステップでトラバースしていき雪渓の縁を渡り、クライムダウンで夏道に降りた。さらに這松下のザレた道をスリップに気を付けながら下る。
下からスコップを担いで単独男性が登ってこられた。
挨拶し、小屋明けですかと尋ねる、「今朝越百山の山頂表示を立て直してきた」と言われ、小屋に伝言を頼まれた。山小屋管理人の本多さんとおっしゃる方で、修復後の山頂標識を写してくださいともおっしゃっていた。

更に下ってもう1カ所の雪渓を渡ると仙涯嶺との鞍部2,628mへ着いた。鞍部から見上げる峰は前も後もそそり立っている。そして登り返せば仙涯嶺2,734mの山頂だ。

岩登りという感じの登りが続き、その先に岸壁下のロープの架かったトラバースが現る。そして、岩の割れ目に沿って鎖を登り9時45分山頂へ着いた。核心部通過は約2時間の行程でした。やれやれです。

前方に最後のピーク越百山が見えてきたが、まだまだ先だ。縦走路がよく見え、数個のピークを越えて越百へ至るのが解る。

越百山(2,613m)は縦走最後のピーク、宇宙(コスモ)の音が一緒で、人気のお山。今日もトレラン登山者一人と男性2人パーティーとお会いした。仙涯嶺から気持ちよい縦走路が伸びて、ヒメイチゲなども見られた。

11時20分山頂到着。二人で達成感に浸ります。ここでお昼に\(^o^)/・・・
成る程山頂標柱は復活していました。最近の記録では倒れた画像ばかりだったので、我々と、お二人パーティーが最初の証人と言う事です。本多さんありがとうございました。
ⅿ(_ _)m・・・越百小屋へ伝言伝えますね(^_^)v

越百小屋へ寄り、伝言を伝えて急いで下ります。早く下って、子供の新居へ寄りたいので一生懸命下ります。休憩も3度入れましたが登山口の福栃橋まで約4時間で下りました。

福栃橋から約5㎞の林道歩き。1時間で駐車地まで歩き5時前ダム下の駐車地へ無事下山しました。

詳細レポはブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/06/2019622.html

登山中の画像
登山画像
ダム下の閉鎖ゲートをくぐる伊奈川ダム上登山口Ⓟ…
登山画像
水害の跡を通過
登山画像
今朝沢橋分岐
登山画像
うさぎ平登山口
登山画像
うさぎ平登山口指導標
登山画像
6合 北沢指導標
登山画像
北沢吊橋 壊れている 利用は自己責任で
登山画像
7合指導標
登山画像
8合指導標 お昼
登山画像
義仲の力水 十分水量在り
登山画像
木曾殿山荘 小屋明け前 避難小屋は綺麗
登山画像
木曾殿越えから空木岳第一ピークへの登り
登山画像
イワウメ
登山画像
コイワカガミ
登山画像
ハクサンイチゲ
登山画像
第1ピーク
登山画像
空木岳山頂
登山画像
山頂付近のキバナシャクナゲ
登山画像
駒峰ヒュッテ到着 土間避難小屋泊
登山画像
朝日を受けるヒュッテと木曽駒方向の眺望
登山画像
空木平カール
登山画像
空木岳再登頂 2日目スタート
登山画像
向こうの南駒を目指す
登山画像
コメバツガザクラ
登山画像
ミヤマキンバイ
登山画像
ミネズオウ
登山画像
赤椰岳から空木岳を振り返る
登山画像
擂鉢窪カールと避難小屋
登山画像
擂鉢窪分岐から南駒ケ岳を望む
登山画像
南駒山頂
登山画像
山頂祠へ安全祈願
登山画像
南峰から南駒と肩を組む管理人
登山画像
雪渓トラバースは注意を要す
登山画像
仙涯嶺の登り
登山画像
下て来た南駒を振り返る
登山画像
仙涯嶺の岸壁トラバース道
登山画像
仙涯嶺到着
登山画像
仙厓嶺から越百山へ延びる縦走路
登山画像
越百山が近づいた
登山画像
ヒメイチゲ
登山画像
越百山登頂復活した山頂標
登山画像
コスモ小屋を俯瞰
登山画像
福栃橋分岐まで下山
登山画像
越百小屋の車
登山画像
今朝沢橋分岐へ下山
登山画像
伊奈川ダム上登山口へ下山
登山画像
伊奈川ダム湖へ下山
登山画像
閉鎖ゲートをくぐって無事駐車地へ下山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年3月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々
春の息吹を感じ始めた奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、春の訪れを感じるようになってきた