登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
山ノ鼻ルート解禁 コマノツメを見に至仏山へ 至仏山(関東)
img

記録したユーザー

Tatsu さん

この登山記録の行程

鳩待峠(05:15)・・・山ノ鼻(06:25)[休憩 5分]・・・至仏山(09:25)[休憩 30分]・・・小至仏山(10:37)・・・オヤマ沢田代(11:05)・・・鳩待峠(11:57)

総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約908m
下り:約908m
コースタイム 標準:4時間45分
自己:6時間7分
コースタイム倍率 1.29
コース状況:
危険個所はないが、相変わらず木道と蛇紋岩はよく滑る
山ノ鼻ルートの至仏山手前に残雪あり
足跡をたどって進行方向右側に進むとコースを外れる 左手に進むこと
至仏山からオヤマ沢田代あたりにかけて複数の残雪あり
いずれの残雪も滑り止めがなくても問題ない

感想:
今年も花の名山「至仏山」の花が見たい。
今年はまだ、コマノツメを見ていない。
そして、7月1日は「山ノ鼻ルート」の解禁日。
天気も持ちそう。

我慢できずに来てしまいました。
天気は予報とおりでした。最近の気象庁はエライ。

山ノ鼻ルートの森林限界は、花が一杯なので、解禁日の今日は平日でもそこそこ人出があるかと思いきや、意外に少なかったです。

何よりも、戸倉の駐車場で、まだ雪が残っていると聞かされてびっくり。
残雪自体は大したことはなかったものの、その分花が見られなかったと思うとちょっと残念です。今年はどこも雪解けが遅いようですね。

鳩待峠から山ノ鼻へと下っていくと、そこかしこに花が・・・。まだ夏の花にはなっていないようです。
前日の雨でワタスゲもしょぼくれてしまっているけど、見られただけよし。
湿原の花は、もう少し遅い方が良いようです。

樹林帯の登山道は沢のようでした。とにかく木道が滑る滑る。梅雨のこの時期、足元の防水対策は必須です。

森林限界に入ると、一気に花の種類が増えていきます。でも、昨年同時期と比べ、咲いている花の種類は少な目のようです。しかし、早い分、ハクサンイチゲ、ホソバミネウスユキソウ、ユキワリソウ、チングルマを十分堪能しました。

山頂には、団体さんもいましたが、すぐに下山されたので静かなひと時が過ごせました(ほとんどの方が鳩待峠からのピストンでした)。
周囲の山々は雲がかかり、上越、日光等各方面の山並みを堪能することはかなわず、当初の目的とおり花を見ながら下山します。

至仏山から小至仏山にかけては、登山道の周りをジョウエツキバナノコマノツメが彩ります。じっくりと眼に焼き付け、ファインダーに収めていると、あれ、日差しが・・・。

相当高度を落としてしまったので、山々は見られませんでしたが、天気も崩れず、花々が咲き誇る至仏山を堪能できた一日でした。

登山中の画像
登山画像
(鳩待峠から山ノ鼻へ)マイヅルソウ
登山画像
ツクバネソウ
登山画像
ギンリョウソウよく育ってます
登山画像
ヤマトユキザサ
登山画像
オオタチツボスミレ
登山画像
オガラバナ
登山画像
ミズバショウは終わってました
登山画像
コバイケイソウ
登山画像
ミヤマカラマツソウ
登山画像
水滴
登山画像
(山ノ鼻)? 鳥はわかりません土の中の虫(ミ…
登山画像
(見本園)ワタスゲ
登山画像
タテヤマリンドウ
登山画像
オオバタチツボスミレスミレの中では大輪
登山画像
レンゲツツジ
登山画像
(樹林帯から森林限界へ)クモイイカリソウ
登山画像
イワカガミ
登山画像
登山道の様子
登山画像
(森林限界から至仏山へ)タムシバ?
登山画像
燧ヶ岳と尾瀬ヶ原
登山画像
ベニサラサドウダン
登山画像
ユキワリソウ
登山画像
ツマトリソウ
登山画像
ミツガシワ
登山画像
ヒメシャクナゲ
登山画像
ハクサンイチゲ
登山画像
オゼソウ
登山画像
タカネシオガマ
登山画像
ムラサキタカネアオヤギソウ
登山画像
ホソバヒナウスユキソウ
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
ジョウシュウアズマギク
登山画像
山頂手前の残雪右奥に行くとコースから外れる
登山画像
(至仏山から鳩待峠に向かいます)チシマアマナ
登山画像
ジョウエツキバナノコマノツメ
登山画像
ジョウエツキバナノコマノツメ
登山画像
小至仏山手前の残雪ロープが張ってあります
登山画像
シャクナゲ
登山画像
シラネアオイ
登山画像
エイレンソウ
登山画像
オオバキスミレ
登山画像
アカフタチツボスミレ
登山画像
至仏山(右)と小至仏山(左)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    尾瀬はすっかり秋モード。風も涼しく散策にはちょうど良い 気候になってきました
    19年08月22日(木)
    尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    爽やかな風を感じるようになり、秋が近づいているのがわかります。湿原が秋の色に変わりつつあります
    19年08月21日(水)
  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    強い日差しが照りつけて暑くなっていますが、ミヤマアキノキリンソウが咲き出して早くも秋の気配が感じられます
    19年08月13日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Tatsu さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...