至仏山しぶつさん

百名山 花の百名山

至仏山

 尾瀬ガ原の西端に位置し、東の燧ヶ岳とともに尾瀬を代表する名山である。ミズバショウの花咲く湿原のかなたに残雪の至仏山、といった写真はよく目にすることだろう。
 山頂から眼下に見る尾瀬ガ原はすばらしい。西には奥利根、谷川の山並みを望む。足元には蛇紋岩地特有のホソバヒナウスユキソウやオゼソウなど、貴重な高山植物が多い。山名の故か、百名山登頂の最後にこの山を登る人たちもあると聞く。山名は、仏教には関係なく、ムジナッ沢(つあわ)の別名「渋ッ沢」に由来するという。
 山ノ鼻から直登するコースは植生保護のための通行禁止が平成9年に解除された。ただし状況によっては再び通行禁止となる場合もある。山ノ鼻から頂上まで所要2時間30分。鳩待峠からは緩やかで展望のよいコースがある。鳩待峠から頂上まで所要2時間40分。
 鳩待峠は、その昔片品村の男たちが、厳冬期に入山し、木地師として木工品を作っていたころの仕事場であった。鳩は寒中はふもとの村にいて、暖かくなると山奥へ移る習性がある。峠の近くで鳩が鳴けば、男たちは久々に里へ下り、田植えを始める。雪深い山中で、鳩が来る春の日を待ち続けたことから、鳩待峠と呼ばれた。

DATA

山域: 尾瀬周辺
都道府県: 群馬県
標高: 2,228m
2万5千図: 至仏山

※ 至仏山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

至仏山に行くモデルコース

  • 至仏山 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間 日帰り
    鳩待峠・・・オヤマ沢田代・・・小至仏山・・・至仏山・・・小至仏山・・・オヤマ沢田代・・・鳩待峠
  • 山ノ鼻から高天ヶ原、至仏山 日帰り
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★ 4時間45分 日帰り
    鳩待峠・・・山ノ鼻・・・至仏山・・・小至仏山・・・オヤマ沢田代・・・鳩待峠
  • 尾瀬を代表する高山植物と展望の山
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 5時間 日帰り
    鳩待峠・・・笠ヶ岳分岐・・・小至仏山・・・至仏山・・・小至仏山・・・笠ヶ岳分岐・・・鳩待峠

至仏山周辺の最新情報

登山口情報

  • 戸倉 
  • 戸倉 
  • 富士見下 
  • 大清水 
  • 鳩待峠 

  • 【戸倉】
    戸倉は片品村の中心・鎌田から北に9kmあり、尾瀬の群馬県側の登山口である鳩待峠や大清水、富士見下へのバスが運行されている。マイカー用の駐車場は2カ所あり、路線バスかタクシーで登山口へ向かう。シーズン中は新宿駅から関越交通の直通バスが運行される(所要3時間50分〜5時間35分・3700円)

  • 【戸倉】
    戸倉は片品村の中心・鎌田から北に9kmにあり、尾瀬の群馬県側の登山口である鳩待峠や大清水、富士見下へのバスが運行されている。マイカー用の駐車場は2カ所あり、路線バスかタクシーで登山口へ向かう。シーズン中は新宿駅から関越交通の直通バスが運行される(所要3時間50分〜5時間35分、3700円)

  • 【富士見下】
    かつては尾瀬へのメインルートだった富士見下。戸倉方面から路線バスが運行されるほか、約30台の駐車スペースがあり、尾瀬では珍しく無料となっている。また公衆トイレと水場が設置されている。尾瀬ヶ原へは約4時間30分。

  • 【大清水】
    大清水は群馬県側からの尾瀬沼への玄関口。上毛高原駅・沼田駅からの路線バスや、新宿駅からの高速バスが運行されている。3カ所の駐車場のほか、2軒の山小屋と休憩所が営業している。

  • 【鳩待峠】
    尾瀬へのハイカーの半数が利用する鳩待峠は、交通混雑などにより約120日間のマイカー規制が敷かれている。規制期間中は戸倉に車を停め、バスかタクシーに乗り換える。環境への影響を考慮し、なるべく規制期間外も公共交通機関を利用したい。

周辺にある山小屋

  • 至仏山荘 
  • 山の鼻小屋 
  • 鳩待山荘 
  • 笠ヶ岳避難小屋 
  • 龍宮小屋 
  • 東電小屋 

  • 【至仏山荘】
    営業小屋
    場所: 山ノ鼻
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 4/下~10/中

  • 【山の鼻小屋】
    営業小屋
    場所: 山ノ鼻
    電話: 0278-58-7411
    FAX: 0278-58-7761
    営業期間: 4/下~10/下

  • 【鳩待山荘】
    営業小屋
    場所: 鳩待峠
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 4/下~10/中

  • 【笠ヶ岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 笠ヶ岳北東稜線
    電話: 0278-25-5017
    FAX: 0278-62-3211
    営業期間: 通年(無人)

  • 【龍宮小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原中田代
    電話: 0278-58-7301
    FAX: 0278-58-7302
    営業期間: 4/末~10/下

  • 【東電小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原ヨシッポリ田代
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/下~10/中

至仏山に関連する登山記録

至仏山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

18年10月29日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山中級A>『入山許可制ルートで登る 両神山 日帰り』【JR八王子出発】
18年10月29日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『奥武蔵探検隊 第1回 天覧山から多峯主山 日帰り』【現地集合・解散】
18年10月29日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年9月スタート江戸古地図で巡る東京の街並みと老舗の味>『第2回 神田・湯島編』
18年10月29日(月) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級A ごちそう山! 名水が作る絶品豆腐料理 丹沢ヤビツ峠から大山』
18年10月29日(月) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
兜岩山~御岳山縦走
18年10月30日(火) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<にっぽんの街並みと老舗の味>『第7回 自然あふれる歴史文化の街・秩父へ』【横浜発】
18年10月30日(火) 関東発 ・3日間 毎日新聞旅行
長沢背稜縦走/長大な尾根を歩く/西武秩父駅集合・飯能駅解散
18年10月30日(火) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
白髪岩~南小太郎山

この地域に行く登山ツアー

至仏山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。