登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
八ヶ岳(赤岳、阿弥陀岳)1泊2日テント泊 赤岳、阿弥陀岳、中岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

サトゥ さん
  • 日程

    2019年7月13日(土)~2019年7月14日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸  

  • パーティ

    2人 (サトゥ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃戸口から美濃戸までは未舗装路ですが、なんとかキューブで行けました。

  • 天候

    1日目:曇/雨、2日目:雨
    [2019年07月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(06:00)・・・行者小屋(08:30)[休憩 85分]・・・赤岳天望荘(10:55)[休憩 5分]・・・赤岳(11:30)[休憩 60分]・・・中岳のコル(13:25)・・・阿弥陀岳(13:50)[休憩 20分]・・・中岳のコル(14:30)・・・行者小屋(15:10)

【2日目】
行者小屋(09:25)・・・美濃戸(11:20)

総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,508m
下り:約1,508m
コースタイム 標準:8時間35分
自己:8時間15分
コースタイム倍率 0.96
 梅雨空の三連休、友人と八ヶ岳の赤岳、阿弥陀岳に登ってきました。当初、初日は、美濃戸口から行者小屋、赤岳、阿弥陀岳、行者小屋テント泊、2日目は、横岳、硫黄岳と回る計画でした。しかし、2日目は雨だったので、行者小屋から直接下山しました。

 初日は、15時くらいから雨が降る予報だったので、なるべく雨に当たらないように美濃戸口からではなく美濃戸からの登山としました。美濃戸口から美濃戸までは舗装されていない砂利道を行きます。愛車のキューブは、1回タイヤが空回りして進めなくなりましたが、何回か前後進を繰り返し、なんとか美濃戸までたどり着くことができました。やまのこ村の方に教えてもらいましたが、美濃戸の駐車場が満車の時は美濃戸口の美濃戸に向かうゲートを閉めるそうですが、ゲートが空いている時は美濃戸で駐車場が空いているそうです。

 美濃戸から行者小屋までは、樹林帯と曇り空で眺望はありませんでしたが、沢沿いで、シラビソやコメツガが生える苔むした樹林帯を気持ちよく歩くことができました。行者小屋に着くと、ガスが晴れ、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳を見ることができました。ここで、テントを張り、荷物をデポして、身軽な格好で赤岳に向かいました。

 地蔵尾根は、地図でみると前半がなだらかで後半が急なイメージですが、前半は樹林帯の急登、後半は岩稜帯の鎖とハシゴが続く急登といった感じで終始急登でした。イワカガミ、ツガザクラ、キバナコマノツメなどを見ることができました。稜線にでると、所々でチョウノスケソウ、オヤマノエンドウなどのお花畑が広がっていました。赤岳山頂では、残念ながら富士山の頭程度の眺望しか得られませんでしたが、赤岳頂上山荘でコーラを購入し喉を潤し、山頂の雰囲気を味わいました。

 赤岳山頂から阿弥陀岳までは、山頂直下は急な下降が続きますが、阿弥陀岳まで続く稜線上の登山道を見渡すことができて良い感じです。阿弥陀岳山頂でも眺望を臨むことができず残念な気持ちになりそうでしたが、他のグループの方からスイカのお裾分けをいただき、美味しく頂くとともに嬉しい楽しい気持ちにさせていただきました。

 雨は行者小屋に着く頃になってポツポツ降り始めたので、登山口を変更したことや事前にテントを張っておいたことが功を奏した感じです。今回の山行ではフライパンを持参しました。夕食のカツ丼は見た目も贅沢に、美味しく、朝食のレトルトカレーでさえ美味しそうに見える感じで、フライパンの威力を痛感しました。

 翌朝は、雨が弱まるのを待ちながら9時過ぎまでテントでのんびり過ごし、小雨の降る中、しっとりと雨に濡れる木々やコケを堪能しながら下山しました。梅雨時期の雨の様子を伺いながらの行程となりましたが、心に残る良い山行になりました。

登山中の画像
登山画像
やまのこ村駐車場(1日1000円)
登山画像
美濃戸登山口
登山画像
シロバナノヘビイチゴのお花畑のアップ
登山画像
登山道脇のコケの様子
登山画像
コケのアップ
登山画像
行者小屋にて
登山画像
行者小屋
登山画像
行者小屋から赤岳を望む
登山画像
行者小屋から横岳方面を望む
登山画像
行者小屋から中岳、阿弥陀岳を望む
登山画像
イワカガミ
登山画像
地蔵尾根のハシゴ
登山画像
地蔵尾根から峰ノ松目を望む
登山画像
キバナコマノツメ
登山画像
地蔵尾根終盤の岩尾根の様子
登山画像
ツガザクラ
登山画像
クモマナヅナ
登山画像
地蔵ノ頭分岐
登山画像
赤岳を望む
登山画像
阿弥陀岳を望む
登山画像
赤岳展望荘
登山画像
???シャクナゲ?
登山画像
ミヤマシオガマ
登山画像
お花畑
登山画像
アップ(チョウノスケソウ、オヤマノエンドウ)
登山画像
ミヤマダイコンソウ
登山画像
赤岳頂上山荘
登山画像
赤岳山頂(2,899m)
登山画像
ミヤマダイコンソウ
登山画像
赤岳から文三郎道・中岳への下り
登山画像
分岐から中岳~阿弥陀岳の稜線を望む
登山画像
中岳~阿弥陀岳の稜線を望む
登山画像
中岳
登山画像
中岳のコル
登山画像
阿弥陀岳山頂(2,805m)
登山画像
阿弥陀岳でスイカを頂きました!
登山画像
夕食のカツ丼
登山画像
朝食のレトルトカレー
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サトゥさんの登山記録についてコメントする
  • SND14 さん
    雨模様でしたが、しっかり楽しんでますね
    (^_^ゞ
    なかなかの急登りなのかな?
    無事下山お疲れ様でした。

  • サトゥ さん
    ありがとうございます。

    結構、岩岩してて、楽しかったっす!
    フライパンを持参しましたが、料理の幅が広がって楽しいです!
    あと、100円ショップで購入した足がふにゃふにゃの三脚をストックに付けて、
    自撮り棒とする方法を編み出しました。
    こちらも結構楽しいです。
    一緒に山に行けると良いですねー

  • Uchi さん
    カレーは朝食だったのね
    横岳に行けなかったのは残念だけど、また登る楽しみもできたね

  • サトゥ さん
    カレーは朝食です

  • サトゥ さん
    朝カレーはマイブームです!

    横岳にも行きたかったっスね~。雨に負けましたが。。。
    宿題です。

    そろそろ、Uchiさんとも山に行きたいですね!

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サトゥ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?