登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
常念岳~大天井岳~燕岳【1泊2日で表銀座を歩く】2019 (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ひろり さん
  • 日程

    2019年1月5日(土)~2019年1月6日(日)

  • 利用した登山口

    一ノ沢登山口   中房・燕岳登山口  

  • パーティ

    6人 (ひろり さん 、ほか5名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:毎日アルペン号

  • 天候

    初日:曇り時々雨、2日目:曇り

この登山記録の行程

【1日目】
一ノ沢登山口(05:00)・・・王滝(大滝)ベンチ(05:59)[休憩 5分]・・・常念小屋(08:55)[休憩 10分]・・・常念岳(10:00)[休憩 15分]・・・常念小屋(10:50)[休憩 34分]・・・横通岳南肩[休憩 10分]・・・東天井岳分岐(13:17)・・・大天荘(14:08)[休憩 25分]・・・大天井岳(14:44)[休憩 15分]・・・大天荘(15:04)

【2日目】
大天荘(05:00)・・・切通岩(05:23)・・・大下りの頭(06:10)[休憩 20分]・・・燕山荘(07:30)[休憩 10分]・・・燕岳(08:00)[休憩 10分]・・・燕山荘(08:30)[休憩 35分]・・・合戦小屋(09:40)[休憩 15分]・・・第2ベンチ(10:52)[休憩 10分]・・・中房・燕岳登山口(11:58)

総距離 約23.6km 累積標高差 上り:約2,841m
下り:約2,638m
コースタイム 標準:16時間25分
自己:13時間28分
コースタイム倍率 0.82
2019年のメイン山行は常念岳~大天井岳~燕岳、1泊2日の縦走です。
昨年は立山~剱岳縦走であったことから、剱岳前に岩場の練習、体力強化の訓練山行を17回ほど実施。それに比べ今年は10回も訓練山行をしていないそうです(リーダー談)。
この油断が今回の山行に大きく影響することになり、改めて年初からの体力強化の重要性を認識することとなりました。

登山中の画像
  • 一の沢登山口を5時に出発!
  • 一の沢コースは常念乗越まで樹林帯が続きます
  • 古池?
  • 沢沿いは涼しくて気持ちいいですねー
  • 登山道にも水が流れてきます。
  • こ、この生き物は何でしょうか?
  • 丸太の橋で一の沢を横切ります。
  • ここからは残雪が残ってるため階段で右に迂回します。
  • ???
  • ???
  • ニッコウキスゲ?
  • シャクナゲ
  • ???
  • ここで一の沢とはお別れ。
  • 最終水場の標識。常念小屋まで残り1Kmです。
  • 第2ベンチ。ここで休憩。残り500mです。
  • 第3ベンチは通過。あと300m。
  • ここまできて、常念岳山頂付近にガスが!!!
  • 常念乗越に到着!
  • 荷物をデポして常念岳山頂を目指します。
  • 残念ながら槍ヶ岳方面は雲に覆われています。
  • 山頂と思われていた更に奥に山頂が・・・
  • やっと山頂到着!
  • 常念小屋に戻ってきた頃に雨が降ってきました。
  • ここから大天井、燕岳の登山道にはコマクサの群生地が多く見られます。
  • 1つ目の登り返し横道岳南肩に到着。振り返ると常念岳!
  • 前方に見えるのが2つ目の登り返し東天井岳。このあたりでメンバーの一人が遅れだします。練習不足の影響が・・・
  • 振り返れば常念岳、横道岳、東天井岳に続く稜線が見えます。メンバーの一人も遠くに・・・
  • チングルマ
  • 東天井岳にはお花畑。ミヤマキンバイ?
  • 前方には3回目のピーク越え・・・
  • 穂高岳と涸沢カール。
  • 槍ヶ岳は雲の中。
  • 3度目のピークを登ると大天荘まであと1Kmの標識が突然現れます。
  • 標識を過ぎても山荘はどこにも見えず・・・この辺りでは後輩君も足取りが重くなってきました。
  • ようやく大天荘が見えてきました。
  • ヘロヘロになりながら山荘に到着!最後のメンバーは40分遅れて山荘に到着。
  • 山荘に荷物をデポして大天井岳を目指していると、山荘裏に雷鳥の親子発見しました。
  • 燕岳へ続く稜線。明日が楽しみです。
  • 大天井岳に到着。
  • 立山、剱方面
  • 残念ながらこの日は最後まで槍ヶ岳は雲の中でした。明日に期待です。
  • 2日目の朝。穂高岳と槍ヶ岳がはっきりと見えます。
  • いよいよ2日目のスタート。曇っていますが、雲は高い位置にあるため、遠くまで見通すことができます。最高な1日になる予感!
  • 切取岩は今回のルートで唯一の鎖と梯子です。
  • 表銀座コースを逆走!
  • 富士山と南アルプス。
  • ここにもコマクサの群生!
  • 大天井岳と槍ヶ岳!
  • 燕山荘が見えてきました。まだまだ遠いようです。
  • 蛙岩を通過!どのへんが蛙なのか不明!
  • 雲海がきれいです。
  • 燕山荘と燕岳が近づいてきました。
  • 燕山荘に到着!
  • イルカ岩
  • 燕岳登頂!
  • 正面は北燕岳。左に立山連峰?右奥には鹿島槍に8月に登る予定の五竜も見えました。
  • 左から常念岳、大天井、奥穂に槍ヶ岳。そして笠ヶ岳。
  • 燕山荘のバックに常念岳、南アルプス、富士山、八ヶ岳。
  • めがね岩
  • 下山開始です
  • 富士見ベンチ
  • 赤い屋根の中房温泉が見えてきました。今回の山行も残りわずかです。
  • 第二ベンチ
  • 第1ベンチまで来たら残りは1km。
  • まさかの渋滞。30人くらいの団体ツアーに捕まり、ほとんど進みません・・・奥穂でも同じツアー会社の団体に捕まった記憶がよみがえりました。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ひろりさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    2020年の営業を終了しました。ありがとうございました
    20年11月26日(木)
    西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    朝の最低気温は-8℃。装備・服装の選択は事前情報を確認し万全に
    20年11月09日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ひろり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2020年12月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!