登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
長野 VOL.20 経ヶ岳(中央アルプス)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年8月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央自動車道「伊那IC」を出て県道87号線を右に北上します。何気に道なりに登って行くと突き当り、「仲仙寺」に向かって狭い道を左に登ると石門があるのでそのまま登ります。すぐ左に「伊那市考古資料館」と駐車場の看板があり、その前が砂利で区画の無い10台程度の無料駐車場です。「伊那IC」から約4km・8分です。トイレは駐車場より下の羽広公民館の入口にあります(ここも広い駐車場です)。コンビニは途中の左にファミマがあります。登山道はそのまま車道を登った突き当りを右です。

  • 天候

    晴れ、軽風
    [2019年08月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

伊那市考古資料館(04:45)・・・4合目(06:00)・・・5合目(06:45)・・・6合目(07:10)・・・7合目(07:30)・・・8合目(08:20)・・・黒沢山分岐(08:40)・・・9合目(08:45)・・・大泉山山頂(08:55)・・・経ヶ岳山頂着(09:20)食事・・・経ヶ岳山頂発(09:35)・・・大泉山山頂(09:50)・・・9合目(10:00)・・・黒沢山分岐(10:05)・・・7合目(10:50)・・・6合目(11:05)・・・5合目(11:30)・・・4合目(12:00)・・・伊那市考古資料館(13:00)

総距離 約12.6km 累積標高差 上り:約1,578m
下り:約1,578m
コースタイム 標準:7時間10分
自己:6時間20分
コースタイム倍率 0.88
長い長い梅雨が明けたので、静かで、しっかりとした奥深い山を選んで「経ヶ岳」に登りました。
「経ヶ岳」は中央アルプス北端の山で、「経」が付く山では日本最高峰で、かつ2百名山です。
距離も標高もあるため長時間の山旅となり、道中それほど眺望は良くないので、不人気です。
その為、道中ヤブ漕ぎが随所に現れますが、じっくり静かに山登りが楽しめる大人の山です。
「伊那市考古資料館」から車道を登って「仲仙寺」を過ぎると、本堂への長い階段があります。
登山道は右ですが、階段を登って本堂でお参りしてから右手に進んで、登山道に合流します。
入山すると鬱蒼とした薄暗い森の中を進んで行きます。そしていきなりヤブ漕ぎが始まります。
朝露で足元が濡れていて、ヤブで登山道が不明瞭で、道が狭いので滑落に注意が必要です。
しかし不人気なので、登るにつれ、各所で足元に花が現れ始め、長い山旅の相手になります。
出発から2時間近くかけて登ると、5合目に着きますが、ここからが直線的な急登になります。
7合目で遥か彼方にカッコいい「経ヶ岳」のピークを確認して、一度軽く下ってから登り返すと
陽の当たるお花畑の斜面に出て、その先には「経ヶ岳」の一番の大展望の8合目に着きます。
8合目で「伊那市」の町並みから「木曽駒ヶ岳」などの大展望を楽しんだら、山頂を目指します。
再びヤブ漕ぎで登りますが、右から「黒沢山」の道を合わせると登山道は歩きやすくなります。
9合目を超えてまた下り、登り返すと、無標識の「大泉山」山頂です。そして3度目の下りです。
最後に登って行くと、軽く開けた「経ヶ岳」の山頂です。休憩しながら約4時間半での登頂です。
「経ヶ岳」の山頂からは展望は有りませんが、木々に囲まれた静かな気持ちの良い空間です。
山頂で時間を楽しんだら、長時間の下りの開始です。各所にあるヤブで足元が見えない中を
滑落しないように気をつけて、一人静かに木々と鳥と花を見ながら、ゆっくり下って行きます。
下山すると、すぐそばには「みはらしファーム」があり、食事も温泉も農園も動物も楽しめます。

登山中の画像
登山画像
「伊那市考古資料館」で0セットです
登山画像
登山道は右ですが階段を登ってから右に合流します
登山画像
名刹「仲仙寺」の風格ある本堂です
登山画像
いきなり鬱蒼とした湿気の多い登山道です
登山画像
朝日が昇って来ました
登山画像
登山道は何とか分かります
登山画像
「ギボウシ」が各所で咲いていました
登山画像
4合目 452m
登山画像
「フシグロセンノウ」
登山画像
人気が無い山なのでヤブこぎが普通の登山道です
登山画像
「キバナノヤマオダマキ」
登山画像
5合目 643m
登山画像
6合目 800m
登山画像
6合目からカラマツに交じってブナが出てきます
登山画像
直線的な急登が続きます
登山画像
7合目 936m
登山画像
7合目から一度下ります
登山画像
下ったら登り返しますがヤブこぎです
登山画像
「イチヤクソウ」
登山画像
「オトギリソウ」
登山画像
やっと陽の当たる斜面に出たらお花畑です
登山画像
8合目では大展望が広がります
登山画像
9合目に向かいます
登山画像
何となく登山道は分かります
登山画像
同じ中央アルプスの「木曽駒ヶ岳」はすぐそばです
登山画像
ちょっと険しく登って行きます
登山画像
9合目 1229m
登山画像
9合目を過ぎたら再び軽く下って行きます
登山画像
当然ですが下ったら登り返します
登山画像
大泉山山頂 1247m
登山画像
「大泉山」から3度目の下りですがやっと目指す…
登山画像
「経ヶ岳」山頂に向かい最後の登り返しです
登山画像
展望はありませんが落ち着いた「経ヶ岳」山頂です
登山画像
経ヶ岳山頂 1287m
登山画像
振り返ると登ってきた峰々が見えます
登山画像
下山を開始します
登山画像
大泉山山頂 1245m
登山画像
9合目 1226m
登山画像
「伊那市」の町並みが見渡せます
登山画像
雲が上がってきました
登山画像
8合目から「経ヶ岳」の隣の「黒沢山」が見えます
登山画像
「ミカドアゲハ」
登山画像
登りも下りも長時間になります
登山画像
「センジュガンピ」
登山画像
7合目からは「経ヶ岳」のピークが彼方に見えます
登山画像
6合目 805m
登山画像
まだまだ半分以上下りは続きます
登山画像
5合目 643m
登山画像
「ヤマホトトギス」
登山画像
登山道が狭いので滑落注意です
登山画像
4合目 452m
登山画像
もうすぐ下山です
登山画像
「伊那市考古資料館」に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?