登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
暑っ〜い…夏の尾瀬 〜燧ヶ岳〜 燧ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

やぎやぎ さん
  • 日程

    2019年8月2日(金)~2019年8月3日(土)

  • 利用した登山口

    御池  

  • パーティ

    2人 (やぎやぎ さん 、だんな さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:西那須野塩原〜約105km[国道]400~121~352号経由、御池駐車場
    道の駅たじま・会津尾瀬口・道の駅番屋・舘岩局付近に[Y]コンビ二あり(7時頃open)
    御池駐車場(1000円/回:関連施設宿泊により無料)

  • 天候

    1日目:晴れ のち (夜)雨(最高25℃)、微風 2日目:(朝) 霧 のち 晴れ、微風(12時.28℃)
    [2019年08月02日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
御池(08:45)・・・広沢田代(09:40)[休憩 15分]・・・熊沢田代(10:50)[休憩 15分]・・・俎嵓(12:50)[休憩 40分]・・・柴安嵓(13:50)・・・燧ヶ岳分岐(16:20)・・・見晴(下田代十字路)(16:30)

【2日目】
見晴(下田代十字路)(07:20)・・・東電小屋分岐(07:35)・・・赤田代(07:50)[休憩 5分]・・・三条ノ滝分岐(08:45)・・・三条ノ滝展望台(08:50)[休憩 20分]・・・三条ノ滝分岐(09:20)・・・兎田代(09:50)・・・兎田代分岐(10:05)・・・天神田代(10:45)[休憩 10分]・・・上田代(12:05)[休憩 10分]・・・御池(12:40)

総距離 約18.5km 累積標高差 上り:約1,562m
下り:約1,562m
コースタイム 標準:10時間35分
自己:11時間10分
コースタイム倍率 1.06
東北の最高峰・燧ヶ岳へ・・・穏やかな印象の尾瀬ヶ原と異なり…かなりハードな..お山でした。
御池登山口を入ると・・咲き始めのオオウバユリや真っ赤な実をつけたオオバタケシマラン・大きく育った水芭蕉の葉などが、目につきます。
シラビソやコメツガの針葉樹林下は、ゴロゴロの石や泥濘が多いのでゲイターを装着。ひと登りすると田代(湿原)の木道が現れ…ひと息。足元では、キンコウカが黄色の絨毯を広げつつあり、コバギボウシが蕾を膨らませています。熊沢田代・広沢田代の湿原へ伸びる木道と池塘…青い空と夏の雲・・
その先にある燧ヶ岳の光景は見事。田代をつなぐ樹林下のキツイ急登を一瞬…忘れさせてくれます。
8合目手前にある残雪の残るガレ場からの急登が一番きつくて…「8合目が見えてる…頑張れ〜」
9合目をすぎると…「もう少し…頑張れ!」と励まされるほど…しんどそうな顔をしていたようです。
何より・・宿泊の荷物が増えたのが、一番の要因かと…思われます。
俎嵓の山頂で昼休憩。少しガスって見通しが悪かったのですが、眼下に尾瀬沼や尾瀬ヶ原への眺望・・そこへ蜻蛉が上昇気流に乗ってどんどん上ってきます。止まり木にされる程の大群舞に驚かされました。こんな光景に出会ったのは、数年前に登った磐梯山以来。
柴安嵓(燧ヶ岳最高峰)へは、下ってから上り・・。山頂付近は、ハクサンフウロやジョウシュウオニアザミ・ヤマハハコ・ミヤマアキノキリンソウ・エゾシオガマ…などが、花盛り・・ハイマツとハクサンシャクナゲ(終盤)の群落も見られました。
下山の見晴新道…予想以上に時間がかかり・・小屋到着時間が、1時間以上遅れてしまい…焦りました。携帯も圏外で繋がらず・・怒られるのかと思っていましたが、そんなことは無く…見晴新道は、泥濘があり思いのほか時間がかかるよ…と労って頂きました。
朝夕食は、二部式で団体さんの後、先にお風呂(16時前後~18時)をいただき、夕食時間まで玄関の軒先で夕涼みをしながら…(冷えひえ)生ビールをいただきました。これが、ことの外…美味しく感じられ…至福の時間。(泊まりって良いなぁ…)
この時期、尾瀬ヶ原では、蛍が舞い・・満天の星空が見られると・・楽しみにしていましたが、
夕食後、まだ明るい外へ散策に出ると・・小雨。すぐ止むかと思いきや…激しくなっていくので…諦めて部屋に戻りました。
6畳の個室(予約時希望)を充てがわれ…敷布団にシーツカバー・枕・毛布・掛布団。ハンガーがあり服を乾かすことができました。窓に網戸がないのが、ネックでしたが、雨のおかげであまり虫は入ってきませんでした…又、気温も下がり…心地よく眠れ、朝方は、寒いくらいで…掛け布団を使いました。
燧ヶ岳のキツイ登りと下りのガレ場や樹林下のぬかるみ地獄…笹刈り直後の枝に足をすくわれたりと・・だいぶ消耗していたようで…21時の就寝前に…眠りこんでいました。
次の日は、早朝出発予定でしたが、朝散歩のち…ゆっくり朝食をいただいてから…三条の滝経由で御池へ戻ることにしました。三条の滝への道も泥濘が多くアップダウンが激しいとのことなので、出発前に状況を尋ねると・・見晴新道と比べたら、それほどでもないよ。とのアドバイスを頂き…出発。
赤田代では、キンコウカやコオニユリ、コバギボウシ、オゼミズギク、オゼヌマアザミ、オニシモツケ、チョウジギク、オタカラコウが咲き始め・・少し晴れ始めた湿原は、清々しく・・気持ちよく歩いていけました。キク科の花が増えてきました…少しずつ初秋の花へ移行しているようです。
林床では、アリドオシやアリドオシラン・ツルリンドウ・ミヤマトウバナ…など・・小さな花が花盛り。何度か川を渡り返す…湿り気の多い林縁では、ノリウツギやエゾアジサイが涼しげに花を咲かしていました。
湿原(田代)へ出ると・・朱鷺色の小群落が・・まだまだ見頃で姿を見せてくれました…大感激です。

この日、福島県では、最高気温36℃が予想されていました。暫くは、塩分ミネラル水分補給を心がけ、熱中症に…ご用心ください。
また、熊の目撃情報も増えています…熊鈴携行…お忘れなく。。

登山中の画像
登山画像
「御池駐車場」夏休みの金曜日、かなり埋まって…
登山画像
オオウバユリ(ユリ科)
登山画像
クロズル
登山画像
オオバタケシマラン(ユリ科)
登山画像
サンカヨウ の実
登山画像
燧ヶ岳への登山口
登山画像
カニコウモリ
登山画像
泥濘あり
登山画像
苔生した登り
登山画像
会津駒ケ岳方面・・かなっ?
登山画像
ウラジロハナヒリノキ(実)
登山画像
モウセンゴケ
登山画像
コバノトンボソウ(ラン科)
登山画像
キンコウカが広がる田代では、モウセンゴケの白…
登山画像
モウセンゴケの花
登山画像
チングルマは、果穂に・・
登山画像
池塘の縁をモウセンゴケが赤茶色に染めます・・
登山画像
広沢田代
登山画像
wonderful !
登山画像
苗・・みたい
登山画像
コバギボウシ(蕾)にとまるアキアカネ
登山画像
..ToT…広がらないと良いのだけれど…
登山画像
木道の先に・・夏雲
登山画像
オオバウスノキ
登山画像
色づき始めの・・サンカヨウの実・・グラデーシ…
登山画像
5合目
登山画像
広沢田代と・・左上に御池駐車場を見下ろす
登山画像
ネバリノギラン・・この植物の茎は、粘り気があ…
登山画像
熊沢田代ごしの・・燧ヶ岳遮るもののない田代は…
登山画像
サワラン!・・艶やかな紅紫の花は、小さくても……
登山画像
サワランとタテヤマリンドウ・モウセンゴケの花…
登山画像
熊沢田代
登山画像
大きな池塘が、木道を挟んで2つ・・
登山画像
…ニッコウキスゲが一輪。燧ヶ岳へ向かうハイカー…
登山画像
ハナニガナ
登山画像
モミジカラマツ
登山画像
サンカヨウ (残花)
登山画像
残雪が残る・・急登!ここが一番キツイ
登山画像
キヌガサソウ・・斜面の上部に群生
登山画像
8合目
登山画像
ハクサンシャクナゲ・・終盤
登山画像
俎嵓
登山画像
霞む尾瀬ヶ原方面・・と蜻蛉の大群舞!!上昇気流…
登山画像
柴安嵓へ…下って登るんだ〜
登山画像
柴安嵓(燧ヶ岳)
登山画像
ミヤマアキノキリンソウ
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
急なガレ場を尾瀬ヶ原へ向けて・・
登山画像
エゾシオガマ
登山画像
ジョウシュウオニアザミとヤマハハコ
登山画像
コケモモ
登山画像
晴見林道の林床では、オオバタケシマランの花
登山画像
夕ごはん
登山画像
夕方の湿原・・思った以上に明るい…
登山画像
お世話になった「原の小屋」個室対応をしてくれ…
登山画像
[2日目]朝靄の尾瀬ヶ原を散歩
登山画像
イワショウブ(チシマゼキショウ科)紅色の葯が…
登山画像
アブラガヤ(カヤツリグサ科)
登山画像
タカネアオヤギソウ(ユリ科)
登山画像
コバギボウシ(キジカクシ科)
登山画像
チョウジギク(キク科)
登山画像
・・・会いにきました!柿色の小さなランは、目…
登山画像
wonderful!下から順番に咲き…一番上が咲いたら…
登山画像
ミズチドリ(ラン科)
登山画像
オゼヌマアザミ(キク科)は咲き始め・・
登山画像
サケバサワヒヨドリ(キク科)
登山画像
ズミの実(バラ科)
登山画像
ネジバナ(ラン科)平地でも見られるネジバナで…
登山画像
朝ごはん・・空き容器に冷たい麦茶(500ml/100円)…
登山画像
コオニユリ(ユリ科)
登山画像
朝靄が、晴れてきました・・白い虹は、見られま…
登山画像
瑞々しい緑・・
登山画像
キンコウカとミカヅキグサ(カヤツリグサ科)
登山画像
オゼミズギク(キク科)
登山画像
マルバダケブキ・オタカラコウ(キク科)・咲き…
登山画像
平滑の滝
登山画像
靄の立つ…小さな沢・・
登山画像
エゾアジサイ
登山画像
三条の滝・・水量も多く、清涼感…迫力ともに満点…
登山画像
直瀑100mの滝では、最大級だそうです。尾瀬ヶ原…
登山画像
アリドオシラン(ラン科)ツルアリドオシと同じ…
登山画像
ツルアリドオシ(アカネ科)対の花がつくので…へ…
登山画像
ヤマナメクジ・・20cmくらいある!(普通の6〜…
登山画像
越後方面
登山画像
また・・会えたne・・(嬉)
登山画像
たくさん・・
登山画像
ノアザミ
登山画像
燧ケ岳登山口へ戻ってきました。〜お疲れ様でし…
登山画像
ヨツバヒヨドリ
登山画像
御池ロッジでお風呂(500円)を頂き、スッキリ汗を…
登山画像
アルザ前の檜枝岐温泉スキー場で雪遊びゲレンデ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やぎやぎさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やぎやぎ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...