燧ヶ岳ひうちがたけ

百名山 東北百名山

燧ヶ岳

福島県南会津郡桧枝岐村に位置し、日光火山群の一峰である。福島県の最高峰であり、これより北にはこれ以上高い山はない。しかし、東北の山というよりは尾瀬のシンボル的な山である。
 山頂は、最高峰(西峰)である柴安嵓(しばやすぐら)(2356m)、三角点の置かれた爼嵓(まないたぐら)(2346m)、ミノブチ岳(2220m)、赤ナグレ岳(2240m)、御池(みいけ)岳(2260m)の五峰が居並ぶ。山は円錐形で、輝石安山岩からなる。日本最大の高層湿原である尾瀬の成立には、この燧ヶ岳火山が大きく関わっている。すなわち、只見川はこの燧ヶ岳の火山活動によって堰止められ、尾瀬が出現したと考えられている。ヒウチの名は火打ちで、火山に由来していると思われる。一説には、会津駒ヶ岳側から望むと「火打ちばさみ」の雪形が見られるためともいわれる。
 燧ヶ岳を開山したのは、尾瀬沼のほとりに建つ長蔵(ちようぞう)小屋の初代平野長蔵であった。当時桧枝岐に住んでいた長蔵は、沼畔に小屋を仮設して燧ヶ岳登山の足掛かりにした。長蔵は燧ヶ岳を信仰の対象として開山したのであった。燧ヶ岳の祭神は「燧大権現」でカツラギヒトコヌシ神という。爼嵓山頂にその石祠が祭られている。
 尾瀬のシンボルというだけあって、その展望の主役は尾瀬ガ原と尾瀬沼である。向こうにもう1つのシンボル至仏岳の姿が美しい。展望は日光連山も主役である。最高峰である白根山をはじめ、金精山、温泉ヶ岳、男体山などの峰々から、また那須連峰、上信越の山々、越後三山、会越の山々から飯豊連峰まで、関東と東北の山がずらりと並び圧巻である。山頂付近の火口ガレ場地帯にはコマクサの花が咲くが、株が極端に少ないため、現在一般の立ち入りが禁止されている。
 登山道は5コースある。長英新道とも呼ばれる燧新道は、平野長蔵と長英が親子2代にわたって切り開いた道で、長蔵小屋から3時間15分。尾瀬沼畔である沼尻からの沼尻コースは、最も古いコースで、ナデッ窪の急な斜面を一気に登り、所要2時間30分で、ミノブチ岳の途中で長英新道と合流する。湿原地帯を抜ける変化に富んだ御池コースは、熊沢田代や広沢田代を経て所要3時間30分。以上3コースは、燧ヶ岳山頂に直接登るものだ。
 一方、下田代や温泉小屋からのコースは、いずれも柴安嵓に登るコース。下田代からのコースは見晴新道と呼ばれ、温泉コースとともに樹林帯を登る静かなコースである。どちらも2時間30分で山頂に達する。この2コースはいずれも急登の連続である。

DATA

正式名称: 燧ヶ岳・柴安嵓
別名: 柴安嵓(しばやすぐら)
山域: 尾瀬周辺
都道府県: 福島県
標高: 2,356m
2万5千図: 燧ヶ岳

※ 燧ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

燧ヶ岳に行くモデルコース

燧ヶ岳周辺の最新情報

  • 原の小屋~尾瀬ヶ原
    原の小屋
    昨日至仏山と燧ヶ岳初冠雪。早朝は木道が凍結し落ち葉などで滑りやすい。紅葉のピークは数日後。防寒着必携。
    17年10月06日(金)
    尾瀬沼ビジターセンター~燧ヶ岳
    尾瀬沼ビジターセンター
    尾瀬沼ビジターセンターは閉館しました。また来シーズンのご来場をお待ちしています。
    17年11月10日(金)
  • 山ノ鼻ビジターセンター~至仏山
    山ノ鼻ビジターセンター
    山ノ鼻ビジターセンターは5/16に開館。鳩待~山ノ鼻間は、まだ残雪あり。すでにミズバショウが咲いています
    18年05月17日(木)
    会津駒の小屋~会津駒ヶ岳
    会津駒の小屋
    滝沢登山道は融雪進む水場まで美しい萌葱色。その上は大雪原。前爪アイゼン+紫外線対策を。土曜泊ゆとりあり(要予約)。
    18年05月17日(木)

登山口情報

  • 富士見下 
  • 大清水 
  • 鳩待峠 
  • 御池 
  • 小沢平 
  • 沼山峠 

  • 【富士見下】
    かつては尾瀬へのメインルートだった富士見下。戸倉方面から路線バスが運行されるほか、約30台の駐車スペースがあり、尾瀬では珍しく無料となっている。また公衆トイレと水場が設置されている。尾瀬ヶ原へは約4時間30分。

  • 【大清水】
    大清水は群馬県側からの尾瀬沼への玄関口。上毛高原駅・沼田駅からの路線バスや、新宿駅からの高速バスが運行されている。3カ所の駐車場のほか、2軒の山小屋と休憩所が営業している。

  • 【鳩待峠】
    尾瀬へのハイカーの半数が利用する鳩待峠は、交通混雑などにより約120日間のマイカー規制が敷かれている。規制期間中は戸倉に車を停め、バスかタクシーに乗り換える。環境への影響を考慮し、なるべく規制期間外も公共交通機関を利用したい。

  • 【御池】
    燧ヶ岳や尾瀬ヶ原への福島県側の拠点となるのが御池。会津高原尾瀬口駅から路線バスを利用するのがポピュラーだが、JR上越新幹線浦佐駅からバスと渡船で入る方法もある。駐車場も完備され、シーズン中は混雑する。マイカー利用で燧ヶ岳に登る場合、御池に駐車して燧ヶ岳、尾瀬沼で一泊して沼山峠へ抜ける周遊コースを組むのもよい。

  • 【小沢平】
    御池の西7kmにある小沢平は、尾瀬ヶ原や渋沢温泉への入口。アプローチは2通りあり、福島県側の御池か、新潟県側の尾瀬口から予約制バスを利用する。

  • 【沼山峠】
    沼山峠は尾瀬沼への玄関口で、尾瀬では鳩待峠に次ぐ利用者数となっている。マイカーは御池〜沼山峠間の通行が禁止されているので、御池から路線バスかシャトルバスに乗車する。

周辺にある山小屋

  • 元湯山荘 
  • 温泉小屋 
  • 原の小屋 
  • 第二長蔵小屋 
  • 燧小屋 
  • 檜枝岐小屋(ひのえまたごや) 
  • 弥四郎小屋 
  • 尾瀬小屋 
  • 渋沢温泉小屋 
  • 長蔵小屋 
  • 尾瀬沼ヒュッテ 
  • 東電小屋 
  • 尾瀬沼山荘 
  • 龍宮小屋 
  • 富士見小屋 

  • 【元湯山荘】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原赤田代
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/下~10/中

  • 【温泉小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原北端赤田代
    電話: 0241-75-2222
    営業期間: 5/下~8/下 9/中~10/中

  • 【原の小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0241-75-2038
    FAX: 0241-75-2374
    営業期間: 5/中~10/中

  • 【第二長蔵小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0278-58-7100
    営業期間: 5/中~10/下

  • 【燧小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0241-75-2059
    FAX: 0241-75-2456
    営業期間: 4/末~10/末

  • 【檜枝岐小屋(ひのえまたごや)】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0278-58-7050
    FAX: 0278-58-7000
    営業期間: 4/下~10/25

  • 【弥四郎小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 0467-24-8040
    FAX: 0467-22-7877
    営業期間: 5/1~10/中

  • 【尾瀬小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原下田代十字路(見晴)
    電話: 090-6254-2002
    FAX: 0241-75-2260
    営業期間: 5/中~10/中

  • 【渋沢温泉小屋】
    営業小屋
    場所: 三条ノ滝下流3.5km、渋沢出合
    電話: 0241-75-2105
    営業期間: 6/初~10/中

  • 【長蔵小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼東岸
    電話: 0278-58-7100
    営業期間: 4/下~10/下

  • 【尾瀬沼ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼東岸
    電話: 0241-75-2350
    FAX: 03-6888-5458
    営業期間: 5/上~10/下

  • 【東電小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原ヨシッポリ田代
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/下~10/中

  • 【尾瀬沼山荘】
    営業小屋
    場所: 尾瀬沼南岸
    電話: 0278-58-7311
    FAX: 0278-58-7636
    営業期間: 5/上~10/中

  • 【龍宮小屋】
    営業小屋
    場所: 尾瀬ヶ原中田代
    電話: 0278-58-7301
    FAX: 0278-58-7302
    営業期間: 4/末~10/下

  • 【富士見小屋】
    営業小屋
    場所: 富士見峠 アヤメ平入口
    営業期間:

燧ヶ岳に関連する登山記録

燧ヶ岳の近くの山

燧ヶ岳に関連する登山ツアー

18年07月06日(金) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
尾瀬・燧ヶ岳から至仏山縦走と榛名山
18年07月06日(金) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
尾瀬・燧ヶ岳から至仏山縦走と榛名山
18年07月16日(月) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『日本百名山 広大な尾瀬ヶ原を見下ろす眺望 東北地方最高峰・燧ヶ岳(ひうちがたけ) ~下山後入浴付き~ 2日間』 【上野出発】
18年07月22日(日) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『日本百名山 広大な尾瀬ヶ原を見下ろす眺望 東北地方最高峰・燧ヶ岳(ひうちがたけ) ~下山後入浴付き~ 2日間』 【上野出発】
18年07月28日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『日本百名山 広大な尾瀬ヶ原を見下ろす眺望 東北地方最高峰・燧ヶ岳(ひうちがたけ) ~下山後入浴付き~ 2日間』 【上野出発】
18年07月29日(日) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『日本百名山 広大な尾瀬ヶ原を見下ろす眺望 東北地方最高峰・燧ヶ岳(ひうちがたけ) ~下山後入浴付き~ 2日間』 【上野出発】
18年08月04日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級B(!)>『東北地方最高峰 日本百名山 燧ケ岳(ひうちがたけ) 2日間』【横浜・町田出発】
18年08月05日(日) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『日本百名山 広大な尾瀬ヶ原を見下ろす眺望 東北地方最高峰・燧ヶ岳(ひうちがたけ) ~下山後入浴付き~ 2日間』 【上野出発】

関連するツアーを探す

燧ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴
岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴 夏山登山で活躍すること間違いなし。「ヤルテクノGTX」の機能性と履き心地をモニターの方に試していただきました。ハイキング...
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
NEW 飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方
飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方 GHT踏査プロジェクトを行う写真家の飯坂大さんに、長期山行のための大型バックパックの選び方について聞きました
NEW グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
NEW 加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山!
加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
NEW いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開
いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト! 川の水を濾過し山頂で喉を潤す! 手軽ですばやく濾過できる「グレイル」の浄水ボトルを西表島の山でチェックしました。
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山
春~初夏に力強く咲くツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース
丹沢登山を日帰りで楽しむ人気コース 春から初夏の時期は、丹沢が最も賑やかになる。木々の緑、ミツバツツジやシロヤシオが稜線を彩る。