登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
御嶽山摩利支天&剣ヶ峰 御嶽山摩利支天、剣ヶ峰(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ぼいしん ドラ さん

この登山記録の行程

胡桃島ロッジ(10:00)・・・のぞき岩避難小屋(10:50)[休憩 5分]・・・八合目(11:20)[休憩 5分]・・・五の池小屋(12:15)[休憩 10分]・・・魔利支天乗越(12:40)・・・摩利支天山(12:55)[休憩 10分]・・・魔利支天乗越(13:20)・・・三ノ池乗越(13:30)・・・二ノ池本館(13:55)・・・剣ヶ峰(14:25)[休憩 10分]・・・二ノ池本館(14:50)[休憩 5分]・・・三ノ池乗越(15:15)・・・五の池小屋(15:40)・・・八合目(16:00)[休憩 5分]・・・のぞき岩避難小屋(16:35)[休憩 5分]・・・胡桃島ロッジ(17:35)

総距離 約14.9km 累積標高差 上り:約1,488m
下り:約1,488m
コースタイム 標準:10時間5分
自己:6時間40分
コースタイム倍率 0.66
胡桃島キャンプ場からは余り人が通らない登山道なので静かな登山が楽しめます。
その分登山道は余り整備されておらず、苔のついた岩や濡れた木の根等で滑りやすくなっているので注意が必要です。この日もすれ違った方は一組だけでした。
朝方は雨が降ったようで道はぬかるんだ所も多かったです。湿度も高めだったのかキノコの山でした。

のぞき岩で濁河温泉の登山道とぶつかるとしっかりした登山道となり、上りやすくなります。
この頃には天気も良くなり、摩利支天も見えました。
ホシガラスが松の実を食べる姿が多く見られました。

五の池から摩利支天までの道も急な所はありますが危険個所も無く、ゆっくり歩いてもコースタイムより短い時間で行けるかと思います。

二の池から剣ヶ峰までは火山灰や、被害に遭った山荘、曲がった灯篭など噴火の破壊力が良く分かる箇所が多かったです。とは言え、昨年登った時よりも石仏や賽銭箱が新しくなっていたり、小屋の再建築が進んでおり、以前よりも雰囲気は良かったです。
亡くなった方々へのお祈りを済ませ、少し休憩した後に下山を始めます。

二の池ヒュッテでは水を補給しました。クリスタルカイザー500ml300円なり。
小屋の人曰くここ数日は快晴続きで、摩利支天&剣ヶ峰が綺麗に見える日が3日も続くのは珍しい、とのこと。

帰りの森林帯(のぞき岩以降)も行きと同様、岩や木の根が非常に滑りやすいので、慎重に下りました。

摩利支天や継子岳、三の池に行く場合、この登山道が濁河より高低差、距離ともに少なく、ロープウェーの時間制限も無いのでゆったり、静かに登りたい方にはお勧めです。

登山中の画像
  • 胡桃島キャンプ場奥の登山口から10時に出発。
  • しばらくは森の中を進みます。 木の根が雨で濡れて凄く滑ります。
  • ベニタケ。毒キノコ大量発生してました。
  • ヒイロタケ?鮮やかなオレンジでした。
  • 濁河温泉からの登山道と合流します。
  • のぞき岩。天気も回復してきました。
  • 急ですがしっかり整備されていて歩きやすいです。
  • 八合目。お助け水とありますが水は出ていません。
  • 標高も2500を超え、ハイマツ帯へ。
  • 雲の上の石像。飛騨山頂(五の池)まであと少し。
  • 着きました。良い天気(^^)
  • 五の池ヒュッテ。新しくなってとってもオシャレになってます。シフォンケーキやラーメンまで。美味しそう。
  • 三の池と摩利支天分岐。摩利支天へ。
  • 三の池も濃い青色で絵の具で染めたよう。綺麗。
  • 五の池、継子岳も綺麗に見えます。
  • 賽の河原(二の池)と摩利支天分岐。 意外に早く着きました。
  • 剣ヶ峰、賽の河原が全部見えます。
  • 尾根では無く、巻き道のように脇を進んでいくので見た目よりも勾配はありません。
  • 摩利支天着。景色も風も最高に気持ちよいです。
  • 来た道を戻り、賽の河原へ下ります。
  • 白竜避難小屋。8人位はいけそうです。
  • 初代館長小川安太郎の像。存在感あります。
  • 賽の河原は小石を積んだ塔が凄く広範囲&沢山あって、初めて見た時はちょっと怖かったですね~。
  • 少し登ったら二の池です。
  • 二の池山荘本館。トイレも設備しっかりです。
  • 新しい賽銭箱が奉納されていました。
  • 全部灰だと思うと凄い量ですね~。
  • 石畳が丁寧に作られています。脇には噴火で焦げた植物が。
  • 倒れていた石像も元の位置に。
  • 山頂へ向かいます。多くの方が無くなっているので少し空気が重く感じます。
  • 頂上山荘。多くの方が撤去作業されていました。
  • 作業員さん達用の小屋でしょうか。
  • シェルター。
  • 頂上に着きました。ずいぶんきれいになっています。
  • 像や柵、ベンチも新調されています。
  • 一の池。
  • 山頂からの景色はため息が出るほど綺麗です。
  • 二の池ヒュッテまで戻ってきました。
  • ライチョウのオブジェ。ここにも雷鳥いるはずですが、今回は会えませんでした。
  • 徐々に雲が出てきたので少し先を急ぎます。
  • 夕焼けに染まった木々が幻想的でした。 17時半に胡桃島キャンプ場に戻ってきました。
この山行での装備
雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、ストーブ、燃料、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼいしん ドラさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼいしん ドラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?