登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大空を飛ぶ鳥の気分 「立山三山縦走」 雷鳥荘~浄土山~雄山~大汝山~真砂岳~内蔵助山荘~別山~雷鳥坂~雷鳥平~ミクリガ池~立山室堂ターミナル (北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ポンタポンタ さん

この登山記録の行程

《第1日目》
雷鳥荘前泊

《第2日目》
雷鳥荘(7:10)・・・立山室堂(8:15/8:20)・・・浄土山登山口(8:45)・・・浄土山・南峰(10:05/10:10)・・・一ノ越(10:45/10:50)・・・雄山(12:20/12:35)・・・大汝山(13:00/13:10)・・大汝休憩所(13:25/14:00)・・・・富士ノ折立(14:15)・・・真砂岳(15:20)・・・内蔵助山荘(15:30)

《第3日目》
内蔵助山荘(7:00)・・・別山(8:10/8:45)・・・剱御前小舎(9:20/9:30)・・・雷鳥坂・・・雷鳥平(11:20/11:30)・・・雷鳥荘(11:50/12:00)・・・ミクリガ池(12:20/12:25)・・・室堂ターミナル(12:40)


総距離 約13.8km 累積標高差 上り:約1,492m
下り:約1,444m
天候に恵まれ、素晴らしい大展望の中を歩くことができた最高の山行。
前泊した雷鳥荘では天体望遠鏡で中秋の名月、土星、木星を観測。
土星の輪っかや木星の茶色の横縞、光輝く月が美しく見事だった。
部屋の寝床から横になって窓越しの月を見ながら熟睡、
目覚めはすっきり、早く歩きたい気分だった。

朝から青空で稜線くっきり、これから初めて歩く道、初めての眺めに期待する。
浄土山から雄山へ向かう道、ミクリガ池を見下ろし、雄山を見上げながら進んで行く。
何て気持ちがいいのだろう。
雄山から富士山も見え、眺めは十分楽しみ、雄山神社は参拝は時間がかかりそうなので、
お参りは省略して大汝山へ向かう。
日差しが強く、首がじりじりして暑く痛い。
大汝山山頂で写真を撮るのにも順番待ち、さっと撮って休憩所へ
大汝休憩所で「至福の豆乳チャイ」を飲みながらおにぎりを頬張る。
小屋の中は涼しく快適で生き返った。
雄山から富士ノ折立へは歩きやすい稜線で果てしなく広がる眺め
まるで大空を高く飛ぶ鳥になった気分だ。
富士ノ折立からジグザグの急斜面もあり、注意が必要。
鞍部を歩き、大走り分岐から登り返すと真砂岳になり、数分下ると内蔵助山荘に着く。

内蔵助山荘はこじんまりとした山小屋、宿泊人数はかなり多いのに、
賑やかさはなかった。
待ちに待った夕食のアジフライはとても美味しかった。
締め切った部屋で8名で寝ると酸素が少ないのか、頭痛がして睡眠不足。
翌朝、沈む月と御来光を見ながら深呼吸したら、頭痛が弱まってきた。

最終日は、別山から雷鳥坂コースで室堂ターミナルへ
別山北峰から剱岳をじっくり眺める。
歩きごたえのありそうな早月尾根、迫力のある荒々しい岩肌、厳しさを感じた。
雷鳥坂を下っていると富士山がしだいに見えなくなり、小さなテントが見えて来た。
沢を渡り、カラフルなテント場を通る。
下ったと思ったら、最後に万里の長城のような階段を上る。
意外とこの階段が今回の山行で一番きつい気がする。
エンマ台付近はガスで目がしみ、喉が痛くて咳が出る。
ミクリガ池は空と山をきれいに映していた。
浄土山から別山まで、自分の歩いて来たルート全体が見え、歩いた道のりを思い返す。
最高に素晴らしい山行、思い出深いものとなった。
次回は大日三山を縦走したい。

登山中の画像
  • 前泊の雷鳥荘
  • 談話室
  • 浄土山へ向かいます。
  • 浄土山登山口
  • 雄山へつづく道
  • 浄土山北峰 富山大学研究所
  • 雄山へ
  • 奥大日岳 ここも縦走したい。
  • 雄山神社 3003㍍
  • 雄山 2992㍍
  • 黒部ダムが見える。
  • 大汝休憩所 至福の豆乳チャイで一息
  • 富士の折立 2999㍍
  • 急斜面をジグザク
  • 飛行機から見ているみたい。
  • 真砂岳 2861㍍
  • 内蔵助山荘
  • アジフライ美味しい。
  • 沈む月
  • 御来光
  • 富士山
  • 朝焼け
  • 日本海が見える。
  • 別山 2880㍍
  • 劔岳
  • 迫力がある。
  • 剱御前小舎
  • テントが見えて来た。
  • 秋の気配
  • カラフル
  • 万里の長城のような階段
  • テントが小さくなった。
  • まだまだつづく・・・。
  • 目がしみる。
  • 咳が出る。
  • ガスで枯れている。
  • ミクリガ池に浄土山が映ってる。
  • 雄山、大汝山、富士ノ折立
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ポンタポンタさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    2019年の営業終了。2020年は4月中旬より営業再開予定。予約は2月から受付
    19年12月02日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ポンタポンタ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?