登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
快晴の焼岳 中の湯新道から上高地周り 焼岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん

この登山記録の行程

中ノ湯(05:05)・・・中の湯温泉旅館(05:35)・・・焼岳登山口(05:53)・・・中の湯新道分岐(07:00)[休憩 2分]・・・焼岳北峰(08:08)[休憩 16分]・・・中尾峠(09:11)[休憩 2分]・・・焼岳小屋(09:27)[休憩 3分]・・・峠沢・・・焼岳登山口(10:39)・・・西穂登山口(10:46)・・・田代橋(10:51)[休憩 2分]・・・上高地バスターミナル(11:17)[休憩 5分]・・・河童橋(11:26)[休憩 10分]・・・上高地バスターミナル(11:41)

総距離 約13.3km 累積標高差 上り:約1,366m
下り:約1,173m
コースタイム 標準:7時間20分
自己:5時間56分
コースタイム倍率 0.81
今回は中ノ湯温泉の焼岳登山口の駐車場に駐車し中の湯新道から焼岳、上高地へ下山周回して、バスで中ノ湯バス停で下車して舗装道路を駐車場まで舗装道路約5キロを歩いて戻る行程です。
焼岳登山口の駐車場は20台位駐車出来る所で駐車場から明神岳、穂高岳が見えます。
早朝6時前でしたが既に8割程駐車されていました。

一時間程で中の湯新道分岐に出ると目の前に焼岳が広がって綺麗な笹原とナナカマド、カエデなどの彩とりどりの紅葉が本当に綺麗でした。空は快晴風もほぼ無く最高のコンディション♪
途中から振り返ると中央アルプス、八ヶ岳、南アルプスが雲海に浮かんで眺められもうしばらく上ると乗鞍岳もばっちり眺めながらは登りの疲れも吹き飛びます(^^)
北峰と南峰のコルに二時間ほどで到着!目の前に火口湖、そして先には笠ヶ岳が綺麗な形で登場でテンションあがりました。この辺りは硫黄臭がたちこめていて目の前に水蒸気が・・・。

ここから北峰迄少しの岩登りをすると焼岳北峰山頂到着!
何といっても目に飛び込むのは目の前の穂高岳と槍ヶ岳、そして笠ヶ岳、双六岳、上高地も眺められてその先に蝶ヶ岳も何とか見れました。
勿論登る途中もずっと眺められた八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、乗鞍岳もバッチリ!
南峰の先には白山も見る事が出来、まさに360度の大展望でした。

下山は焼岳小屋から上高地へ下ります。中の湯新道よりガレ岩の急登で少し気を付けた方が良いですが、危険とまではいかないです。何よりも天気が良ければ常に目の前に穂高岳、上高地の絶景を眺めながらなのでとにかくテンションあがります。
中尾峠では笹野原が広がり苔も豊富にあり3000メートル峰の岩山とのコントラストが美しいです。少し上がった丘が展望台になっているのでここからの眺めも格別でした。
焼岳山頂から60分位で焼岳小屋に到着。

小屋から上高地へも約60分くらいでした。焼岳を眺めながら笹野原の道をつづら折りに緩やかに下ります。焼岳を眺めながらの下山です。しばらく下山していくと樹林帯に差し掛かり大きな一枚岩の鎖場と二本繋げた梯子の下りです。この梯子ほぼ90度で登りより下りが少し高度感ありました。梯子からの下りは多めの岩のある急登下りで上ってくる人は結構大変そうでした。

登山口近くに沢があって水場あります。

登山中の画像
  • 中の湯新道 焼岳登山口(無料)
  • 直ぐ横が登山口入口です
  • 少し登って振り返ると雲海が♪
  • こんな樹林帯を登ります
  • シラビソが朝日に照らされて気持ちいいです
  • 見上げても快晴 テンションあがります(^^)
  • 笹帯になって緩やかな登り
  • 一時間程で開けてきました。 目の前に焼岳が早速
  • ナナカマドもこの位の高度になると色付いています
  • そしてこの紅葉♪
  • 中の湯新道分岐に到着
  • 中の湯新道側は紅葉が進んでいました
  • 木段
  • 振り返るとこの雲海の景色が元気付けてくれます
  • 霞沢岳方面 ちらっと明神岳
  • ヤマハハコが唯一ありました
  • 八ヶ岳、南アルプス、中央アルプスが良い眺めです
  • 乗鞍岳もバッチリ!
  • 大分近くなってきました
  • 南峰と北峰のコルに到着 目の前は南峰(通行禁止)
  • 火口湖
  • 後ろにも何やら美しい山が♪
  • 百名山笠ヶ岳ですね(^^)/ おおっ~って一人で言っちゃいました
  • 北峰方面のトラバース道 硫黄の匂いがします 水蒸気もあちこちで吹き上がっていました
  • 振り返ると素晴らしい景色
  • カッコいい南峰
  • 所々に見られる水蒸気
  • 岩壁をトラバース
  • 山頂までの最後の岩登り 5分位です
  • 2393m焼岳北峰山頂に到着
  • 上高地方面
  • 左側から笠ヶ岳、双六岳方面
  • 穂高岳方面 左奥に槍の穂先
  • 焼岳 南峰方面  右奥に白山
  • 白山のズーム
  • 乗鞍岳
  • 八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス方面
  • 霞沢岳方面
  • 奥穂高、前穂高、明神岳、その右に蝶ヶ岳が何とか確認できます 何枚も写真を撮ってしまいます
  • 更にズームの穂高岳
  • 上高地
  • こちらもズーム笠ヶ岳
  • 焼岳小屋方面から上高地へ下山します
  • 振りかえって山頂の焼岳北峰
  • こちら側は少し急登のガレ場です
  • こちら側は有害ガス噴出の注意とありました
  • 正面は常にこの眺めの下り
  • 左側も素晴らしい眺め
  • 中尾峠と展望台も美しい
  • 気持ちのいい縦走路
  • 笹原と笠ヶ岳
  • 中尾峠の分岐
  • 白山方面
  • そして焼岳 中の湯新道方面とはまた違って緩やかな山容ですね♪
  • 苔も綺麗です 寝ころびたくなります
  • 谷の方の笹原も太陽に照らされて綺麗でした
  • こんな穴からガスが出ていました
  • 間から穂高岳 この組み合わせもお気に入り♪
  • 振り返って焼岳方面
  • 焼岳小屋が近づいてきました
  • 新中尾峠 西穂高岳方面
  • 焼岳小屋に到着
  • 焼岳から60分位でした
  • 小屋から焼岳が少し見えます
  • 上高地方面へ 右上にはさっきまでの縦走路
  • そして焼岳 下からのアングルも良いですね
  • 綺麗な笹原
  • こんな道をつづら折れに下ります
  • 見納めの焼岳 見える角度で全く違った焼岳を楽しめました。
  • 大きな岩の鎖場
  • ちょっと高度感ありました 二段梯子 上から下るとほぼ垂直です
  • こんな梯子です
  • 見上げるとこんな崖
  • 霞沢岳
  • 樹林帯を下ります
  • 梯子渡り
  • こんな眺めを楽しみながら
  • シラビソ帯の木漏れ日も癒されます
  • 緩やかにトレッキングという感じに
  • 下の方はほんのり色付いている程度
  • 綺麗な沢があります水場
  • 登山口にでました 焼岳小屋から60分位
  • 霞沢岳
  • トレッキング♪
  • 田代橋
  • 田代橋からの眺め
  • バスターミナル
  • かっぱ橋からの穂高岳 ばっちり快晴です ♪ヽ(´▽`)/
  • かっぱ橋からの焼岳も(^-^)
  • バスで中ノ湯で下車(780円15分くらい)して舗装道路を徒歩30分で中ノ湯温泉通過
  • こんな道路をつづら折れに登ります 先に見えるのは明神岳、前穂高
  • 折り返しが10回あります 最後の10号 この先に登山口の駐車場に到着です。 中ノ湯のバス停から60分位でした(^_^;)
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    先日の雨の影響が残っているので、稜線ではスリップ事故にご注意ください
    20年02月24日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中
黒斑山スノーシューハイキング モニターレポート公開中 山麓の街、長野県小諸市内の歴史と食を楽しみ、翌日は浅間山の絶景が見える黒斑山へ。街と山を満喫した2日間のモニターレポート
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?