登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
甲ヶ山・矢筈ヶ山周回 甲ヶ山 矢筈ヶ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2019年10月16日(水)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、 師匠 さん 、 Ⅿさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大山香取から2㎞程遡った工事現場の手前に駐車
    11月2日まで舗装工事中です。

  • 天候

    ☁後☀ 10℃
    [2019年10月16日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

香取上Ⓟ8:40→大休峠分岐8:47→甲川分岐8:57→甲川の甲ヶ山分岐9:44→沢終点10:33→稜線11:00→ゴジラの背11:24→甲ヶ山11:29→12:20矢筈ヶ山 お昼13:19→13:50大休み峠14:05→14:50五右衛門風呂15:00→甲川分岐15:40→大休み峠分岐15:49→香取上Ⓟ16:00 


総距離 約9.6km 累積標高差 上り:約1,024m
下り:約1,080m
↑1,076m ↓1,040m 7:10分 17,990歩
香取の登山口は舗装工事中、現場事務所の前に止めさせてもらって出発です。
今日は甲川の谷筋にある秘湯、五右衛門風呂入浴が目的です。(^▽^;)笑・・・・

ひと汗かいてからの入浴がベターとの判断か?・・・香取から甲川へ下り、甲ヶ山へ登り返します。昨夜の雨で予想外に滑る登山道で、難儀しながら船上山から登って来る縦走路へ合流です。いつもは枯れている沢も、今日は水が流れて、濡れた石はよく滑る。

注意しながら450m程の急登を登ります。次にこのコースの核心部、ゴジラの背渡りへ向かいます。甲ヶ山について安心する間も無く、下りは滑りやすい岩壁下り。神経をすり減らしながらの下りです。最後の取りが6・7メートルの懸垂降下、濡れたザイルにしがみ付きながらやっとの思いで下りました。

追い打ちをかける様に小矢筈の岩下りが待っています。
そして、お昼過ぎに矢筈が山へ到着、お昼にします。丁度上空に青空が広がってきて、東大山が次第に見え出した。

40分ほどで大休峠へ下り、峠の避難小屋で小休止。
峠から中国自然歩道を川床方向へ帰り、大曲の手前の分岐を再び甲川へ向けて下って行きます。30分強下ったところに、五右衛門風呂入り口のテープがぶら下がっていました。

下山道を離れ、10分程で風呂到着です。早速風呂釜に入って撮影。しばらく、甲川の深い谷間に作られていてだろう作業小屋で、夜は風呂に入って酒盛りが楽しみだった頃に思いをはせてみた。

五右衛門風呂を堪能し、再び来た道を戻ります。朝登った林道を泥濘を避けながら下って丁度16時に駐車地へ無事下山した。

詳しい山行記録はブログ「いずみやま」でどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2019/10/20191016.html

登山中の画像
登山画像
舗装工事中の大休峠分岐
登山画像
甲川の甲ヶ山分岐
登山画像
甲川渡渉中
登山画像
水が流れる荒沢を登る
登山画像
沢が狭くなってきた
登山画像
急沢を登る
登山画像
ゴジラの背
登山画像
怖え~
登山画像
甲ヶ山登頂
登山画像
甲ヶ山下降中
登山画像
小矢筈下降中
登山画像
小矢筈と甲ヶ山
登山画像
矢筈が山登頂 1等三角点「二子山」
登山画像
矢筈ヶ山から甲ヶ山と小矢筈を望む
登山画像
東大山を望む
登山画像
自然歩道から杣道へ入る
登山画像
五右衛門風呂が待っていた(^-^;
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    「冬の大山」。一合目から土留め丸太が凍結し滑り止めの利用を。避難小屋利用は要注意
    19年12月02日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?