登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
全山紅葉の尾根を平ヶ岳へ(19.10.21) 平ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

道遙か さん

この登山記録の行程

平ヶ岳入口(05:06)・・・下台倉山(06:57)[休憩 3分]・・・台倉山(07:42)[休憩 10分]・・・白沢清水(08:35)・・・池ノ岳(09:41)[休憩 3分]・・・玉子石(10:03)[休憩 4分]・・・平ヶ岳沢源頭の水場(10:25)・・・平ヶ岳(10:47)[休憩 45分]・・・平ヶ岳沢源頭の水場・・・池ノ岳(11:50)[休憩 10分]・・・白沢清水(12:46)・・・台倉山(13:35)[休憩 3分]・・・下台倉山(14:20)[休憩 10分]・・・平ヶ岳入口(16:04)

総距離 約21.6km 累積標高差 上り:約1,938m
下り:約1,938m
コースタイム 標準:10時間34分
自己:9時間30分
コースタイム倍率 0.90
紅葉と湿原を楽しみに、鷹ノ巣から平ヶ岳へ。日帰り最難関の百名山、という評判が先に立つが、全山紅葉の中、遥かな頂を一歩ずつ目指す好ルートだった。

5時、暗闇をヘッデンを頼りに出発、長い行程なので先行者がいて心強い。初めは緩やかな林道で沢を橋で渡って間もなく急登となり、下台倉山まで一気に標高を上げる。展望のいいヤセ尾根でロープの垂れた岩場も多数、ところにより粘土質の急斜面で、登りは快調だが下りは慎重を要する。

明るくなると、視界が黄と赤のグラデーションで埋め尽くされて唖然、見渡す限りの全山紅葉。振り返ると思いの外近くに燧の双耳峰が立ち上がっている。下台倉から台倉山はほぼ水平移動、この辺りの色付きが最も鮮やか。台倉から先は雑木林に入るが、泥濘と、朝のうちは木道が濡れて滑るので要注意、一度ツルッと尻餅。池ノ岳の取り付きまでの間、何箇所か倒木あり、迂回の踏み跡がない箇所はごく最近倒れたものだろうか。

池ノ岳へは笹原の急登、山頂の岩場から振り返ると絶景。木立を抜けると景色が一変、黄金色の湿原へ。あまりに劇的で再び唖然。草原の中の木道を行き、玉子石に立ち寄ってからひと登りで平ヶ岳山頂、尾瀬側からガスが流れて燧を隠すも充足感でいっぱい。

帰りは日が高くなって紅葉が一層鮮やかに映える。ヤセ尾根を慎重に下って、登山口手前の沢で装備の泥を洗ってから16時に下山完了。

ルートの雰囲気は越後駒に似ているが、平ヶ岳の方は長いもののアップダウンがほとんどなく寧ろ楽に感じた。水場は山頂手前の平ヶ岳沢源頭は流れており澄んでいたが、飲んでないので水質不明。帰りに銀山平の白銀の湯で入浴(650円)。

登山中の画像
登山画像
池ノ岳から玉子石
登山画像
玉子石
登山画像
平ヶ岳沢源頭の水場
登山画像
平ヶ岳山頂から燧ヶ岳
登山画像
池ノだけ平ヶ岳山頂を望む
登山画像
台倉山から池ノ岳の間の倒木
登山画像
下台倉山から台倉山の尾根
登山画像
下台倉山
登山画像
下台倉山までのヤセ尾根
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

道遙かさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

道遙か さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!