登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大分 VOL.1 中岳~久住山(九重連山)(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年11月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大分自動車道「九重(ここのえ)IC」を出て直進し「九重インター入口」交差点を左折して国道210号線を進み「野上」の交差点を右折して県道40号線に入って南下します。うねうねと登っていくと「野上」交差点から約15kmで県道11号線(やまなみハイウェイ)にぶつかりますので、右折してさらに南下します。4つほどの温泉地を抜けると左手に標高1330mの「牧ノ戸峠」無料駐車場が有ります。150台ほど駐車可能でトイレが有ります。「九重IC」から約23km・40分です。快晴の土曜日の朝5時着で3割くらいの駐車でした。

  • 天候

    快晴、至軽風
    [2019年11月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

牧ノ戸峠駐車場(06:15)・・・沓掛山山頂(06:40)・・・扇ヶ鼻分岐(07:15)・・・星生山山頂(07:40)・・・久住分かれ(08:10)・・・天狗ヶ城山頂(08:30)・・・中岳山頂(08:45)[休憩 10分]・・・稲星越(09:20)・・・白口岳山頂(09:30)[休憩 10分]・・・稲星越(09:50)・・・稲星山山頂(10:05)[休憩 10分]・・・神明水分岐(10:25)・・・久住山山頂(10:45)[休憩 10分]・・・久住分かれ(11:15)・・・扇ヶ鼻山頂着(11:55)昼食・・・扇ヶ鼻山頂発(12:10)・・・沓掛山山頂(12:55)・・・牧ノ戸峠駐車場(13:20)


総距離 約15.0km 累積標高差 上り:約1,342m
下り:約1,342m
九州で一番人気のある山は「九重連山(くじゅうれんざん)」の「久住山(くじゅうさん)」ですが
その「九重連山」の最高峰は「中岳」で、「中岳」は大分県だけでなく九州本土の最高峰です。
そして、「九重連山」に行く大分自動車道のインターは「九重(ここのえ)」で、歴史を感じます。
台風の影響で延び延びになり、紅葉シーズンも終わりかけの11月初に、やっと入山しました。
紅葉は、山々の裾野に広がっていたので、広大な連山のエリアだけに各所で見ることができ
朝の紅葉から昼の太陽光の下の紅葉まで、広い範囲で見上げて見下ろすことができました。
人気のある山で、「牧ノ戸峠」は標高1330mなので多くの老若男女が気軽に登れる山です。
登山者の多くは「牧ノ戸峠」から「久住山」の往復の4時間コースです。このメインのコースは
お遊び程度の岩場も若干ありますが、年間通行者が多いため、とても広く歩きやすい道です。
しかし、その反面かなり荒れていて、各所にロープが張られていて、植生復元中の状態です。
見渡す限り、周囲に山が存在する「九重連山」なので、愛山家は時間が許す限り縦走します。
右回りか、左回りか、それとも8の字かといろいろ計画ができ、すべての道がつながっていて
目的の山が絶えず見えて、短時間で登頂ができる、恵まれた環境の非常に楽しい山々です。
外せないのが、盟主「久住山」と最高峰「中岳」で、中間の「久住分かれ」にトイレがあります。
今回は時計回りに「星生山」から「久住山」そして「扇ヶ鼻」と縦走しましたが、唯一の危険の
個所は「星生山」から「久住分かれ」までの岩稜帯です。はやる気持ちを抑えて回りの景色に
見とれずに、3点支持で進めば問題はありません。次々と続く楽しい登山に熱中していたら
気づくと、合計9座の縦走の結果、総距離15km、累積標高差1300m超となっていました。
しかし、まだ周囲には手が届く範囲に山々が存在し、また来たいと思う「九重連山」でした。

登山中の画像
登山画像
「牧ノ戸峠」駐車場で0セットです
登山画像
最初はコンクリートの坂を登っていきます
登山画像
朝霧に浮かぶ「三俣山」の影が素敵です
登山画像
振り返ると周辺が温泉地であることを実感します
登山画像
「九重連山」側に出て朝の紅葉に見とれます
登山画像
沓掛山山頂 176m (本日1座目)
登山画像
荒れてロープで区画された広い登山道は霜で白い…
登山画像
扇ヶ鼻分岐 274m
登山画像
盟主の「久住山」は右ですが左の「星生山」を目…
登山画像
「星生山」へは左から巻いて登っていきます
登山画像
結構な急登を登っていきます
登山画像
星生山山頂 430m (本日2座目)
登山画像
さあ「九重連山」の本格的な縦走の開始です
登山画像
左手は「硫黄山」の噴煙で景色が違います
登山画像
唯一の険しい岩稜帯が続きますがそこそこです
登山画像
「阿蘇の涅槃像」も見渡すことができます
登山画像
眼下に避難小屋とトイレのある「久住分かれ」が…
登山画像
久住分かれ 301m
登山画像
左の九州本土最高峰の「中岳」を目指します
登山画像
まずは「中岳」の手前にある「天狗ヶ城」に登り…
登山画像
振り返ると縦走してきた山並みがカッコイイです
登山画像
天狗ヶ城山頂 448m (本日3座目)
登山画像
「天狗ヶ城」から一度下りますが正面が「中岳」…
登山画像
「御池」の向こうには盟主「久住山」が待ってい…
登山画像
さあ九州本土最高峰の「中岳」に取り付きます
登山画像
中岳山頂 458m (本日4座目)
登山画像
「中岳」の先には「稲星山」ですが下って左に行…
登山画像
人気の「九重連山」でも人が歩かない道は大変です
登山画像
稲星越 345m
登山画像
左の「白口岳」を目指して登って行きます
登山画像
ラムサール条約の湿原「坊がつる」と彼方に「由…
登山画像
白口岳山頂 390m (本日5座目)
登山画像
稲星越 349m
登山画像
「稲星越」から「鳴子山」へは通行止めなので「…
登山画像
もうすぐ「稲星山」です
登山画像
稲星山山頂 431m (本日6座目)
登山画像
いよいよ「九重連山」の盟主「久住山」に向かい…
登山画像
ここでは「神明水分岐」まで一度大きく下ります
登山画像
神明水分岐 333m
登山画像
人が見えるあのピークが「久住山」です
登山画像
この岩場が続く先が「久住山」の山頂です
登山画像
久住山山頂 449m (本日7座目)
登山画像
見渡すと避難小屋のある「久住分かれ」も確認で…
登山画像
下山を開始しますがぞくぞく皆さんが登ってきます
登山画像
久住分かれ 306m
登山画像
振り返ると凛々しい出で立ちの「久住山」です
登山画像
メインルートは登山道ではない雰囲気です
登山画像
下山途中で左の「扇ヶ鼻」に立ち寄ります
登山画像
「扇ヶ鼻」山頂からも「阿蘇の涅槃像」がきれい…
登山画像
「扇ヶ鼻」山頂からは「九重連山」も一望できます
登山画像
扇ヶ鼻山頂 356m (本日8座目)
登山画像
多くの人で荒廃しているメインの登山道を下って…
登山画像
こんな場所があると登山道だと再認識します
登山画像
沓掛山山頂 180m (本日2回目/9座目)
登山画像
スタートで朝日の中で見た紅葉とは違った美しさ…
登山画像
下の方に「牧ノ戸峠」駐車場が見えてきました
登山画像
「三俣山」の裾野の紅葉が見事です
登山画像
「牧ノ戸峠」駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れさまでした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、防寒着、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ホイッスル、ロールペーパー、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ライター
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 法華院温泉山荘 ~九重山
    法華院温泉山荘
    本日青空広がる快晴。朝の気温-5℃。山の上の池は早朝凍結していました。軽アイゼンは必携
    20年01月21日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?