登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
秋の八溝山~池ノ平 八溝山(関東)
img

記録したユーザー

TakayaGoto さん
  • 日程

    2019年11月17日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:八溝山は山頂まで車で行けます。全区間舗装されていますが道幅が狭いので見通しの悪いカーブでは対向車要注意です。今回は山頂少し下の駐車場を利用しました。6台ほど停められ、すぐ横にトイレがあります。山頂までは徒歩10分程度です。

  • 天候

    晴れ
    [2019年11月17日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

登山口駐車場(09:40)・・・0:10・・・八溝山(10:00)[0:10]・・・1:30・・・池ノ平(11:50)[0:20]・・・1:29・・・八溝山(13:20)[0:01]・・・0:24・・・登山口駐車場(13:29)

そろそろ紅葉が見ごろかと思い、写真撮影にでかけてきました。
この日は晴天でしたが北風が強く、体感温度はかなり低かったです。歩き始めの午前中は予備防寒着のダウンジャケットとイヤーウォーマーが役に立ちました。
八溝山は茨城県の最高峰(標高1022m)ですが、山頂まで車で行けます。神社と無料展望台以外は特に何もなく訪れる人もまばらなので静かに過ごせます。次回はグランドシートやクッカーなどを持参してコーヒーでも淹れて飲んでみたいです。
山頂から池ノ平まで往復して紅葉を楽しんできました。付近は基本的には針葉樹林なのですが、ところどこ広葉樹もあり、暗い杉林との対比で印象的な光景を見つけることができます。
登山道自体に難しいところはありませんが、枯れ葉に隠れた浮石がところどころあるので、油断は禁物です。また枯れ落ちた枝やクマザサの茎に引っかかってバランスを崩さないよう注意しましょう。
写真撮影主体で往復3時間少々のお手軽ハイキングでしたが、帰宅後GPSの記録を見てみると、累積標高差は600m程度だったようです。
撮影機材:Nikon D850+28mm f1.4E

登山中の画像
  • 概ね晴れのようです。山頂の気温はもう少し低いと思うので、予備防寒着を持って行くことにします。
  • 山頂から少し下の駐車場です。6台ほど停めることができます。さらに山頂付近にも車を停めるスペースがあります。
  • この先から登山開始です。と言っても舗装された車道を10分ほど登るだけです。
  • こんな感じの道路。両脇の落ち葉が季節を感じさせますね。
  • こちらが山頂の展望台と神社です。展望台は無料です。
  • 立木に囲まれていますが展望台に上がると一気に見晴らしが良くなります。
  • 西の方角です。遠く那須連山が少し白くなっています。
  • 東の方角です。すぐ下の神社の裏手に頂上三角点があるようです。行ってみましょう。
  • こちらが山頂です。標高1022mで茨城県最高峰です。
  • 池ノ平方面に向かって少し進んでみます。紅葉が見れるといいのですが。
  • 右手は杉林です。
  • ありました。針葉樹にまぎれて赤や黄色の広葉樹がところどこあります。
  • 真っ赤な紅葉が青空に映えます。
  • 登山道はこんな感じ。落ち葉や枯れ枝を踏みながら進む音だけでも秋を感じます。
  • 紅葉を売りにした観光地ではないので、おどろくほどきれいな光景ではないのですが、まばらなので見つける楽しさがあります。
  • 光の当たり具合では黄金色にも見えるから不思議です。
  • 基本的には針葉樹林帯ですが、山肌はかなり傾斜がきついようです。
  • 黄色い葉も青空に映えますが、次の週末にはほとんど落ちてしまうかもしれません。
  • 入山方面との分岐点になります。この付近のルートは、国土地理院地図の表記とは違っていました。ちょっと注意が必要です。
  • 赤、黄、青の組み合わせがきれいです。
  • 何か美しさを競い合っているようにも見えます。
  • なんでもない枯れ葉に陽の光があたると鮮やかになります。
  • 標識によると一応ここが池ノ平のピークと思われます。「池ノ平 標高879.7m」と読めます。ただしGPSの地図によると登山地図上の池ノ平ピークはもう少し先のようでした。お腹がすいたのでここでお昼にしました。
  • おにぎりを食べながら、ふと横を見るとかなり低い位置に紅葉を発見です。
  • 食事を中断して撮影開始。同じ被写体でも撮る位置や角度で全く違った見え方になります。満足したので、食事のあとは地図上の池ノ平ピークまでは行かず、ここから八溝山まで引き返すことにしました。
  • 同じルートを引き返しているのですが、行きと帰りでは見る方向や光の具合が異なるので、違った見え方をします。もしかしたら行きに撮ったのと同じ木かもしれませんね。
  • 今度は左手が杉林になります。それにしても急斜面です。下まで一気に滑落することはないと思いますが、紅葉に見とれて上ばかり見ていると危険です。
  • 単なるクマザサですが、光の当たりぐあいではきれいな感じに見えるから不思議です。
  • 登山ルート右手の北西方面ですが、なんだか冬が迫ってきている感じです。
  • 再び八溝山の頂上に到着しました。通常の登山は登って下るものですが、今回は頂上から別場所へ下った後、また登ってきて終了という珍しいパターンになりました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

TakayaGotoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

TakayaGoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年9月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...