登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
泉ヶ岳・北泉ヶ岳(12月の青空に映える白い峰々)2109 泉ヶ岳・北泉ヶ岳(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん

この登山記録の行程

大駐車場(9:54)・・・:水神(10:43)・・・泉ヶ岳山頂 (11:39)【休憩10分】・・・三叉路(12:32)・・・北泉ヶ岳山頂(13:03)【休憩5分】・・・水神(14:12)(14:27)・・・お別れ峠・・・大駐車場(14:55)


総距離 約10.8km 累積標高差 上り:約938m
下り:約939m
 今年最後の山歩きは泉ヶ岳から北泉ヶ岳の周回コースと決め、天気予報を窺っていた。「てんくら」の予報では、25日の午前中がB、正午あたりがAで、気温も高く、風もない、絶好のコンディションとなった。「てんくら」は、山頂付近の予報も出してくれるため、今や私には欠かせない情報収集の手段になっている。

 朝の8時に家を出て、泉ヶ岳が見える場所で何度か車を止め、写真を撮る。山の上空には雲があるが、次第に晴れてくるだろう。泉ヶ岳大駐車場に着くと、止めてある車は10台弱しかない。昨晩、4、5センチほど降ったようだが、スキーができる状況にはない。

 今日は水神コースを歩き、泉ヶ岳山頂から北泉ヶ岳に向かい、三叉路からブナの原生林を歩いて北泉ヶ岳に至る予定である。北泉ヶ岳の山頂を踏んだら、三叉路、水神まで戻り、お別れ峠を経て駐車場に戻ってくることにしよう。いつも歩いている、勝手知ったるコースである。

 水神までは雪も深くなく、4、5センチの新雪を踏みしめて歩く。12月の空は、吸い込まれそうな深い青色である。ミズナラと赤松の林を過ぎ、坂道を歩いていくと、葉の落ちたカラマツ林に入った。クマザサの緑が新鮮に映る。50分ほどで水神に着き、ヒザ川の状況を確認して登山道に戻った。ここから先は急な登りとなり、雪も十数センチの深さになってきた。今日は長靴で正解のようだ。

 大岩を過ぎ、膝下まで雪がある吹き溜まりを過ぎて、さいの河原に着く。ここからの眺めは素晴らしく、蔵王連峰から面白山までが逆光に霞んでいる。視線を右手に移すと、遠くに朝日連峰が白く輝いている。さらに右手には、後白髪山、三峰山、船形山が大きく見えていた。ここから山頂まではあと少しである。山頂にはひとりの男性がザックを下ろしていた。

 山頂では休まず、北泉ヶ岳に向かう。少し進んだところに、絶好の展望地があるのだ。山頂部の雪は10数センチだが、踏み跡がしっかりついていた。展望地からは、蔵王連峰、大東岳、面白山がはっきり見え、その後ろに飯豊連峰を確かめることができる。朝日連峰は、空に浮き上がるように迫り、船形山の山頂部の小屋も確認できた。正面に大きい北泉ヶ岳の右手には、翁山、神室連峰、栗駒山が見えていた。ここで小休止。コーヒーを飲み、あんこやのどら焼きを食べてくつろいだ。

 三叉路に向かう下りは雪が深く、数十センチもあった。ツボ足での歩行は難しく、長靴出なければ簡易アイゼンが必要である。ここからはブナとダケカンバが目立ってくる。泉ヶ岳にはブナが少ないが、北泉ヶ岳には小規模ながらブナの原生林が広がっている。

 三叉路から北泉ヶ岳に向かうと、ミズナラとブナの巨木に出会う。このあたりの雰囲気は最高である。しばらくブナと青空を楽しみながら登り、13時3分に北泉ヶ岳山頂に着いた。灌木が伸びたため眺めは得られず、わずかに神室連峰と栗駒山の姿を見ることができる。

 山頂を踏んで、来た道を引き返す。三叉路から水神に向かい、右手に泉ヶ岳を見ながら下る。空は青く、風もない。雪と青、太陽のオレンジの光が美しく、このまま下山するのが勿体無い感じである。

 水神からカラマツ林を抜け、お別れ峠まで進んで、ここから大駐車場に下っていく。雪も少なくなり、濡れた落ち葉で滑らないように注意しながら登山口に戻った。駐車場には、3台の車が残っていただけである。登山者がやけに少ないなと思っていたが、そういえば、今日は平日だった。

登山中の画像
登山画像
芋沢地区より船形連峰を見る
登山画像
根白石地区より泉ヶ岳を見る
登山画像
泉ヶ岳が大きくなってきた
登山画像
スキー場の雪は少ない
登山画像
今日は長靴で
登山画像
少年自然の家
登山画像
熊谷住宅を見て登山道に戻る
登山画像
カラマツ林をいく
登山画像
もう少しで水神
登山画像
水神からは急な登り
登山画像
水神の碑を見ながら登る
登山画像
雪が深くなってきた
登山画像
大岩
登山画像
さいの河原
登山画像
風衝地帯
登山画像
遠くに白く浮かぶ朝日連峰
登山画像
蔵王連峰から面白山まで
登山画像
後白髪山(うしろしらひげやま)
登山画像
三峰山
登山画像
泉ヶ岳山頂
登山画像
北泉ヶ岳、船形山、三峰山、後白髪山
登山画像
面白山
登山画像
朝日連峰
登山画像
以東岳(左)
登山画像
奥羽山脈の手前に薬萊山
登山画像
船形山
登山画像
三峰山
登山画像
後白髪山
登山画像
青空が濃い
登山画像
北泉ヶ岳を見ながら下る
登山画像
ダケカンバの巨木
登山画像
ブナの樹間に北泉ヶ岳
登山画像
ブナの巨木
登山画像
ミズナラの巨木
登山画像
美しいブナの森
登山画像
急な登り
登山画像
泉ヶ岳を見下ろす
登山画像
北泉ヶ岳山頂
登山画像
神室連峰
登山画像
栗駒山
登山画像
12月の青空
登山画像
水神に戻る
登山画像
カラマツ林
登山画像
「熊」を鳴らして入山するらしい
登山画像
大駐車場にう戻
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ブナ太郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?