登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
忘年会登山 ダイヤモンド路をゆく【2日目】 屯鶴峯、二上山・雌岳、岩橋山、大和葛城山、金剛山、中葛城山、高谷山、神福山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年12月28日(土)~2019年12月29日(日)

  • パーティ

    3人 (Yamakaeru さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには「林間田園都市駅」をセット。駅近くのタイムズの駐車場を利用。一泊二日で1,000円ちょいだったので都会の割には比較的安かった。
    林間田園都市駅(南海電気鉄道高野線)から電車を2回乗り継いで上ノ太子駅(近鉄南大阪線)まで移動しスタート。

  • 天候

    2日目:晴れ
    [2019年12月28日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

2日目:
葛城高原ロッジ(06:38)・・・水越峠(07:33)・・・金剛の水(07:59)・・・金剛山一ノ鳥居(09:00)・・・金剛山(09:29)・・・国見城趾(休憩・ライブカメラ09:42~10:10)・・・久留野峠(11:20)・・・中葛城山(11:27)・・・高谷山(11:43)・・・千早峠(12:20)・・・神福山(12:32)・・・金剛トンネル(12:44)・・・行者杉(12:54)・・・杉尾峠(13:13)・・・タンボ山(13:25)・・・西ノ行者堂(13:41)・・・山ノ神(14:25)・・・紀見峠(14:40)・・・ 林間田園都市駅近くタイムズ駐車場(16:00)


総距離 約23.8km 累積標高差 上り:約1,273m
下り:約1,998m
<計画>
今年も振り返ってみると山を中心に、美しい風景や素敵な人との一期一会に恵まれ、楽しい想い出が詰まった宝箱のような一年だった。
さて、そんな山の総決算。恒例の忘年会登山として選んだのは「ダイトレ」こと「ダイヤモンド・トレイル」。一泊二日で 屯鶴峯から 紀見峠までを歩き、葛城高原ロッジに泊まり名物の鍋料理で舌鼓。もう何日も前からワクワクしていた。

<1日目>
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=183732

<2日目>
昨日のうちに作ってもらったおにぎりを食べ、6:30に出発。
空気が澄んでいて冷たいが、12月末にしては肌寒くはない。出発前にもう一度、葛城山の山頂に立つ。まだ薄暗いが、金剛山が目の前に大きく聳えているのが見えた。
水越峠へ向けて約400mを一気に降っていく。その途中、真っ赤な太陽が昇ってきた。力強い日差し。今日はよい天気になりそうだ。
水越峠からは暫く比較的平坦な道が続く。
「金剛の水」で一口飲んでから林道を上がっていく。
金剛山は金剛山地の主峰で、標高1,125mで日本二百名山の一つ。ダイヤモンド・トレイルのダイヤモンドもこの「金剛」からきている。低いながら地元の方々に半端なく愛されている山だ。網の目のように登山ルートが存在するので、いろんな登山が楽しめるのもその理由の一つだが、ここでしか見ることのできない花があるなど、花が豊富な山としても知られている。
長い階段を上り金剛山一ノ鳥居に到着。以前、冬の合宿に来た時には一面雪景色だったが、今日はどこにも雪はない。実は、この時期、金剛山に来ると楽しみにしているものがある。シモバシラというシソ科の多年草が作り出す氷の芸術「氷華」。シモバシラは秋に花をつけたのち枯れてしまうが、地中の根はその後もせっせと水をくみ上げる。その結果、マイナスを下回る寒い冬になると、くみ上げた水が枯れた茎から染み出して、ゆっくりと凍りながらシルクのような滑らかさを持った美しい氷の華を作り上げる。大きなものになるとそれはそれは神秘的で、その美しさに寒さも忘れてしまう。
一ノ鳥居の近くにシモバシラの群生地があり探すならここと、注意深く周囲を探すも残念ながらどこにも見つけることはできなかった。さすがにここまで暖かいと無理か。
でも、諦めきれなかったので、以前、見つけておいた他のポイントも念のため立ち寄ってみる。すると小さいながら2つの氷華を見ることができた。やった!!。仲間に一度見せてあげたいと思っていたので、喜ぶ仲間にミッションクリアーで大満足。
山頂で金剛山のカードにスタンプを押してもらう。受付のおじさんに「えらいご無沙汰だな」と言われる。関東に住んでいるとなかなかそう簡単には来れないよね。笑。
金剛山名物の「国見城趾のライブカメラ」に立ち寄る。インターネットカメラが設置されていて、山頂風景がいつでもライブ映像として確認できるのと、1時間おきに静止画が公開されるようになっている。急きょ欠席となったリーダーに「もうすぐ静止画に出ますよ」とメールを送ったら、「ライブ映像に既に写っていますよ」と返事が返ってきた。「一緒に写りたかった」とのこと。本当、楽しみにしていただけにご一緒できなかったのが残念です。
10時の静止画を待つ間、仲間がお湯を沸かしてお汁粉を作ってくれた。これが実に美味かった。5分前になるとぞろぞろと人が集まってきた。自分たちも輪の中に入る。誰かがスマホのスピーカーで時報を流してくれた。「ピッ、ピッ、ピーン。10時丁度をお知らせします。」ちゃんと撮れたのかスマホで確認してみると、小さく顔半分がギリ写っていた。笑。
金剛山から千早峠へ向かう。ちはや園地を抜け中葛城山(937.5m)、高谷山(935m)と素敵な縦走路が続いた。中葛城山はどこが山頂かよく分らなかったが、奈良県側の眺望が開けていた。高谷山で昼食。ここは全く眺望無し。
千早峠から行者杉まで来ると、アップダウンもかなり減ってくる。神福山(792m)、タンボ山(762.9m)を超えるとあとは紀見峠に向かって降っていくだけ。
今回、冬山を期待してアイゼン仕様の靴を持ち帰ってきたが、サイズが小さいため正直、縦走には辛かった。長い下りで、爪先をかなり痛めてしまったようで一歩いっぽが痛い。特に最後にとんでもなく長い下りの階段が地獄だった。
紀見峠の手前でエスケーブルートを使って峠近くの集落に出る。木を伐採していたおじさんが、大きな声で聞いてもいないのに指をさしながら「向こうだよ!」と道を教えてくれる。近所のおばさんが「縦走してきたの?お疲れさんだね」と声をかけてくれる。なんと親切で人懐っこい村だろうか。
忘年会登山もついに終わり。。。と書きたいところだが、ここから駐車場までのアスファルトが地味に長い。さらには道を間違えて遠回りでトボトボと帰る。
歩いていたらオレンジ色の柿を小さくしたような実があちこちになっていた。仲間曰く「ヘクソカズラ」の実らしい。実を手に取りながらギリシャ語のような「ヘクソカズラ」の由来をスマホで検索してみる。漢字で書くと「屁糞葛」とまあ汚い単語。どうも葉や茎に悪臭があることからついたらしい。慌てて実から手を放す。やばっ。笑。でも帰ってから調べてみるとヘクソカズラの実は、オレンジの色はあっていたがもっと小さくて丸かった。たぶん「カラスウリ」が正解のような気がする。
かくして駐車場になんとかたどり着きゴール。お疲れ様でした!!。
汗を「きらくゆ橋本店(スーパー銭湯)」で流す。750円/大人(土日祝日料金)。

登山中の画像
登山画像
モルゲンロートの大和葛城山。
登山画像
朝がやってきます!!
登山画像
息をのむような美しさ。
登山画像
年末にこんな清々しい景色が見れるとは。
登山画像
生まれ出た今日の太陽。
登山画像
木漏れ日の中、進みます。
登山画像
金剛の水でパワーアップ。
登山画像
笹の道。気持ちの良い金剛の登山道。
登山画像
金剛山一ノ鳥居。
登山画像
仁王のように。
登山画像
氷の芸術。氷華。
登山画像
自然の織り成す神秘です。
登山画像
金剛葛城神社。
登山画像
この奥が一番高いところですが、聖地につき、一…
登山画像
福の石。
登山画像
凍っている境内。
登山画像
ここが金剛山の本当の山頂です。うそ。
登山画像
国見城趾。
登山画像
0度。でも暖かい。本当ならマイナスなのに。
登山画像
どあああーーっと階段を登ります。
登山画像
中葛城山。
登山画像
修験者も歩きます。登山靴、はいていたけど。笑。
登山画像
行者杉。この近辺の古い杉を総称してそう呼ぶら…
登山画像
タンボ山。どんな由来なんだろう?
登山画像
山の神様。ここもなにか由来がありそう。
登山画像
数学の神様。
登山画像
どうぞ柿をお食べくださいとのこと。なんて親切…
登山画像
屁糞葛」の実?それとも「カラスウリ」の実?
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    ダイトレの続きは、いつ開始しますか?

  • Yamakaeru さん
    それは隊長の召喚にかかってるね。
    とりあえず信濃トレイルで待ってます。^_^

  • レオ さん
    お疲れ様でした。金剛山の樹氷もいつか見たいですね。ついでにダイトレの続きとか…(^.^)

  • Yamakaeru さん
    そうですね、隊長の号令でみんな何処へでも馳せ参じます。
    ^_^

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...