登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
御嶽山(王滝口より往復) 御嶽山(王滝口より往復)(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

中村 さん
  • 日程

    2013年9月6日(金)~2013年9月7日(土)

  • パーティ

    2人 (中村 さん 、R-Nakamura さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央道 伊那IC→田の原(王滝登山口)

  • 天候

    9/6 晴れ、9/7 曇り/霧
    [2013年09月06日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

9/6
田の原(王滝登山口)2180m 12:35-(2:40)-15:15王滝頂上山荘2920m-16:00剣ヶ峰3067m-16:30王滝頂上山荘
9/7
王滝頂上山荘 5:00- 5:30剣ヶ峰-6:00王滝頂上山荘6:50-8:50田の原(王滝登山口)


総距離 約8.7km 累積標高差 上り:約1,142m
下り:約1,142m
 田の原(王滝登山口)より、山頂を往復。コースタイムは5:40と日帰りの行程ながら、自宅から登山口までマイカーで5時間半程かかるため、王滝頂上山荘に1泊のプランとしました。
 初日は自宅を7時前に出て、12時過ぎに登山口駐車場着(約5時間半)。
 山頂部分はガスがかかっており、期待していた中ア等の遠くの山並みの展望が効かなかったのは残念だったものの、平日にも関わらず早朝から登ったと思われる日帰り登山客が多数下山して来る中、初めて登る登山道を、所々に咲く花を愛でながらゆっくり楽しみながら登りました。
 2時間半強で宿泊場所の王滝頂上山荘に到着。そこで必要最小限の荷物をアタックザックに入れ、残りは山荘に置かせて頂いて剣ヶ峰3067mを往復。山頂からはやはり残念ながら遠くの山並みの景観は得られなかったものの、美しい色合いの二ノ池を初めとする近場の素晴らしい景色は味わうことが出来ました。
 王滝頂上山荘のこの日の宿泊客は全部で5名のみ(定員70名)。美味しい食事を頂いた後、スタッフの方といろいろとお話しさせて頂くことも出来ました。
 翌日は日の出時刻に合わせて再度剣ヶ峰に登ったものの、天候は下り坂で、期待していた御来光も北ア・中ア等の展望も得られず仕舞いでした。王滝頂上山荘で持参の朝食を取った後、早々に下山。下山途中では、天候不良にも関わらず続々と多数の登山者(ざっと100名程度か)がと登って来るのとすれ違いました。
 なお服装に関しては、初日は気温は20度強ながら湿度も高く、前半は半袖・半ズボンでも汗だく。但し15時を過ぎて王滝頂上山荘から剣ヶ峰を往復した帰路では防風・防寒具が必要な状態でした。また2日目早朝の剣ヶ峰往復では気温は10度以下で風も強めだったため、防寒・防風対策(手袋を含む)が必須。山荘からの下山でも七合目付近までは雨具と手袋を付けて歩きました。

登山中の画像
  • 2013年9月6日(金) 12:00
  • 12:33 田の原(王滝登山口) 2180m
  • 12:34 田の原(王滝登山口) 2180m
  • 12:36 田の原(王滝登山口) 2180mより  御嶽山3067m方向
  • 12:55 田の原(王滝登山口) 2180m→八合目2480m
  • 13:00 大江権現
  • 13:00 大江権現
  • 13:37 八合目2480m
  • 13:41 八合目2480m上
  • 13:41 八合目2480m上より、 王滝頂上山荘
  • 13:46
  • 13:50 八合目石室
  • 14:00 熊?猿?
  • 14:32 イワギキョウ
  • 14:46 九合目石室避難小屋
  • 15:07 九合目石室避難小屋→王滝頂上山荘
  • 15:13 王滝頂上山荘2920m
  • 15:13 王滝頂上2936m
  • 15:15 王滝頂上2936mより 剣ヶ峰3067m
  • 15:15 王滝頂上2936mより
  • 15:26 王滝頂上2936mより 剣ヶ峰3067m
  • 15:27 王滝頂上2936mより 剣ヶ峰3067m
  • 15:52
  • 15:52
  • 15:53 御嶽剣ヶ峰山荘
  • 15:58 御嶽山 剣ヶ峰3067m
  • 16:04 御嶽山 剣ヶ峰3067mより 二ノ池
  • 16:06 御嶽山 剣ヶ峰3067mより
  • 16:13 御嶽山 剣ヶ峰3067m→王滝頂上2936m あっという間にガス
  • 16:16 御嶽山 剣ヶ峰3067m→王滝頂上2936m 
  • 16:21 御嶽山 剣ヶ峰3067m→王滝頂上2936m
  • 17:30 王滝頂上山荘 夕食(天ぷら!)
  • 18:00
  • 9月7日(土) 5:01 王滝頂上山荘前
  • 5:05 王滝頂上→剣ヶ峰3067m
  • 5:28 剣ヶ峰3067mにて
  • 5:30 剣ヶ峰3067mにて
  • 6:00
  • 6:51  王滝頂上山荘より下山開始
  • 7:12 一口水 2720m
  • 7:14 一口水 2720→田の原
  • 8:27 遙拝所
  • 8:38 田の原(王滝登山口)2180m 日帰り登山者が、ぞくぞくと。
  • 12:00
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

中村さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

中村 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました