登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
花の宝庫「唐松岳」(白馬村前泊) 唐松岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

Virginia さん
  • 日程

    2020年8月3日(月)

  • パーティ

    2人 (Virginia さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:8/2(日)自宅発(11:00)・・・所沢IC 関越道・・・藤岡JCT 上信越道 更埴JCT長野IC・・・県道35号線・・・R19・・・県道31号線・・・県道33号線・・・R149・・・ホテル白馬着(15:45)
    8/3(月)ホテル白馬発(6:10)・・・黒菱駐車場着(6:40)

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

黒菱第3ペアリフト(7:10)・・・黒菱平(7:20)・・・グラートクワッドリフト(7:23)・・・(7:29)八方池山荘(7:38)・・・八方ケルン(8:37)・・・八方池(8:50)・・・丸山ケルン(10:20)・・・(11:26)唐松岳頂上山荘(昼食休憩35分・ 12:01)・・・(12:25)唐松岳山頂(12:30)・・・(13:01)唐松岳頂上山荘分岐(13:05)・・・丸山ケルン(13:51)・・・(14:50)八方池(コーヒー休憩20分・15:10)・・・八方ケルン(15:21)・・・第二(憩やすみ)ケルン(15:29)・・・ (15:50)八方池山荘(15:55)・・・グラートクワッドリフト(16:00)・・・黒菱第3ペアリフト(16:13)・・・黒菱駐車場(16:20)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,165m
下り:約1,167m
梅雨もようやく明け本格的な夏山シーズンの初めは、麓に前泊して3000m級の山で日帰り可能な「唐松岳」に挑戦。標高差約1000mも今シーズン最長で、何とか踏破出来ました。

登山当日は宿提供の朝食は無しで、部屋で前日コンビニで購入した朝食を摂った後、6時過ぎに出発し黒菱駐車場まで自家用車で移動。

黒菱第3ペアリフトは7:10頃から乗車可能でした。黒菱平は雲の中、グラートクワッドリフトに乗り継いで、八方池山荘から登山開始です。

八方池までは観光客も行けるため、道中は花名の看板が多くあり大いに助かりました。夏から秋の花の種類の多さに圧巻。夢中で写真を撮りまくっていたら山頂まで到達できないのではと不安になりましたが、八方池にはほぼコースタイム通りで行けたので、その後は時間に注意しながら登って行きました。

各ケルンの周辺には残念ながらベンチがなく、登山道中の少し広めのスペースを見つけて、岩に腰かけて小休止を取りました。

気候は風がなくなると暑さを感じることもありましたが、風が吹けば涼しくそんなに汗をかくこともなく丁度良い感じでした。但し、唐松岳頂上山荘では再び雲が覆い風の通り道なのかレインジャケットを着て、フードを被ってもまだ寒かったです。山頂に向かって歩き始める時は手袋もしました。歩いているうちに寒さも気にならなくなりました。

山頂からは雲が多くて遠くの眺望はありませんでしたが、一瞬の雲の晴れ間に不帰ノ嶮辺りまで見ることができました。

下りは、唐松岳頂上山荘の前を通らずに左側の尾根道経由のルートで進み、八方池山荘の手前も木道を通らずに戻りました。

詳細は以下の通り。

白馬八方尾根 トレッキングガイドHP
https://www.happo-one.jp/trekking/

【~黒菱駐車場】
麓のオリンピックモニュメントや和田の野森教会を過ぎると道幅は細く、すれ違いがやっとといった感じの舗装路です。黒菱駐車場まで結構高度を上げて行きます。
駐車場全景は写真をご覧ください。6:40頃到着時点で3割程度、7時過ぎで6割程度の車が停まっていました。
「カフェテリア黒菱」の建物の1階にトイレがあります(男女別・個室多め・暖房温水洗浄便座付き)。

【黒菱第3ペアリフト・グラートクワッドリフト】
階段上のテントの下でリフト券購入申込書に代表者が記入して、並びます。7時過ぎ時点で15~20組ほどいました。
7:15~運行開始予定でしたが、少し早めに営業開始されました。チケット売り場で申込書を渡して購入します。往復大人一人1,200円。
人が溜まっていたこともあり、二人で1基に乗りました(帰りは一人で1基)。スピードは遅めで10分位で黒菱平に到着。

グラートクワッドリフト乗り場まで3分位歩きます。途中、鎌池湿原があり霧の中に幻想的な世界が広がっていました。
グラートクワッドリフト乗り場でチケットを切ってもらい、こちらも二人で1基に乗りました。スピードは大分速く、5,6分位で八方池山荘に到着しました。
両リフト搭乗時、足元に高山植物がたくさん咲いていて登山者の目を楽しませてくれます。

【八方池山荘~八方池】
リフトを降りて少し登った左側にトイレがあります(男女別、女性用は和式2室・洋式2室、男性用は覚えていないそうです。スミマセン)。
少し登って左折すると登山道の始まりです。石畳の道から木道へ続きます。お花の宝庫で、シモツケソウが一番多く咲いていました。
 第二ケルン(トイレあり)まで木道歩きとなり、そこからは岩がゴロゴロしている道になります。雲が大分取れて丸山まで見通せるようになりました。
登山道と八方池への分岐は、直進すると第3ケルンへ、木道を下ると八方池に行けます。私たちは八方池方面へ下りました。池の畔にはベンチがいくつかあって座って休憩出来ました。

【八方池~唐松岳頂上山荘】
八方池から上がって行くと、第3ケルンからの登山道と合流します。ここからは尾根道をひたすら登って行きます。
途中、左上前方に雪渓が見えてきました。「扇雪渓」です。近付くと雪渓へ下りていく道がありますが、私たちはそのまま登山道を進み、横目に雪渓を見ながら通過しました。遠くに「丸山ケルン」が見え、20分位で到達出来ました。
ここからまだ山腹の巻道をひたすら進み、いくつものピークを越えて、やっと唐松岳頂上山荘に到着しました。

山荘の前にはベンチが少ししかなく、既に登山客で埋まっていたので、建物沿いに木材が積んである所に腰かけて昼食を摂りました。
山荘内のトイレは協力金一人300円でした(今迄で一番高い!)。

【唐松岳頂上山荘~唐松岳山頂(標高2696.4m)】
 山荘の前から唐松岳方面の矢印標識に従い、少し下って山頂への尾根道に取り付きます。既に標高2500mを越えていて大分息も上がって来ましたが、あともうひと頑張りして何とか山頂へ到着しました。雷鳥との出会いに期待していましたが、少し雲が取れて来てしまったせいか、姿を見ることは出来ずに残念でした。

高山植物:シモツケソウ、イブキトラノオ、ヤマブキショウマ、モウセンゴケ、オオバギボウシ、キンコウカ、オニアザミ、ニッコウキスゲ、イワシモツケ、タテヤマウツボグサ、ヨツバシオガマ、ハクサンシャジン、ミヤマトウキ、ウメバチソウ、ホソバノキソチドリ、ハッポウウスユキソウ、タカネナデシコ、コボウズオトギリ、オヤマソバ、ヤマホタルブクロ、ミヤマクワガタ、ミヤマアズマギク、ハッポウタカネセンブリ、イブキジャコウソウ、ミヤマママコナ、ワタスゲ、クルマユリ、ワレモコウ、タカネマツムシソウ、ハッポウウスユキソウ、クモマミミナグサ、ミヤマカラマツ、イワイチョウ、ミヤマキンポウゲ、ユキワリソウ、チングルマ、イワカガミ、コマクサ、チジマギキョウ、他

下山後は、前泊したホテル白馬でもらった「エンジョイクーポン」を使って、ホテル内の「白馬姫川温泉しろうまの湯」で入浴(入浴料大人500円→400円)、白馬村内のファミレスで夕食後、帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
黒菱駐車場全景 7時過ぎで6割程度駐車。こちら…
登山画像
黒菱第3ペアリフト 青いテントの下で申込書に記…
登山画像
黒菱平の鎌池湿原
登山画像
タテヤマウツボグサ 八方池山荘からはお花の宝庫
登山画像
八方池山荘からの登山道
登山画像
イワシモツケ
登山画像
ハクサンシャジン
登山画像
キンコウカ
登山画像
シモツケソウ 今回一番多く咲いていた
登山画像
木道に変わる
登山画像
タカネナデシコ
登山画像
コボウズオトギリ
登山画像
ウメバチソウ
登山画像
ヨツバシオガマ
登山画像
ミヤマクワガタ
登山画像
ミヤマアズマギク
登山画像
ミヤマママコナ
登山画像
オオバギボウシ
登山画像
八方池山荘から1.5km、八方池まで1.2km地点にあ…
登山画像
第二ケルンへ向かう上りの木道
登山画像
第二(憩いこい)ケルンから八方ケルンを望む
登山画像
八方ケルン(標高2035m)
登山画像
まだまだ上りは続く
登山画像
タカネマツムシソウ 秋の花も咲き始めている。
登山画像
ハッポウウスユキソウ
登山画像
クモマミミナグサ 北アルプス特産種だそうです
登山画像
唐松岳登山道を直進すると第三ケルンへ。八方池…
登山画像
八方池へ下る木道。
登山画像
ダイモンジソウ 
登山画像
八方池
登山画像
湖畔にはベンチもある
登山画像
花名不明。セリ科で葉の形からオオカサモチかミ…
登山画像
カラマツソウ
登山画像
ユキワリソウ
登山画像
ミヤマキンバイの群落あり
登山画像
扇雪渓
登山画像
イワカガミ 今シーズン初めて見られました
登山画像
やっと丸山ケルンに到着
登山画像
この道を進み山を越えて
登山画像
まだまだ巻道は続く
登山画像
唐松岳頂上山荘
登山画像
唐松岳頂上山荘から唐松岳山頂へ続く登山道
登山画像
唐松岳山頂標(新)2696m
登山画像
唐松岳山頂標(旧)2696.4m
登山画像
下りは山荘へ寄らずに左側の尾根道を上がった
登山画像
その尾根道近くにコマクサが咲いていた
登山画像
唐松岳頂上山荘と下山道との分岐から山頂方面を…
登山画像
山荘に寄らずにこちらから下山
登山画像
岩間に咲くチシマギキョウが綺麗
登山画像
八方池 逆さ第三ケルンはならず
登山画像
やっと八方池山荘とグラートクワッドリフト乗り…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器、マット(個人用)、カップ
【その他】 ラップショーツ、スマートフォン、冷えタオル(首巻用・額用)、アームカバー(接触涼感)、虫除けネット、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、日焼け止め、日焼け止め色付きリップ、目薬
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Virginia さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...