唐松岳からまつだけ

三百名山

唐松岳

写真:藤沢健一  大黒岳―白岳間からの唐松岳(左)と牛首岳
 後立山連峰のほぼ中央に位置するが、地味な存在である。ピラミッド型をしたこの山が大きく美しく見えるのは、主稜線の大黒岳付近からである。
 主稜線を振り分けに、長野・富山両県からそれぞれ1本ずつの登山道が通じている。東からの八方尾根は、山岳スキー場として知られるが、途中の八方池は不帰ノ嶮を間近に仰ぐ憩いの場である(八方集落よりリフトなど利用して所要4時間)。西からの南越(なんこし)の道は、黒部渓谷からのもので、難路であったが、昭和61年、大黒鉱山跡まで尾根上をたどる新道に切り替えられた(祖母谷温泉より所要9時間)。
 唐松岳北方の主稜線は、両側面からの浸食によって険しいやせ尾根となって、不帰ノ嶮と呼ばれている。ここは白馬岳からの縦走では、電気回路における抵抗のような存在となっているのである。南方への稜線はすぐに牛首岳を起こすが、ここも険路である。
 八方尾根と主稜線とのジャンクションをなす小突起の西側に、抱かれるようにして唐松岳頂上山荘が建っている。間に深い黒部の谷を挟んで望む、ここからの剱岳の眺めは、後立山八景の1つに数えられよう。

DATA

山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県 長野県
標高: 2,696m
2万5千図: 白馬町・欅平

※ 唐松岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

唐松岳のガイド・ルポ

唐松岳に行くモデルコース

唐松岳周辺の最新情報

  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    2019年の営業は終了いたしました。ご利用ありがとうございました。
    19年10月16日(水)
    白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2019年の営業を終了しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月18日(金)
  • 冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    冷池山荘と種池山荘の2019年の営業を終了しました。たいへんありがとうございました。
    19年10月28日(月)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2019年の営業を終了し下山しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月15日(火)
  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    2019年の営業終了。2020年は4月中旬より営業再開予定。予約は2月から受付
    19年12月02日(月)

登山口情報

  • 猿倉 
  • 白馬八方 
  • 遠見駅(五竜遠見) 
  • 欅平 

  • 【猿倉】
    大雪渓から白馬三山縦走コース、白馬岳から栂池自然園に下山するコースなどの入山口として人気が高い猿倉へは、白馬駅からアルピコ交通バスでアクセスする。
    白馬駅~猿倉間のバスは例年4月下旬~10月中旬の運行。登山口に登山計画届出ポスト、トイレ、水場あり。

  • 【白馬八方】
    唐松岳方面へと続く八方尾根の入山口。八方駅からゴンドラリフトと2基のクワッドリフトを乗り継いで八方池山荘まで容易にアクセスできる。
    八方駅までは、白馬駅からアルピコ交通バスで5分ほどのバスターミナルから徒歩10分。

  • 【遠見駅(五竜遠見)】
    遠見尾根・五竜岳への起点となるテレキャビン山麓駅まではJR大糸線神城駅から徒歩20分ほど。ゴンドラに乗って8分でアルプス平駅に着く。

  • 【欅平】
    トロッコ電車の愛称で親しまれてる黒部峡谷鉄道の終着駅・欅平。黒部方面への登山の起点となる。
    電車は定員制のため、最盛期は予約客優先となるので、事前に予約し、時間に余裕をもった行動が必要だ。

周辺にある山小屋

  • 唐松岳頂上山荘 
  • 五竜山荘 
  • 村営天狗山荘 
  • 村営八方池山荘 
  • 白馬鑓温泉小屋 
  • 餓鬼山避難小屋 
  • キレット小屋 

  • 【唐松岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 唐松岳南東肩
    電話: 090-5204-7876
    営業期間: ゴールデンウィーク 6/中~10/中

  • 【五竜山荘】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・白岳鞍部
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 未定~10/中(予定)

  • 【村営天狗山荘】
    営業小屋
    場所: 白馬鑓ヶ岳・天狗ノ頭中間、天狗池畔
    電話: 0261-75-3788
    FAX: 0261-75-3810
    営業期間: 6/下~9/下

  • 【村営八方池山荘】
    営業小屋
    場所: 八方尾根第1ケルン上
    電話: 0261-75-3788
    FAX: 0261-75-3810
    営業期間: 通年

  • 【白馬鑓温泉小屋】
    営業小屋
    場所: 白馬鑓ヶ岳南東下
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 8/3~9/28(予定)

  • 【餓鬼山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 餓鬼山から西へ約40分
    電話: 0765-54-2111
    FAX: 0765-54-2607
    営業期間: 7/上~10/中

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 五竜岳・鹿島槍ヶ岳間、八峰キレット北
    電話: 0261-72-2002
    FAX: 0261-72-2280
    営業期間: 7/上~9/末(予定)

唐松岳に関連する登山記録

もっと見る

唐松岳の近くの山

唐松岳に関連する登山ツアー

20年04月04日(土) 関東 ・2日間 トラベルギャラリー
八方尾根から唐松岳
20年05月02日(土) 現地 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅱ」唐松岳
20年05月09日(土) 現地 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅱ」唐松岳
20年08月01日(土) 関東 ・3日間 トラベルギャラリー
唐松岳から五竜岳縦走
20年09月04日(金) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
唐松岳から五竜岳縦走
20年09月04日(金) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
唐松岳から五竜岳縦走

関連するツアーを探す

唐松岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ