登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
古寺登山口からの大朝日岳 大朝日岳(東北)
img

記録したユーザー

イケ さん
  • 日程

    2020年8月19日(水)~2020年8月20日(木)

  • 利用した登山口

    古寺鉱泉駐車場  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:月山道路(国道112号)の月山IC付近から県道27号に入り、大井沢方向に進む。大井沢集落を過ぎると、日暮沢方向への案内があるが、そのまま真直ぐ進むと、やがて古寺登山口への案内が見える。古寺方向へ右折し、キャンプ場、養殖場跡を更に右折する。やや進むと大きな駐車場 (約200台、仮設トイレ有)と、真新しい案内センター(R2.6.1オープン)が見えてくる。

  • 天候

    初日:晴れ(熱中症対策が必要)、2日目:晴れ(熱中症対策が必要)

この登山記録の行程

【1日目】
古寺鉱泉駐車場(05:30)・・・古寺鉱泉(05:35)・・・一服清水(06:55)[休憩 5分]・・・ハナヌキ峰分岐(07:05)・・・三沢清水(07:40)[休憩 5分]・・・古寺山(08:10)[休憩 10分]・・・小朝日岳う回路分岐(08:55)・・・小朝日岳から合流点(09:15)[休憩 10分]・・・銀玉水(10:25)[休憩 30分]・・・大朝日小屋(11:25)[休憩 120分]・・・大朝日岳(13:40)[休憩 10分]・・・大朝日小屋(14:00)

【2日目】
大朝日小屋(06:30)・・・小朝日岳(08:12)[休憩 5分]・・・古寺山(08:50)[休憩 10分]・・・三沢清水(09:20)[休憩 10分]・・・ハナヌキ峰分岐(10:00)・・・一服清水(10:05)[休憩 15分]・・・古寺鉱泉(11:25)・・・古寺鉱泉駐車場(11:30)

総距離 約16.9km 累積標高差 上り:約1,828m
下り:約1,828m
コースタイム 標準:9時間45分
自己:10時間45分
コースタイム倍率 1.10
 大朝日岳へのコースで距離もあり、なかなか体力を要するコースではありますが、コースのポイント毎にコースの方向などを記した真新しい標柱が設置されており、道迷いの心配もなく、全体を通してそれほどの急登もなく登りやすいコースだと感じました。
 とは言え、①古寺鉱泉すぐ先の尾根筋への登り、②古寺山への登り、③小朝日岳への登り、④銀玉水から朝日小屋への登りは、頑張りどころでした。
 特に夏場で、この両日は、下界では猛暑日とのこと、登山途中は暑さで大変でした。林間の登山道は、まだ涼しいのですが、日陰のない尾根筋では、体温調整が大変でした。銀玉水では、キンキンに冷えた水を頭からかぶって、一休み、いや、三休み(水場に3度水をかぶりに往復)してしまいました。
 朝日小屋に着くと、窓を全開にし、冷えた床にごろりとすると気持ちよく、思わずお昼寝30分でした。
 お昼寝後、貴重品のみを持って、山頂へ、上り15分程、下り10分程。
 山頂からは、少し白んでいましたが、月山、葉山、蔵王、飯豊などの山並みが良く見えました。鳥海山はかすかにその面影がわかる程度でした。近くには、古寺山、そして小朝日岳からの尾根筋の登山道、朝日小屋から中岳、西朝日岳、そして遠くは以東岳への尾根筋の山並みが、素晴らしい景観を示しておりました。
 当日の山小屋には10名ほどの登山者がおり、管理人さんは居ませんでしたが、各自それぞれにマスクをして、スペースを保つようにしておりました。当初、山小屋は4名で、この4名でよろしくと話しておりましたが、16時ころから続々と小屋泊登山者が増え、前述の通りで、賑やかでした。
 翌朝は、きれいに晴れ渡っており、ご来光がきれいに見えましたが、風が強く寒いくらいでした。
 しかし、日が高くなるにつれ、昨日と同様、暑い1日となり、下山時には、各水場で、頭から水をかぶって、クールダウンしながら、山を降りました。
 小朝日岳とう回路について、小朝日岳の山頂には、下山時に登ろうと登山時にはう回路を通りましたが、地図をもう少し良く読んでいればわかったのですが、大朝日側からの登りの方が50メートルほど上りが多く、しかも急登で、大変でした。そしてその上りでは、「山頂が見えたかな」と思うと、その先に更に高いところがあり、正に「逃げる山頂モード」の上りで、3度目の正直でやっと小朝日岳の山頂でした。
 小朝日岳へも登りたいとしたならば、古寺山への登りの後で、若干しんどいですが、大朝日岳への登り時に、登っておいた方が良かったかなと、思ったところでした。
 今回の登山では、登山前日に大江町朝日連峰古寺案内センターに1泊させていただきました。今年の6月にオープンしたばかりで、杉材をふんだんに使った内装はとても爽やかできれいでした。管理人さんはこれまで古寺鉱泉を管理されていたご夫婦で、ご両人ともとても気さくな、心あたたかな方達でした。夕食はヤマメの塩焼きや山菜などのお料理で、生ビールなどのお酒もいただけ、最高でした。
 管理人さんありがとうございました。
 案内センターはとても良い施設なんですが、ただこの場所は携帯が繋がらず、管理人さんへの連絡も衛星電話経由になるようです。携帯電話のAUが中継局を作るとの情報もあるようですが、ドコモを使っている私としては、ドコモさんに頑張ってほしいと思っています。年間多くの登山者があり、無事下山したことを心配する家族等にすぐに連絡できないのは、如何なものでしょうか。各電話会社の方々、よろしくお願いします。

登山中の画像
  • 朝日連峰古寺案内センター 手前に大駐車場(約200台 簡易トイレ有)
  • 古寺案内センターの宿泊部屋 (備え付けベッド上下2段で8ベッド) 同様の部屋がもう1部屋。 その他、畳の部屋もあります。
  • 古寺登山口
  • 古寺鉱泉建物(休止中) 登山道は建物の左を登っていく
  • 合体樹木(松と広葉樹が合体している。) 古寺鉱泉の先の尾根筋にあり、数多くの五葉松の大木がある。
  • 一服清水 まろやかで、冷たく、熱くなった体をクールダウンできた。
  • ハナヌキ峰分岐 右折で日暮沢へ、左折で大朝日岳方向
  • 三沢清水
  • 古寺山(標高1,501m)
  • 古寺山から小朝日岳を望む (左奥の富士山様の山)
  • う回路分岐 真直ぐ登ると小朝日岳の山頂 う回路は、標柱の上の草の蔭を右折
  • 小朝日岳からの登山道との合流地点
  • 銀玉水の標柱 銀玉水は左に数メートル下りた所
  • 銀玉水 キンキンに冷えた湧き水で、クールダウンには最高
  • 大朝日岳避難小屋
  • 大朝日岳山頂(標高1,871m)
  • 大朝日岳山頂より西朝日岳、以東岳方向を望む
  • ご来光 左下の富士山のような形の山は、小朝日岳
  • 下山開始 大朝日岳避難小屋の鐘 背景の山は右が中岳、その左が西朝日岳
  • 小朝日岳山頂を背景にして
  • 小朝日岳山頂にて
  • 小朝日岳山頂から大朝日岳山頂を望む
  • う回路分岐点から小朝日岳山頂を望む
  • 古寺山山頂 大朝日岳避難小屋の元管理人の仙人のような方から、大朝日岳について教わる
  • 一服清水まで戻ってくる
  • 登山口までと戻る
  • ハクサントリカブト 銀玉水の周辺や避難小屋の周辺
  • ヤマハハコ 銀玉水から避難小屋への登山道の周辺
  • イワショウブ
  • ニッコウキスゲの群落 銀玉水の上部の斜面
  • マツムシソウ 避難小屋の周辺
  • ハクサンフウロの群落 避難小屋の周辺
  • ウメバチソウ 大朝日岳山頂周辺
  • リンドウ 既にリンドウが咲いてきており、秋を感じます
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

イケさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

イケ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。