登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
甲斐駒 黒戸尾根 往復 甲斐駒ヶ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

asparakiwi さん
  • 日程

    2020年8月28日(金)~2020年8月29日(土)

  • 利用した登山口

    尾白渓谷駐車場  

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:JR小淵沢駅からタクシー3600円

  • 天候

    初日:雨、2日目:快晴

この登山記録の行程

【1日目】
尾白渓谷駐車場(09:30)・・・笹ノ平(11:42)・・・刀利天狗(13:27)・・・五合目小屋跡(14:19)・・・七丈小屋第1(15:20)

【2日目】
七丈小屋第1(06:00)・・・八合目(06:54)・・・甲斐駒ヶ岳(08:15)[休憩 15分]・・・八合目(09:24)・・・七丈小屋第1(10:00)[休憩 20分]・・・五合目小屋跡(10:56)・・・刀利天狗(11:32)[休憩 10分]・・・笹ノ平(12:54)[休憩 20分]・・・尾白渓谷駐車場(14:44)

総距離 約17.1km 累積標高差 上り:約2,699m
下り:約2,699m
コースタイム 標準:15時間10分
自己:13時間29分
コースタイム倍率 0.89
今年初めての南アルプスは、初めての黒戸尾根にした。当初は、黒戸尾根⇒甲斐駒ケ岳⇒アサヨ峰⇒鳳凰三山で計画していたが、全体の2/3は初ルートで、テント装備な上に、体力が昨年よりも落ちていることから、尾白渓谷から駒ケ岳の往復にした。
1日目、小淵沢駅を降りると天気は雨、そのため季節はほとんど秋だった。タクシーを捕まえて、尾白渓谷へ。駐車場奥から歩き始める、神社脇を抜けて尾白渓谷の吊り橋を渡り、登山道に入る。
1日目は終始雨、風はほとんどなく、やや蒸し暑い、視界は常に靄に遮られ、眺望はほとんど得られない。そこそこ雨が降っていたが、樹木に遮られて登山道は終始小雨程度。登山者のほとんどはレインウェアを使っていなかった。そこから先は・・・、苦しい思いをしながらひたすら高度を稼いでいく。南アルプスらしいよく整備された登山道、樹木との共存が素晴らしい。常に傾斜はきつく、滑る地面と合わさって、体力が奪われる。梯子と鎖場も嫌というほど多い。岩場の昇降ではザックの遠心力でバランスを崩す場面があったが、徐々に修正できた。細い尾根道が靄に包まれることで、天空へと繋がる道を歩むような何とも幻想的な景観だった。

七丈小屋に到着後、受付をし、テント場へ。小雨の中テント設営。日没近くになって一時雨が止み、徐々に視界が開けてきた。他の登山者としばし立ち話しながら、夕餉の支度。深夜にかけて再び雨脚が強まったが、翌朝の天候回復に期待しつつ眠りに落ちた。
困ったのは、隣のテントの主が独り言が多かったこと。どうも、自分の動作の一つ一つを言葉にしている感じ。「ライトを付けよう、コンロはどこだ、あった。次は水を出して・・・」何だか、工事現場の安全確認を一人でやっている感じ。それは日没後も数時間続いた。

翌朝5:00前に起床、テントを這い出してみると、天候は一転して快晴。眼下には一面の雲海が広がる。最低限の装備以外はテントに残し、駒ケ岳山頂を目指して出立。3kg以上減って身が軽い。やがて端正なピラミッドが姿を現した。岩をよじ登りながら山頂へ。四方に錚々たる山々が聳える。しばし素晴らしい景観を堪能した。
テント場に戻り装備を回収。カンカン照りで装備も乾いていた。
そこからの下りは、天気に恵まれて快調。地面も乾き、風も弱く、岩場や鎖場も難なく下れた。
尾白渓谷の吊り橋付近で河原に降りた。観光客が水浴びをする中、ザックを下ろし、靴を脱いで清流に足を浸す。ひんやりとした河の水が火照った足を癒してくれる。

駐車場に戻り、帰りのタクシーを待つ。冷えたレモネードを一杯。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

asparakiwiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    登山口~小屋まで凍結あり。場所によりハシゴの氷に注意。営業中(要予約、売店利用制限あり)
    21年03月04日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

asparakiwi さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。