登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
35年ぶりの瑞牆山 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

トッポ さん
  • 日程

    2020年8月30日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大面岩下ボルダー駐車場というのかな?
    みずがき山自然公園の500mほど南にある駐車場に停めました。
    6時前に到着5台程度

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

駐車場(06:05)…[休憩3回、10分]…瑞牆山(09:07)[休憩・昼食 51分]…不動滝(11:10)[休憩 5分]…林道終点(11:51)[休憩 2分]…駐車場(12:25)

最近仕事が繁忙になり、全然山にも行けず夏も終わりそう・・・
ちょっと溜まり気味になってきたところで瑞牆山に行ってきました。
富士見平小屋のほうから回って、帰りは不動滝のほうへ周回しようと考え、みずがき山自然公園の手前500mぐらいのところにある駐車場に車を停めましたが、予定と異なるコースを行くことになってしまいました。

予定では、駐車場から少し斜面を登り、遊歩道(?)にぶつかったところでほぼ水平に南下して天鳥川を渡って富士見平小屋方面へ行くつもりでした。
駐車場から登る道は踏み跡がしっかりしており、途中でこれ道か?というのを横切りましたが、遊歩道と思われる道に出会わず、斜面をかなり登って行く感じだったので、行き過ぎたと思い、引き返しました。引き返す途中二人組の登山者とすれ違いました。
先ほどのこれ道か?というところに戻り、そちらに進みましたが、天鳥川を渡る手前で踏み跡が心細くなり、川を渡った後もしばらく薄い踏み跡をたどっていきましたがいよいよ踏み跡すらわからなくなりました。このまま原生林の中を彷徨う自信もなかったので、踏み跡がしっかりしている先ほどの道まで戻ることにしました。
あとで調べると、駐車場からの道はもう少し南側から入らないといけなかったのかも。入ったところは特に道標もありませんでしたが、水平の遊歩道(?)があると思い込んでいたので適当に入ってしまったのが敗因かも。これで20分程度ロスってしまいました。

踏み跡のしっかりしているルートは赤いマーキングが適度にあり、こちらのほうが安心でした。が、けっこう急登もあり、途中足掛かりの乏しいところにはロープが設置されてました。ずっと樹林帯の中の道で途中一か所だけ岩にはめ込まれた道標がありました。あとで調べるとこれがパノラマコースなんですかね。富士見平小屋からの道に合流するまでは、先ほど出合った二人組(途中でなぜか追い越したようで、休憩している間にまた後ろから来ました)と、下りてきた人一人。あと、途中の洞ノ岩と思われるところで、別の二人組の声が聞こえたぐらいですかね。
富士見平小屋からの道と合流したところでは、こちらのコースに進入しないよう(?)ロープが張られてました。

ここからは、さすがに人が多くなり、山頂も賑わってました。
実は、35年ぶりの瑞牆山山頂でしたが、以前の記憶は全くなし。天気が良く、周囲の岩峰がよく見えていて、すごい迫力ですね。
金峰山も見えてましたが、遠くの山は見えず、途中で見えた富士山、釜無川はさんですぐ向こうにそびえる南アルプスの山々も見えませんでした。
山頂を去るころには金峰山も見えなくなり、もう少し展望を楽しみたかったです。

下山は山の北側、不動滝の方へ。こちらも斜面は急ですが、あまり岩はごろごろしていません。富士見平小屋からの道と比べると人は少なくなり、静かな雰囲気です。
不動沢に近づくと、小さな沢を横切ったり、道に沿って水が流れたりして暑い中でも涼しい気分になれます。林道終点には、車がかなり停まっていました。ここから往復する人もいるのかもしれませんが、周辺の岩で楽しんでいる人が多いんですかね。
林道を少し下って、芝生広場への遊歩道があるところからは林道ではなく、遊歩道に入りました。しばらくはけっこう登りますが、それほど急ではありません。そのまま歩いていくと、こちらにも岩が点在していて、岩に取り付いている人達もいました。
そのまま、駐車場近くまでいけるかと思っていたら、沢の手前ぐらいで道にぶつかり、まっすぐ行く道はありませんでした。しかたないので、斜面を下っていくとみずがき山自然公園の駐車場のところに出て、車までは林道を歩きました。

このあたりの道は変わってしまっているのか?要注意ですね。

登山中の画像
登山画像
右にうっすらと草の上に道らしきものが・・・こ…
登山画像
途中にあった道標。ちょっと暗くてピントがあっ…
登山画像
岩峰の脇から富士山
登山画像
富士見平小屋からの道との合流手前金峰山がきれ…
登山画像
富士見平小屋からの道との合流地点。ロープが張…
登山画像
瑞牆山山頂への道は岩がごろごろ
登山画像
瑞牆山山頂
登山画像
大ヤスリ岩に登っている方々がいました
登山画像
南アルプスは雲の中
登山画像
頂上直下の分岐で不動滝方面は右に。
登山画像
不動滝
登山画像
この岩はなんでしょうね。ここにも登っている人…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
【その他】 モバイルバッテリー
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

トッポさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    11月23日で金峰山小屋の今季の営業を終了しました。冬季の営業日をご確認ください
    20年11月24日(火)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    標高の高い所では凍結が想定されます。チェーンスパイクなどの用意を。11/23以降の営業は要問合せ
    20年11月18日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

トッポ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2020年12月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!