登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
涸沢で宴会...それに北穂東陵 穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

よおいち さん
  • 日程

    2020年9月11日(金)~2020年9月13日(日)

  • パーティ

    2人 (よおいち さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:アルピコ交通毎日アルペン号で上高地に5時過ぎ到着

  • 天候

    9/11曇りのち小雨、9/12晴時々霧、9/13雨のちくもり

この登山記録の行程

9/11
05:31上高地出発
06:18明神池
07:09徳澤園
08:06横尾着(休20分)
09:16本谷橋(休5分)
10:32 Sガレ
12:00涸沢ヒュッテ着
12:40涸沢出発
13:30屏風のコル(雨により引き返す)
14:45涸沢ヒュッテ着
9/12
04:58涸沢発
05:55南稜取付き(登攀具装着)ガイド一行が先行していったので、少し間隔をとる(休10分)
06:48東陵取付き
09:41北穂小屋(休憩40分)
10:19北穂
11:15最低のコル
12:00涸沢岳
12:10奥穂小屋
14:00涸沢ヒュッテ着
9/13
06:20涸沢ヒュッテ発
08:20横尾
09:20徳澤ロッジ(休20分相棒がチェックインの間ずぶぬれの体を乾かす)
10:20明神池
11:00小梨平(昼飯:入浴不可)
11:44河童橋
12:00上高地温泉ホテル(入浴)
13:30上高地BT


総距離 約5.6km 累積標高差 上り:約1,232m
下り:約1,262m
 リッジの切れ目から岩壁を覗き込んでルートを探る。 私に行けと相棒が目で言ってる。アンザイレンし支点を作りながら考えた。直情もできそうだがその先は?壁をトラバースなら手前三歩ぐらいは信用できそうだが...」その先にもろそうなスタンスがつづいていた。下はすっぱり切れ落ちている。壁に乗り込みフレークでランニングをとった。と思ったら近くにピトン?。よく見ると先にもあるじゃん。。。。北穂東陵核心の1ピッチ目、先行していたガイド一行(ごっついガイドさんにおばさま二人)はもう斜面を北穂小屋に向けて登っている。
 朝5時少し前に涸沢を出て東陵基部からできるだけ右寄りの稜線に上がった(7時前)。何しろゴジラの背はあっという間に終わってしまうため、できるだけ長く距離を稼ぎたかったのだ。少しハイマツ帯を越えていくと、ゴツゴツしたリッジをコンテで越えてゆくガイド一行が見えた。我々もロープを出した。「ここからはゆっくり行こう」
 相棒は若く私とは親子ほど離れているが、福岡時代に同じヤマ屋に師事し(彼女のほうが約一年早い)しごかれ、登山学校では同級で中の下といった感じだったが何とか修了できた。山の志向が似ていて(あまり厳しいのは苦手、だもちょっとだけギリギリ感が欲しい)が近く技術レベルは同程度。三年前に私は転勤で東京に異動となり、福岡と東京で離れており、以前のようになかなか一緒の山行って訳には行かなくなった。ところが今年2020夏、相棒が縁あって槍近辺の小屋でバイトすることになり、この機会に何かやろうということで私から北鎌を提案した。短い休暇を利用して北鎌のコルからサクサクッとね。私としても来年湯俣から焼岳までやるかもしれないので核心の部分だけでもやっておきたかった。しかし相棒は事務所から「バリエーションは禁止」....。いささか不満だったが、涸沢でおちあい「なんかやろう」と云うことになった。私はわたしで、涸沢までは明神主稜から前穂経由で涸沢へ入ろうと計画したが、うちの会の代表に相談すると「明神主稜でもソロなら前穂北尾根と同レベルのルーファイが必要な上に地震による荒れ具合を調べる必要ありとのこと」。御もっとも....でこれも断念。パノラマも下部は崩れている。何もかも駄目って感じで今回山行は横尾経由で涸沢に無駄に重い食材を担いあげる『宴会山行』と言った感じの計画になった。唯一北穂東陵だけが「ぼぼ一般道扱い」という相棒の自己判断で、山行での楽しみはここ一点となった。
 一旦切れ目に戻ってギヤを整え、再び壁に立ち込む。ルートが見えればもうあまり怖さは無い。ヌンチャクをかけて一歩一歩。最後の一歩が足が遠かったが手がしっかりあるので足をのばしてリッジ上に戻った。
中間でピッチを切り相棒を引き上げ、そのまま二ピッチ目をリードしてもらった。一旦ロープを束ね背ビレの先端まで移動。少し手前からクライムダウンする手もあったが「最近懸垂下降してない」ってことでロープをかけ懸垂でおりた。
 そこから小屋を目指してルートを探しながら急登をゆく。相棒の足は確実に強くなっている。夏にあった時も「早い」とおもったが今は標高3000Mで生活しキレットを庭にしているのでさらに強くなっている。こっちは55歳(一昨日なったばかり)のおっちゃんだしついて行くのが精一杯。北穂小屋のテラス側に回り込みながらテラス脇の階段から小屋にあがり一息着いた。(今回、行動食・財布・サングラスもヒュッテにわすれてきたので) 相棒に貰ったあんパンをパクつき、二人でコーヒーをのみなからしばし余韻にひたった。その後は予定どおり奥穂に向かって岩稜歩きを楽しんだ。鎖やハシゴがあり過ぎでの岩稜歩きは興ざめだったが、道中では福岡の近況やこちら(関東)の山行、各々の仕事の事、或いは以前やったやまの思い出などなどペチャクチャと女子会のようにはなしていたら涸沢岳に着いてしまった。
 14時に涸沢に戻り15時頃からヒュッテのテラスに陣取りもつ煮をつまみにチビチビやってると隣の席にカップルか来て山の話とか雑談しながらしばし反省会をした。〆はステーキとご飯だったか、お隣さんに肉のおすそわけをしたら代わりに彼氏お手製の絶品うめジュースを頂いた。
 この日の山行を振り返り、距離も時間も短く技術的にも難しくない北穂東陵でなぜこんなに楽しかったのだろうと考えていた。未熟な我々が状況を判断し呼吸をあわせ難所を越えた充足感だろうか?。これからの、それほど長くない山の人生を、どのように築ってゆくかを考えたときに岳友の存在が極めて大きいことを認識した。......それはそうとこの鈍りきった足を鍛え直さないと相手してもらえなっちゃうよぉ。
追記①計画
今回の山行で横尾本谷をやるって案も考えたが、遡行中も小屋から丸見えだそうで相棒が気はずかしいので控えた。紅葉の時期に会メンバーを誘ってみたいと思う(ちなみに正規社員の通勤ルートらしい)
追記②夕食メニュー
初日がもつ鍋。ボッカを兼ねて生野菜とスープ入モツの重量メニュー、〆はサッポロ一番味噌ラーメン。もつ煮にはチャンポン麺だが蒲田のマルエツには無かった。
2日目はもつ煮汁入りをつまみにおかずは牛ロース。ステーキ肉を醤油ベースで2日間漬け込んでそのまま凍らせた。酒はワイン一本ビール350×2.ウヰスキーが600ml位。そのせいで初日のザックは20kgを越えた。
追記③初日
ヒュッテで落ち合ったあと屏風のかしらまでお散歩した。コルで天候悪化の兆しがありひきかえした。積雪なし、大きな崩れなし。
追記④2日目
東陵稜線上では終始晴天だったが、小屋の裏の丘から丸見えだそうで「見られてるのでは?」と心配していた相棒を最初はニヤニヤしながら見ていたが、次第にこっちも緊張してきて、「まるで父兄参観」の気分だった。
1ピッチ目のリッジの切れ目の先はリッジのに上りあげるルートが一般的かもしれない
追記⑤最終日
明け方3時からの雨が止まず、早々に下山を決めた。6:20ヒュッテを出て横尾に8:20徳沢ロッジ9:20。相棒はここでチェックイン。荷物を預け上高地まで送ってもらった。
追記⑥風呂事情
小梨平に11時前に着いたがコロナの影響で外来入浴は休止(テン泊者のみ)食堂でカレーうどんをすすりながら風呂探し。やはり外来入浴は温泉ホテルしかなかった。温泉ホテルは人員規制するので早めに行っとこうと言うことで河童橋をわたって温泉ホテルまで行くと12時。30分早いが掃除が終ったので直ぐに入れるとのことで有り難く頂戴した。850円。シャンプー石鹸あり

この山行での装備
【その他】 ・ザック:ミュータント50L
・生活:ツェルトⅡロング、張綱ペグ、マット全身、半シュラ、コッヘル、武器、ノズル、ガス缶250x1、プラティバスx2、ヘッドライト、モバイルバッテリー、金と保険証・カード、クスリ、トレぺ、ライター、スマホ、登山計画書、非常食、防水袋、筆記用具
・登攀具:ハーネス、PAS+ルベルソ+環付3、ロープスリング120-180ⅹ4、テープスリング240x2、ソウンスリング120x1、ビナx5、捨て縄3、カム#1#0.75#小x2、グローブ
・衣類:雨具、ダウンシャツ、ダウンパンツ、フリース、替ソックス、替え下着、タオル、サンダル、テムレス、手袋
・ウエア靴:長袖、パンツ、トリオレ、ソックス、MILLTあみあみ、FineTruckあみ、帽子
・行動:ヘッデン、サングラス、地図、コンパス、腕時計、ナイフ、トレッキングポール、e-trek30、行動食
共同:ロープ30M
食料:ステーキ、麻婆春雨、つまみ:目刺し・天ぷら・漬物etc

万里子の分:マット、シュラフ、ツェルト小
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

よおいちさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘周辺はすっかり晩秋の装い。雪はいつ降ってもおかしくない季節へ
    20年10月15日(木)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

よおいち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...