登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
紅葉の磐梯山へ 磐梯山(東北)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2020年10月3日(土)

  • 利用した登山口

    湯平山  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往き;猪苗代駅からバスで終点の裏磐梯高原駅へ。910円
    帰り;翁島登山口からタクシーで猪苗代駅へ。15分、2,500円

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

猪苗代駅 8:15--(磐梯東都バス)--8:52 裏磐梯高原駅 9:04--(車道6分)--9:10 裏磐梯登山口 9:10--(砂利道25分)--9:35 裏磐梯スキー場登山口(分岐)9:35--(15分)--9:50 第一リフト上 9:56--(14分)--10:10 噴火壁火口原分岐 10:10--(5分)--10:15 リフト最上部 10:15--(8分)--10:23 銅沼 10:25--(38分)--11:03 尾根分岐 11:08--(21分)--11:29 展望所 11:30--(37分)--12:07 お花畑分岐 12:07--(8分)--12:15 弘法清水 12:30--(30分)--13:00 磐梯山頂上 13:12--(38分)--13:50 灌木帯入口 13:50--(26分)--14:16 ロープ付き岩場 14:17--(13分)--14:30 リフト・ロープウェイ山頂駅分岐 14:30--(30分)--15:00 林道 15:05--(12分)--15:17 翁島登山口 15:30--(タクシー)--15:45 猪苗代駅

総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約1,068m
下り:約1,094m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:5時間33分
コースタイム倍率 0.90
前日の安達太良山に続いて、今日も紅葉の磐梯山に登る。こちらは迷うようなこともなく、コース通りに歩くことが出来た。

こちらから登る人は車で来るのが当たり前なのか、バスで降りた登山者は他にいなかった。準備が整うと、車の往来する通りを進み、登山口へ。舗装路は直ぐに途切れ、砂利道を歩く。スタートして30分ほどでスキー場下に到着。駐車場には多くの車が停まっている。
安達太良山と違って、スキー場の管理道を登っていく。広いゲレンデから振り返れば桧原湖が大きく見える。ただ、かなり霞んでいるのは残念だ。
広いゲレンデから細いコースを登っていくと、噴火壁・火口原分岐の標識があり、そちらへは樹林帯の中に入っていく。そのままコースを上がっていくと、スキー場最上部に出る。西吾妻山(?)には雲が掛かっている。
ここから銅沼の先までは、平坦な道が続く。銅沼の水面には櫛ヶ峰が逆さに映っている。ここは、旧噴火口ということで、その縁に当たる部分では急登もあるが、また平坦な道が続く。道には古いコンクリート管が見え隠れしているが、何に使われたものだろうか。
やがて沢沿いを進み、傾斜がついてくると、出発から2時間で分岐に至る。その手前から小屋の屋根が見えたので、少し八方台方面に下りてみると、開けて、短い木道がある。小屋は廃屋と化している。とはいえ、ここまで八方台からなら30分で来られるので、登山者の数が圧倒的に増える。
分岐に戻り、尾根を登る。往来が多いので、すれ違い待ちも生じる。途中からは巻き道を進む。アップダウンしながら裏磐梯分岐から1時間、お花畑周回路の分岐に至る。ここまで来れば、後少しで弘法清水だ。
弘法清水小屋と岡部小屋の建つ広場は、それはそれは多くの登山者で溢れていた。場所を確保すると、その一員になる。風が強く、フリースなどを羽織る。
休憩を終えると、最後の登りに。足下は湿りがちな岩場なので、下りは気をつけないといけない。左に切れ落ちた見晴らしの良い場所を過ぎると、今度は右に紅葉の斜面が広がる。日が差せば輝いていることだろうが、今日は、見えるだけで良しとしよう。
弘法清水から30分で登頂。山頂も賑わっており、山頂直下には半分埋まった小さな岡部小屋が営業していた。
下山は、急下降が連続する翁島口コースを行く。見下ろせば、こちらの紅葉も素晴らしいが、ガスがどんどん流れてくる。残念だ。何とか里や猪苗代湖は霞みながらも見えている。こちらに下る人は少ないようで、先に1組いるだけだ。景色を楽しみながらも慎重に下る。南斜面の道とあって石も乾いていて、危険箇所は特に無い。
山頂から40分ほど下ると、灌木帯に入る。その分、地面は湿り気味となるが、傾斜は若干緩くなった感じだ。途中には、ロープを頼って下りる岩場もある。更に傾斜は緩やかになり、右手にリフトが現れる。特に表示はないが、リフトの先にはゴンドラ山頂駅がある。今年は運行していないというので、そのまま登山道を下る。
登山道は、益々緩やかになり、ゴンドラ分岐から30分で林道に飛び出す。間もなく再び登山道を下ることになるが、10分一寸で翁島登山口だ。ここは広いゲレンデの棚のようなところで、登山者の車が数台止まっている。取りあえずタクシーを呼ぶと、到着までの時間を使って荷物を整理したり体をほぐしたりする。タクシーは15分で猪苗代駅に運んでくれる。

登山中の画像
  • バス停から数分行くと、スキー場入口。ここが登山口
  • 砂利道を進む
  • ゲレンデの管理道を登る
  • 振り返れば桧原湖
  • 噴火壁火口原分岐
  • ゲレンデ最上部より登山道に入る
  • 緩やかな道が続く
  • 銅沼に映る櫛ヶ峰
  • コンクリートパイプが埋設された道を行く
  • 時に急登も
  • 先が明るくなってきた
  • 八方台分岐
  • 分岐近くの中ノ湯跡
  • 稜線を上っていく
  • 一部展望が利くところも
  • 巻き道を行く
  • お花畑周回路分岐
  • 弘法清水に到着。弘法清水小屋と岡部小屋がある
  • 弘法清水
  • 岩々の道を急登する
  • 大きく切れ落ちた稜線を進む
  • 一転、紅葉の絨毯
  • 山頂です
  • 岡部小屋がありました
  • 急下降していく。紅葉が広がります。ガスが恨めしい
  • まだまだ続きます
  • 霞んだ猪苗代湖を見下ろす。
  • 大きな岩を巻いていく
  • ガレた道を慎重に下ります。人は少ない
  • ロープを頼りに下る岩場
  • 林道への出口
  • 再び登山道へ
  • 翁島登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!