登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
栗駒山・秣岳(紅葉のフルコースを味わう)2020 栗駒山・東黒駒山・秣岳(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2020年10月9日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大駐車場には200台ほど止められます。ここからいわかがみ平までは、小型のシャトルバスが頻繁に出ています。行きは7時が始発、帰りは午後3時が最終です。協力金五百円。

  • 天候

    うす曇り後曇り

この登山記録の行程

いわかがみ平登山口(7:43)・・・新湯沢渡渉点(8:33)・・・【休憩10分】・・・東栗駒山(9:41)・・栗駒山(10:08)【休憩5分】・・・岩頭展望台(10:56)【休憩】・・・しろがね湿原(11:59)【休憩20分】・・・秣岳(12:31)・・・須川温泉(13:55)・・・ゼッタ沢渡渉点(14:17)・・・栗駒山山頂(15:17)・・・いわかがみ平登山口(15:58)


総距離 約20.4km 累積標高差 上り:約1,430m
下り:約1,505m
栗駒山の紅葉は「神の絨毯」と呼ばれている。それを紹介する時に、宮城県側では山頂付近から「中央コース」を俯瞰した写真が良く使われる。この広い稜線の紅葉は赤が主体だが、黄色や緑も適度に織り混じっていて美しく、まさに「神の絨毯」だと思わされ、栗駒山の紅葉はここに極まれりと思っている方も多いだろう。

ところが栗駒山には、その他にも紅葉が美しい箇所がたくさんあり、それは「神の絨毯」とは趣を異にしている。そのような多様な紅葉を楽しめるのが栗駒山で、だからこそ地元の人は「栗駒山の紅葉は日本一」と胸を張って言うのだろう。

【概要】
今日は、その日本一の紅葉をフルコースで楽しむことにしよう。
行程は、宮城県側の「いこいの村」大駐車場(紅葉の期間はここまでしか進めない)に車を止めてシャトルバスでいわかがみ平に向かう。協力金は五百円で、すでに第一駐車場は百台近い車で満車状態だった。金曜日なのだが、明日、明後日は台風14号の影響で天候は芳しくないため、前倒しで来ている登山者が多いのではないかと思いわれる。

いわかがみ平からは東栗駒コースに入り、東栗駒山山頂を踏んで稜線を歩き、栗駒山山頂に向かう。山頂には人が多いだろうから、ここを須川分岐点に下り、御駒ヶ岳の岩頭展望台を通って天馬尾根コースを歩く。しろがね湿原から秣岳に至り、ここから車道に下りて車道を歩き、須川温泉からゼッタ沢を渡渉して自然観察路に進み、再び栗駒山山頂を目指す。

栗駒山山頂からは中央コースをまっすぐに下っていわかがみ平に戻る。
総距離数は21kmあまり、累積標高差は1400mを超えるというロングコースである。
バスの最終発車時刻が午後3時ということなので、少し急がないといけない。(結局バスには間に合わなかった)

【詳細】
それでは、本編に入ろう。

東栗駒コースは泥濘と岩の道である。段差があって歩きにくく、前日の雨の影響で靴もパンツの下も汚れてしまう。それでも顔を上げると、鮮やかな紅葉が目に飛び込んでくる。先行者を何人か追い越しながら、しばらく進むと視界が開けて、右手に東栗駒山の岩頭が見えるようになった。

そこからまた沢に下って、新湯沢渡渉点を上流に歩き、100mほど進んで右手に渡る。そこからは開けた広い稜線を、東栗駒山に向かって歩いていく。目の前には栗駒山がどっしりと座り、周辺は赤く染まっている。素晴らしい紅葉である。神の絨毯と称される部分は右手後方に見えている。ただ、残念なことに栗駒山の山頂部にはガスがかかっていた。

東栗駒山は山頂がよくわからない平頂だった。なだらかな馬蹄型の稜線が栗駒山に続いていて、ここをのんびりと歩く。稜線からの眺めは抜群である。左手に栗駒山と鞍部、正面には稜線、右には遠く早池峰山や五葉山が見える。ここも登山者が多く、稜線上には黒い点のように登山者が見えていた。栗駒山山頂のガスも取れてきた。

栗駒山山頂手前で中央コースと合流し、階段上の道をしばらく進むと、間もなく山頂である。振り返ると神の絨毯が実に見事に広がっていた。なるほど、これが栗駒の紅葉ですねと呟きながら山頂に至る。これまでも紅葉の時期に2回歩いているが、時期が早かったり、天候が芳しくなかったりして、これまではこの絨毯を十分に味わうことができなかった。

山頂は人でごった返しているので、すぐに須川分岐点に下る。下る途中の眺めも素晴らしく、岩手県側の山肌は赤く染まっている。その向こうには雲から頭を出している焼石岳が見える。下を見れば、須川温泉、名残ヶ原、昭和湖周辺に黄葉が広がり、さらに左に目を転ずれば、龍泉ヶ原の湿地、そしてこれから歩く天馬尾根と秣岳、その先に鳥海山も見えてきた。

御駒ヶ岳に進むと、ここには岩頭展望台がある。ここから見る須川温泉、名残ヶ原、昭和湖周辺、そして龍泉ヶ原の湿地が素晴らしく、草紅葉に点在する赤、黄色、オレンジ、緑が、神の絨毯とは違った美しさを演出していた。

御駒ヶ岳の長い下りを凌ぎ、天馬尾根コースに入ると雰囲気はまた変わり、今度はしろがね湿原の草紅葉の中を進んでいく。振り返ると御駒ヶ岳と栗駒山が並んで見える。途中、錦に彩られた岩場があり、ここからの景色もまさに絶景だ。先には神室連峰が横たわり、右を見ればもう一つの湿地の先に秣岳山頂があった。

秣岳からは車道に下り、車道を歩いて須川温泉に至り、車で溢れた駐車場を過ぎて、硫黄の匂いの中、お湯のあふれる沢を渡って名残ケ原に入る。ここの黄葉は黄色が主体で、また違った雰囲気ある。黄色は輝くようで、木道の向こうにガスがかかった栗駒山が見えた。

ここからはゼッタ沢を渡渉して自然遊歩道に入る。遊歩道とは言うものの、登山道そのもので泥濘がひどく、歩きにくいことこの上ない。その上、次々に下山者とすれ違い、なかなか進めない状態である。風が強くなり、ガスに覆われた山頂部は風速10mを超えているような状態に、刻々と変わっていく。時刻も午後2時を過ぎ、このままでは最終のバスに間に合わない。

それでペースを上げて、黙々と登っていった。風は強く、気温は下がっている。降りてくる人もまばらになり、ようやく山頂に着いた時には、午後3時を少し過ぎていた。誰もいない山頂は強風で、そのまま中央コースを下りる。かなり飛ばして下り、十数人の登山者を追い越して、いわかがみ平に着いたのは午後4時前だった。

バスがないので、駐車場まで徒歩で下っていると、途中で栗原市の職員の方が乗ったワゴン車が通り、これに拾っていただいた。私の他にも十数人が、このワゴン車に拾われたようだ。ありがたい!この方達は、遭難者や不明者がないかどうか、駐車場に残っている車の確認をしていたのである。頭が下がる。

こうして本日の長丁場は終了したが、出発時刻が遅かったために、帰りが予定を50分も過ぎてしまったという読みの甘さには反省が必要である。午後遅くには山頂付近の天候は荒れ模様になり、ほとんど人のいない山頂を越えるのは避けなければならなかった。そのような反省点はあったものの、紅葉を味わうという点に関しては、十分な満足感を味わった1日だった。

登山中の画像
登山画像
いわかがみ平登山口
登山画像
ウルシ
登山画像
ブナ
登山画像
カエデ
登山画像
オオカメノキ
登山画像
泥濘の登山道
登山画像
新湯渡渉点
登山画像
鮮やかな錦
登山画像
見事な紅葉
登山画像
東栗駒山山頂付近から振り返る
登山画像
山頂にガスがかかる栗駒山
登山画像
東栗駒山山頂部
登山画像
東栗駒山斜面の紅葉
登山画像
栗駒山山頂部のガスが取れた
登山画像
東栗駒山の馬蹄型稜線を歩く
登山画像
栗駒山山頂へ
登山画像
山頂付近から神の絨毯を見下ろす
登山画像
神の絨毯
登山画像
谷間は色とりどり
登山画像
神の絨毯のアップ
登山画像
栗駒山山頂
登山画像
岩手県側の紅葉
登山画像
須川温泉が見える
登山画像
雲の上に焼石岳の山頂部が見える
登山画像
栗駒山の岩手県側
登山画像
昭和湖
登山画像
剱岳
登山画像
龍泉ヶ原湿原
登山画像
御駒ヶ岳を見る
登山画像
しろがね湿原
登山画像
秣岳から下山
登山画像
ブナの林
登山画像
須川温泉
登山画像
名残ヶ原
登山画像
ゼッタ沢渡渉点
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...