登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
泉ヶ岳・北泉ヶ岳(表コース〜氾濫原〜桑沼周回)2020 泉ヶ岳・北泉ヶ岳・大倉山(東北)
img

記録したユーザー

ブナ太郎 さん
  • 日程

    2020年11月8日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:表コース登山口には十数台駐車できます。

  • 天候

    晴れ一時雨(山頂部は強風)

この登山記録の行程

表コース登山口(6:48)・・・泉ヶ岳山頂(8:12)【休憩5分】・・・・三叉路(8:55)【休憩10分】・・・北泉ヶ岳山頂(9:35)・・・【休憩10分】・・・大倉山(10:55)【休憩20分】・・・氾濫原(11:43)・・・林道・・・桑沼(13:22)【遊歩道を歩く】・・・スプリングバレースキー場(14:50)・・・表コース登山口(15:09)


総距離 約19.2km 累積標高差 上り:約1,399m
下り:約1,405m
11月8日(日)の予報は晴れだが、山は強風注意となっている。隣県の予報を見ると、福島県は宮城県と同じような天気、山形県は曇りベースで雨もありそうだ。こういう状況なので県外や県境の山は諦め、県内の山を歩くことにした。

平野部に近い山で、標高は高くても1000m程度、樹林帯の中を歩くのが中心となると、候補は限られてくる。青麻山・あけら山、笹倉山・達居森が浮かんだが、里山はもう少し時期が遅い方が良いので、最終的には泉ヶ岳周辺に決定した。

どこから登ろうかと悩んだ末、もっとも登りごたえのある表コースを選ぶ。ブナを存分に味わうことができるように、そして葉が落ちてはいるものの、桑沼、氾濫原にも足を伸ばしてと少し欲張って、ルートは20kmほどになってしまった。最後は桑沼から林道を、スプリングバレースキー場からは車道を歩くことになるが、単独行ですからこれは仕方がない。

表コースは3年ぶりである。ここは岩場の急登で、泉ヶ岳ではもっとも難度の高いルートになるだろう。紅葉は終盤で、樹間にモミジの赤や黄色が残っていた。
胎内くぐりから先になると、岩をつかんで登るようになる。50分ほど急登を凌ぐと、稜線に出る。右に折れて、ドーダン林を進み、ブナ林の中をしばらく登った。山頂はすぐ・・というのは錯覚で、斜面をトラバースし、鞍部を登り返し、ニセピークを越えて山頂に着く。途中、視界が開け、太平洋が光って見えた。

山頂は強風が吹き荒れていたので、休まずに北泉ヶ岳に向かう。いったん鞍部に下り、三叉路を右に折れて、ブナとミズナラが見事な森を歩いた。ここの森の雰囲気が素晴らしく、私の好きなスポットの一つである。

北泉ヶ岳の山頂は展望がないので、ここも休まずに大倉山に向かった。
北泉ヶ岳から大倉山への稜線は、登山道の整備状況がよく、公園を散歩しているような楽しさが味わる。風が上空で唸りを上げているが、ブナの森の中は日差しも射して、とても快適である。

大倉山の東屋で休憩し、早めの昼食を摂る。
ここからは氾濫原に下り、ぐるりと回って升沢林道に出た。林道のカラマツが黄金色に輝いている。
林道を歩き、桑沼に着く。ここは寄り道をして、桑沼の遊歩道を歩く。ブナの葉はすっかり落ちて、周囲は初冬の色が濃くなっていた。ブナの白い幹が水面に映り、時折吹く風が水面を揺らしていく。

桑沼からは、少し退屈な林道歩きである。途中で時雨に会い、傘を取り出した。雨は降ったり、止んだりを繰り返し、スプリングバレースキー場に着く頃には、また日が射してきた。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ブナ太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!