登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
丹沢東西「湖」縦走(宮ヶ瀬湖→丹沢湖) 高畑山、丹沢三峰(本間ノ頭、円山木ノ頭、太礼ノ頭)、丹沢山、塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

サワガニ さん

この登山記録の行程

三叉路(05:00)・・・御殿森ノ頭・・・高畑山(06:39)・・・本間ノ頭(東峰)(08:45)・・・丹沢山(10:36)・・・塔ノ岳(11:28)・・・不動の清水・・・尊仏ノ土平(12:40)・・・熊木沢出合・・・ゲート・・・雨山橋・・・玄倉(16:12)

総距離 約26.9km 累積標高差 上り:約2,907m
下り:約2,890m
コースタイム 標準:12時間55分
自己:10時間12分
コースタイム倍率 0.79
非常に長いロングコースでしたが、尊仏土ノ平以降の後半は勾配の緩い林道歩きなので結構頑張れました。
高畑山から2時間くらいはずっとヒルとの戦いでした。ずっと木の棒を手に持って、靴に付くヒルを追い払い続けました。雨上がりだった為か、60匹くらいは叩き飛ばしたと思います。それでも6箇所吸われました。手1か所、足2か所に加え、何故かお腹3か所。ザックを下したときに付いたのかもしれません。足を吸ったうちの1匹が巨大過ぎてゾッとしました。自分の小指くらいはあったうえ、ドス黒かった。ヒルとの格闘で、靴がボロボロになった気がする・・・(泣)。ヤマビル用スプレーや塩を持参し、スパッツを装着するべきと痛感しました。あまりに無防備過ぎました(反省)。ヒルは丹沢三峰の最後のあたりでさえ少しいました。恐るべしヤマビル。まったく止まらずに歩き続けてもヒルはどんどん靴から上ってきます。高畑山以降は丹沢山山頂までは結局1回も休憩しませんでした。立ち止まるのもヒルを棒で追い払う数秒のみ。
ヒルとの格闘に加え、丹沢山手前までは誰1人とも遭わず、早く自宅に帰りたくなってきましたが、丹沢山山頂に到着すると10人前後の人がいて、やっと落ち着くことが出来ました。気を取り直して丹沢山山頂を出発以降は、何度も通っている塔ノ岳への主脈尾根で、気持ちよく歩けました。
塔ノ岳から尊仏土ノ平までの下りは結構急で、かなり足に堪えました。途中の水場はコース上にあり、顔を洗うなどリフレッシュ出来て良かったです。
尊仏土ノ平以降はひたすら林道。でも熊木ダムや玄倉ダム、9つのトンネルなど、気分転換が多いので結構頑張れます。途中でユーシンロッジにも立ち寄りました。公衆電話が使えることにちょっと感動しました。携帯の電波は入りませんが、有線の公衆電話が使えるとは。またユーシンロッジ裏にある避難小屋も中を確認しました。丹沢にある他の避難小屋と比べてかなり老朽化しておりますが、2部屋あるうえ、布団あり、電気照明あり、広い水洗公衆便所あり、公衆電話ありと来ており、ある意味丹沢の避難小屋では一番リッチかも。
林道は熊木沢出会い付近までは崩壊が激しい箇所も多く、十分注意が必要です。
玄倉に着いたときはバス出発直後で、40分待つことになってしまった(残念)。
今回感じたのは、西丹沢は人が少ないだけでなく、ヒルがいないことも素晴らしい点なのですね。今後夏季は西丹沢だけにしようかと思います。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、ツエルト、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サワガニさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サワガニ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?