登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
至仏山 見晴に2テン泊して秋の尾瀬を存分に楽しむ 至仏山、尾瀬ヶ原(関東)
img

記録したユーザー

dari88 さん
  • 日程

    2013年9月21日(土)~2013年9月23日(月)

  • パーティ

    2人 (dari88 さん 、家内 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・今回は富士見下から入山してみました。
    ・駐車場は富士見下の無料駐車場を利用しました。

  • 天候

    21日:晴れ 22日:曇り時々晴れ     明け方の気温は12℃くらい 23日:夜半に雨、その後曇り

この登山記録の行程

富士見下の駐車場7:40-(2:05)-
9:45富士見小屋9:55-(2:25)-
12:20見晴(テン泊)3:50-(0:30)-
4:20龍宮小屋4:25-(0:30)-
4:55牛首5:10-(0:35)-
5:45山ノ鼻5:55-(0:10)-
6:05登山口6:05-(2:45)-
8:50至仏山9:10-(2:45)-
11:55鳩待峠12:35-(0:50)-
13:25山ノ鼻13:30-(1:15)-
14:45ヨッピ橋手前の池塘15:05-(0:30)-
15:35龍宮十字路15:40-(0:35)-
16:15見晴(テン泊)5:10-(2:40)-
7:50富士見小屋8:10-(1:40)-
9:50富士見下の駐車場  合計(19:15)


総距離 約46.6km 累積標高差 上り:約2,207m
下り:約2,205m
・駐車場の少し手前にきれいな公衆トイレ(水洗)があります。
・富士見小屋には公衆トイレと水場(小屋の少し下)があります。
・見晴のテン場は一人一泊800円でした。受付は燧小屋です。
・ルート図には GPS 747A+ のログ(高度は標高に変換済)をアップロードしています。



 毎年恒例になりつつある秋の尾瀬に行ってきました。今回はいつもと違うルートでということで、富士見下から入山して至仏山に登ってみました。

 尾瀬はいいところですねー、何度行っても飽きるということがありません。富士見下からのルートはとても気持の良いハイキングコースだと思いました。一般的な入山口の中では一番時間がかかるので不人気なのだと思いますが、駐車場は空いているし、何と言っても無料なのが大好きです。

<21日:富士見下~見晴>
 三連休ということもあり駐車場を心配しましたが、朝7時過ぎの時点で富士見下の駐車場は余裕の空き具合でした。ここは穴場のようです。

 富士見小屋までは2時間ほどの林道歩きになりますが、歩きやすいし良いハイキングコースだと思います。

 富士見峠からは八木沢新道を下ります。長い緩やかな下りですが、ブナ林の森林浴を満喫できます。ブナの黄葉の季節に歩いたらまたいいんじゃないかと思いました。

<22日:見晴~至仏山往復>
 早朝にヘッデンを点けて尾瀬ヶ原を縦断して至仏山の登山口に向かいました。ちょっと距離がありますが、まあよい準備運動になります。

 山ノ鼻のテン場で水を補給していざ至仏山へ。標高差は800mくらいです。森林限界を超えると朝霧に覆われた尾瀬ヶ原と燧ヶ岳の素晴らしい景色を楽しめます。時間がたつにつれて朝霧が消えていき、その変化がまたいいですね~。

 山頂に着いてみるとさすがは百名山、結構な人で賑わっていました。ちょっと休憩したら鳩待峠方面に下ります。鳩待峠の食堂でお昼を食べて山ノ鼻に戻りました。

 ここからは尾瀬ヶ原の散策です。貸し切り状態の尾瀬ヶ原が好きなんですが、この時間ですと行き交う人が多いこと・・・。牛首からはヨッピ橋方面に進路を取りました。こちらは人が少ないですからね。

<23日:見晴から帰路>
 夜が明けて明るくなってから帰路につきました。夜半の雨でブナ林もしっとり濡れていていい感じです。富士見下まで大休止を除いて4時間20分、標高差はたいしたことないのに距離があるので結構時間が掛かります。


総括です。

 今回も充分に歩けて良かったです。四季折々に楽しめる尾瀬はやっぱりいいですね~。

登山中の画像
登山画像
富士見下の駐車場 行きも帰りも空いていました。
登山画像
林道ゲート
登山画像
富士見小屋まで林道歩きです
登山画像
田代原 いい感じの所です。
登山画像
道標
登山画像
今日は良い天気
登山画像
ちょっと色づき始めたかな
登山画像
元休憩所 水場です。
登山画像
お、アヤメ平の方が見えてきました
登山画像
赤い実
登山画像
富士見小屋に着きました 水場は小屋の少し手前…
登山画像
八木沢新道で見晴に向かいます
登山画像
分岐点 尾瀬沼にも行けるんですね。
登山画像
昼場
登山画像
燧ヶ岳が見えます
登山画像
橋を何回か渡ります
登山画像
見晴沼尻川橋 見晴まであと1kmです。
登山画像
ブナ林で森林浴
登山画像
見晴のテン場の様子
登山画像
テントの受付に燧小屋へ
登山画像
弥四郎小屋
登山画像
弥四郎清水 ここで水を汲みます。テン場にも水…
登山画像
<二日目> 早朝の尾瀬ヶ原を縦断中
登山画像
山ノ鼻に着きました
登山画像
テン場で水を補給します
登山画像
至仏山
登山画像
登山口 上り専用です。
登山画像
森林限界を超えると尾瀬ヶ原を一望できます
登山画像
朝霧が次第に晴れてゆきます
登山画像
牛首あたり
登山画像
研究見本園あたり
登山画像
すっかり朝霧が晴れましたね
登山画像
至仏山の山頂から日光白根山方面 山頂標識を撮…
登山画像
平ガ岳方面です
登山画像
日が射すと紅葉が綺麗
登山画像
小至仏山に向かいます
登山画像
振り返って至仏山
登山画像
笠ヶ岳方面分岐
登山画像
オヤマ沢田代
登山画像
オヤマ沢 水場です。
登山画像
鳩待峠に着きました
登山画像
あとは尾瀬ヶ原散策です
登山画像
ヒツジグサ
登山画像
キンコウカ
登山画像
ここの池塘がお気に入りです
登山画像
一応逆さ燧を
登山画像
リンドウ
登山画像
紅葉に日が差して綺麗
登山画像
見晴に戻ってきました
登山画像
草紅葉に日が差して綺麗
登山画像
<三日目> 早朝のブナ林を楽しみながら帰りま…
登山画像
黄葉の季節に歩くとまたいいだろうな~
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dari88 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月5日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活!
パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活! パタゴニアの「DASパーカ」が4年ぶりに復活。アルパインクライマーの横山勝丘さんが立山・龍王岳での使用感を語る!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!