登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
雪の赤城 赤城山(関東)
img

記録したユーザー

dora さん
  • 日程

    2016年3月5日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:前橋(7:32)→富士見温泉(8:05 8:10)→赤城広場前(8:55)

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

赤城広場前)9:25)→黒檜山登山口(9:35 9:45)→黒檜山3(中腹の鞍部 10:10 10:30)→黒檜山(11:25 12;00)→駒ヶ岳(12:55)→赤城広場前(13:50)

この冬最後の雪山は赤城山。黒檜山から駒ケ岳への縦走コースで登る。登り初めは雪が少ないが、高度を上げて行くと雪が多くなる。踏み跡が多く雪が締まっていてアイゼンの効きも良く歩き易い。猫岩を過ぎ、「黒檜山3」の富士山の見える鞍部まで行き、エネルギーチャージを兼ねて休憩。富士山の方向は霞んでいて富士山を見ることが出来なかった。鞍部を少し進むと山頂までの長い急登が始まる。天気が良く、風もなく気温の高さもありシェルを脱いで山シャツ一枚で登る。中にはTシャツ一枚で登る強者もいるほどだ。40分程で山頂に到着し、カップヌードルのお昼ご飯を準備し掛けたがフォークを忘れた事に気付き、コーヒーと非常食のカロリーメイトのお昼ご飯...装備の点検を怠ったことを反省。駒ケ岳への縦走路は、まず階段を下る。雪が殆ど解けていているが、所々アイスバーンのような所もあるので注意しながら下る。鞍部も日当りが良いせいか、雪が腐りかけていてトレースを外すと踏み抜く。駒ケ岳に着くと山頂に雪は無くガスっていたので、大沼へ向けて直ぐに下山開始。鉄の階段は雪が無く、アイゼンを装着したままでは歩きづらい、そのまま下山する。半分ほど下ると雪もかなり少なくなったのでアイゼンを外す。少し歩くと雪渓が現れたが、アイゼンを装着せずにステップを作り、ストックでバランスをとりながら、何とかクリア...最後までアイゼンを履いていた方が安全。下山すると風が強く寒くなって来たので、近くの食堂で「おっ切り込み」を食べて冷えた身体を温め、バスで帰路へ。冬晴れの楽しい雪山山行であった。

登山中の画像
  • 大沼では多くの人がワカサギ釣り
  • 黒檜山登山口から登山開始
  • 登り初めは雪が少ない岩場が続く
  • 高度を上げて行くと雪が多くなる
  • この急登を登り切れば猫岩
  • 猫岩に到着
  • 鞍部までもう一息
  • 黒檜山3に到着
  • 残念ながら富士山は見えず
  • なだらかな鞍部進む
  • 山頂までこの様な急登が続く
  • 分岐到着...山頂まで残り100m
  • 晴天で解けかかっている雪だるま
  • 標高1,828m黒檜山に到着
  • 展望台は雪が無く景色も霞んでいる
  • 階段は続く急斜面を下る
  • 駒ケ岳へ続く縦走路は雪が腐り始めている
  • 駒ケ岳まで残り100m
  • 標高1,685m駒ヶ岳に到着
  • 大沼へ向けて下る
  • 鉄の階段は雪が解けている
  • 雪が解けて少々歩きづらい登山道
  • 駒ケ岳登山口に到着
  • 「おっ切り込み」で冷えた身体を温める
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、アウタージャケット、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dora さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...