登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
白山 ~加賀の名峰は花の山~ 白山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

opiro772 さん
  • 日程

    2016年7月11日(月)~2016年7月12日(火)

  • パーティ

    2人 (opiro772 さん 、奥さん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・自宅より約550km(※白峰温泉に前泊)、別山出合の駐車場まで計8時間弱

  • 天候

    ・7/11(月) 晴れ、7/12(火)晴れのち曇り
    [2016年07月11日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【7/11(月)】
6:19別当出合-7:33別当坂分岐-9:07殿ヶ池避難小屋(休)09:38-10:40黒ボコ岩(休)10:52-11:02弥陀ヶ原・エコーライン分岐11:04-11:21白山室堂(昼休)12:07-12:47白山(展休)13:01-13:36翠ヶ池(展休)13:42-13:55お池めぐり分岐-13:57山頂池めぐりコース分岐-15:10白山室堂泊
【7/12(火)】
7:08白山室堂-7:26弥陀ヶ原・エコーライン分岐-7:37黒ボコ岩-8:16南竜分岐-8:33甚之助避難小屋(休)8:45-9:14別当覗-9:49中飯場-10:33別当出合


総距離 約14.5km 累積標高差 上り:約1,804m
下り:約1,808m
【コース状況】
・登りは観光新道・下りは砂防新道を利用しました、どちらも整備された登山道で危険箇所は特にありませんでした。
・観光新道には白山室堂まで水場はありません、砂防新道は白山室堂まで3つ(中飯場、中飯場先の湧水、甚之助避難小屋)あります。
・トイレは観光新道には殿ヶ池避難小屋のみ、砂防新道には中飯場・甚之助避難小屋の2つあり、何れも清掃が行き届いておりました(トイレットペーパー完備)。

【日帰り温泉・コンビニ・駐車場】
・日帰り温泉は別当出合より国道157号線までに白山温泉・白峰温泉があり、幾つかの日帰り温泉施設や日帰り入浴可の宿泊施設があります。
・白峰温泉付近にはコンビニは無かったので、事前に購入していただいた方が良いでしょう。
・別当出合の駐車場にはトイレはなく、別当出合登山センターまで歩かないとありません(一番下の駐車場より10分程度)。

【感想】
少し早い夏休みとして計画した山登り、7/11~12で北陸に向かいました。サラリーマン時代には幾度か訪れた北陸地方ですがプライベートでは初めてです。

そして向かった山は「加賀の名峰 白山」

計画時に調べてみると自宅から登山口である別当出合までは500キロ強、時間にして約7時間。今回は夏休みを兼ねているので前日に自宅を出発、金沢で観光もしようかと思ったけどそこまで時間もないので登山口に近い温泉宿を利用しました。

登山1日目の朝は今回も快晴、最近は天気に恵まれているようです。6時前に別途出合の駐車場に到着し用意をしていると、隣に駐車された金沢在住の地元ご夫婦から声を掛けられ話しながら「花目的で来ました!」と伝えると「それなら登りは観光新道だね」とコースアドバイスをいただきました(計画したのは逆コース)。
今思えばこのご夫婦さんからのアドバイスがあったからこそ今回の白山登山が大満足の山歩きになったと思います!

観光新道は別当坂分岐までは急登となりますが、それほどとは感じず稜線まで登りきり、その先では登山道脇のササユリの甘い香りで迎えてくれます。
それまでも幾つかの花々を見ることが出来ましたが稜線歩きに変わると格段と花の種類が増えてきます、
殿ヶ池避難小屋を過ぎ、馬のたて髪を過ぎた辺りからニッコウキスゲを中心とした花畑が砂防新道と合流する黒ボコ岩まで続きます。

黒ボコ岩まで来ると目指す白山の山頂「御前峰」を望めます、暫し弥陀ヶ原の木道を歩きますが遠目でしか確認出来ないけどチングルマの絨毯が広がり、遠景を楽しみながら五葉坂くると、白山室堂までは最後の登りが待っています。

五葉坂を登り切ると目の前に室堂ビジターセンター、奥には御前峰が近づきます。山頂に向かう前に先ずは腹ごしらえですね(^o^)
1時間ほど休んでから御前峰・お池巡りコースに向かいます、少し歩いただけで花がいっぱいの山なんですね。自分が歩く山ではあまり見かけない「クロユリ」がすっごいあるんですよ!、ココにもアソコにも。
花を楽しみながら歩いているうちに御前峰に到着です、晴れているんですが雲が多く北アルプスの山容までの展望は出来なかったけど、山頂からは周囲の山々は展望はあったので良かったかな。
山頂でも地元金沢在住の方々(つい10日前にも登ったとのこと)と楽しい会話を楽しませてもらいました。
山頂までに多くの地元在住の方々と話す機会をいただきましたが、皆さんのお話から「白山愛」を感じ、地元に愛されている山なんだと感じちゃいました。

ほとんどの方は御前峰まで登り下山する方が多かったようですが、殿ヶ池避難小屋で休憩しているときに話していた滋賀県から来られていた親子さんに聞いていたので、花が沢山あるお池めぐりコースに向かいます。

お池めぐりコースに入るとグッと歩く人の減ってきますが、花目的で且つ写真を撮っている私たちにとってはグッドなコースでした。
7つの池を巡るコースになりますが登山道脇には格段に花が増えていきます、特にチングルマ・ハクサンコザクラ・アオノツガザクラ・ミヤマキンバイ・ミヤマダイコンソウ等々。それ以上に目立つのがクロユリ、所々に群落があり、目を楽しませてくれます。

花目的で白山を訪れる方は是非「お池めぐりコース」をまわってくださいね!

予定よりかなりオーバーして室堂VCに到着、そして夜ご飯までは御前峰を眺めながらコーヒーやビールで至福の一時を堪能しました。

夜ご飯を食べたあとは夕景タイム、この時間になるとかなり冷え込んできます。
この日は雲も多めだったので日の入り時は雲も赤く染まり、ドラマチックな夕焼けを楽しませてくれた夕景タイムでした。

で、そのあとはご来光に向けて就寝zzz

となるんですが、消灯をすぎある程度時間が経ったころ皆さんが寝ているところを静かに外に出て星景写真の始まりです。
始めのうちは薄く雲も出ていましたが時間経過とともに雲が薄くなり、星を鑑賞しながら写真を撮り、この時間外に出ているのは自分ひとり、満点の星を独り占めした一時でした。

次はご来光だぜ!と決め即就寝。

こちらは不覚にも寝過ごし4時過ぎに起床、この時間じゃ御前峰までは絶対間に合わないので室堂VC付近の高いところを探し、山頂のご来光から10分ほど遅れた御前峰の肩から登るご来光を楽しみました。

朝食後は身支度を整え下山となります、帰りは砂防新道を下りますが黒ボコ岩を下り始めると登山道脇にも多くの花が迎えてくれ、甚之助避難小屋を過ぎても所々に花が咲いており下山時も楽しませてくれました。


噂通りの「花の山 白山」、想像以上に花のある山でした。
そして何より地元の皆さんに「愛されている山 白山」を感じた山歩きでした。

今回もグッドタイミングだった花の開花状況と天気に恵まれ、併せて夕焼け・星空・山頂からじゃないけどご来光と大満足な「加賀の名峰 白山」でした。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

opiro772さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

opiro772 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!