登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
武奈ケ岳 ガリバー村から八淵の滝経由 武奈ケ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Mustela erminea さん

この登山記録の行程

ガリバー村出発(7:40)・・・少し道に迷う・・・魚止めの淵分岐(8:30)・・・障子の淵(8:40)・・・渡捗をあきらめて戻る・・・大すり鉢(9:20)・・・小すり鉢(9:30)・・・屏風か淵・・・貴船の淵(9:40)・・・七遍返し淵(10:00)・・・オガサカ道・・・馬の背谷・・・まぼろしの滝(11:20)・・・八雲か原(11:25)・・・イブルキの分岐(12:10)・・・武奈ケ岳山頂(12:50)・・・昼食・・・イブルキの分岐看板(13:05)・・・イブルキのコバ(13:30)・・・広谷(14:00)・・・大すり鉢(14:55)・・・ガリバー村(15:15)

ガリバー村出発
看板の死亡事故多発のドクロマークをみてひそかにびびる。

魚止めの淵の方面に行きたかったので沢に下りる道を探してうろうろ
(後で判明するがこのあたりは看板でしっかり分岐点がわかる)

魚止めの淵到着 大きな岩を渡捗するといきなり鎖、ホッチキスみたいなステップと続き、障子の淵が見えてくる。
ここに通行止めの掲示を発見。
淵向かいの切り立った岩には、ロープ、はしご、鎖。
滝は結構な勢いで水飛沫が。進退を悩んだ末ここは戻ることに。

大擂鉢の分岐を超えて小擂鉢。
しつこいくらいの「危険だから登山上級者以外は行くな!」の看板を横目に
屏風が淵、貴船の淵まで鎖。鎖。鎖。超にがてなはしご一つ。
これで乗り切ったか(汗)と思ってたら丸太の橋。
とにかく緊張の連続。
沢沿いから離れオガサカ道からウマノセ谷を経由して尾根にあがっていくと
八雲ケ原に到着。なだらかに下る。緊張から解き放たれておなかがすいたので大福をほおばりながら歩く。登山者一人見つける(今日はのぼ始めてから誰ひとり会っていない)

スキー場の残骸(マット)の残る斜面を登り返して(暑かった・・・)再び森の中に入り、一時間ほどで武奈ケ岳。
山頂手前で下りてこられた方が「沢から上ってきたんですか?すご!」と声をかけてくださった。山頂には3人の先客が昼食中。
ゆっくりしたかったけど、アブと蝿だらけでおにぎりを一つほおばってすぐに下山。

帰りはイブルキのコバと広谷を経由するコースで。

※貴船の滝を越えたあたりでとても不思議な体験をしました。超常現象といえば言い過ぎかも知れませんが、怪我なく帰ってこれてよかったです。



登山中の画像
登山画像
入口の看板。死亡事故多発の文字にあわせてどく…
登山画像
魚止の淵に向かいます
登山画像
障子の淵の手前にこんな張り紙
登山画像
障子の淵の行く先。今回は引き返しました。
登山画像
戻って大擂鉢を目指す
登山画像
ここからまた「どくろマーク」の区間です。
登山画像
かなり真剣な面持ちで上ってます。写真撮られて…
登山画像
写真ではそれほどでもないように見えるんだけど…
登山画像
八雲ケ原にでてきました
登山画像
武奈ヶ岳の看板が出てきました!
登山画像
武奈ヶ岳登頂。アブ多し・・・(´;ω;`)
登山画像
イブルキのコバ。幻想的な空間でした。
登山画像
木漏れ日と沢の水音のなかで小休憩
登山画像
広谷まで戻ってきました。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Mustela ermineaさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Mustela erminea さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年7月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?