登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
会津駒ケ岳2016.8(滝沢登山口~駒の小屋・泊~キリンテへ下山) (関東)
img

記録したユーザー

次郎 さん

この登山記録の行程

【1日目】
滝沢登山口(06:15)・・・水場(08:40)・・・駒ノ小屋(10:40)

【2日目】
駒ノ小屋(04:50)・・・会津駒ヶ岳[休憩 10分](05:10)・・・駒ノ小屋[休憩 60分](05:30)・・・大津岐峠(08:35)・・・キリンテ(11:00)

総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,267m
下り:約1,352m
コースタイム 標準:7時間35分
自己:9時間25分
コースタイム倍率 1.24
 8/19、23時に静岡県島田市を出発、翌朝5時過ぎに会津駒ヶ岳滝沢登山口に到着。朝食や準備を済ませて6:15登り始める。天気予報通り曇であったが、30分ほど登ったところで小雨となった。メンバーには75歳の大先輩から20ウン歳女性まで6名のパーティ、小雨の中、大先輩が遅れ出したため、若いメンバーは先に行き11時前には到着。シニアは遅れること1時間余、雨天のため視界悪く「駒の小屋」で、明日に備える休養とした。小屋は電気なく石油ランプ、自炊、素泊まり、なんと3,000円。布団に限りがあるので要予約だ。

 登山ルートは滝沢登山口からの日帰りが一般的のようだ。登山道は小屋手前と小屋から山頂までが木道となっているが、雨の日は滑るので危険だと感じた。木道の①上下勾配がある。②板幅の左右にも傾きがある。③滑り止めがない板がある。などである。

 2016.8.21 全員爆睡、昨日の天候不順が嘘のような晴れ!、あわてて山頂を目指したが、ご来光に間に合わず、また、山頂は木々にさえぎられていたため、ご来光は綺麗には見られないと感じた。遠くには次に登りたい燧ケ岳が見えた。小屋に戻ると池が朝日を浴びて綺麗だった。

下山は、小屋を6:30出発し、先発隊は11:00キリンテ登山口に到着、後発隊は1時間半遅れで合流。
 帰路、「アルザ尾瀬の郷」の温泉施設で入浴と別館で食事、ここの「天ぷらざるそば」がお奨めだ。そばと汁がボリューム満点、そのうえ、そばも天ぷらも大変美味しかった。また、車を進めると、そばの畑が一面に広がっている所があり、そばの花が咲き始めていた。

下山途中では様々な植物、花も見ることができた。、静岡県では見たことのないタマゴキノコにビックリだ。

参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

次郎さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

次郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月16日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。