会津駒の小屋からの現地情報 会津駒ヶ岳周辺の情報

山の上はまだ冬、全面雪。登山口は春の訪れ。国道~滝沢登山口まで車両通行可

会津駒の小屋

▲山の上はまだ雪がたくさんあります(19.05.15 会津駒の小屋)

若松の天気予報
明日


- / -
明後日

晴時々曇
29℃ / 9℃
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

05/16(木)

周辺状況

滝沢登山道の自然

・登山口階段下 かわいらしい春の花が咲いています。
黄色のミヤマキケマン、白いニリンソウニリンソウ、青い花はエンゴサクでしょうか?
・標高1250mあたりでブナが萌黄色に芽吹いています。
・標高1300m下では春のお花が咲いてきました。
赤紫色の艶やかなミツバツツジミツバツツジ、白く可憐なオオカメノキオオカメノキなどまさに奥会津という感じです。

登山道

滝沢登山道も順調に雪解けが進んでいます。

・国道~滝沢登山口 車両通行可となりました。

5/14現在
・滝沢登山口 登山届の提出をお願いします。 登山口からの階段に雪はありません。
・営林署の看板から5分ほど登ると斜面に雪が出てきます。
・標高1350m(通称ヘリポート)に上がるところfは雪のトラバースとなります。特に下山時は注意。トラバースを抜けると融雪して土の登山道がしばらく出てきます。
・水場下から雪がでてきます。水場はまだ出ていません。スキーができるのはこのあたりまで。
・水場から上は全面雪。 
・小屋周辺は全面雪。木道も湿原も出ていません。

・会津駒ヶ岳 山頂の標識が半分ほど雪から出てきました。
・三岩岳方面 今年は残雪多く湿原がでていないため、まだ三岩岳への縦走路は通行可能
・中門岳方面 残雪に覆われ純白のツル~とした斜面が何か巨大な生き物のようです

※残雪がまだらに残るところで、誤ったトレースがついていることがあります。
周囲をよく見て、ブナなどにつけられた赤い目印テープを見逃さないように。特に下山時に注意。

装備

雪山登山装備が必要です。
アイゼン、ピッケルのほか、ワカンやスノーシューも必要

アイゼンは冬山ベテランの方は軽アイゼンでも大丈夫だと思いますが、それ以外の方は前爪のあるアイゼンをご持参下さい

※かんじきなどに雪の接着止めスプレーを塗っておくと雪が付きにくくなります。
今年は雪が腐っているので、かんじきが重くならずに助かります。

※手袋は予備も用意しましょう。

※ゴーグルやメガネには曇り防止スプレーを塗っておくと良いです。

その他のお知らせ

■会津駒の小屋ホームページ
http://komanokoya.com/

・2019年営業期間
4月27日(土)~10月26日(土)泊まで 宿泊には予約が必要です

・予約
宿泊予約受付電話番号 080-2024-5375 (受付時間06:00~19:20まで)
メール info@komanokoya.com

■2019年 登山口への列車バス時刻表
5月1日~10月31日 東京→檜枝岐村
https://ameblo.jp/aizukomagatake/entry-12362509071.html

5月1日~10月31日 檜枝岐村→東京
https://ameblo.jp/aizukomagatake/entry-12362510961.html

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

会津駒の小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 山の上はまだ雪がたくさんあります
  • 会津駒ヶ岳に続く銀世界
  • 会津駒ヶ岳山頂
  • 会津駒ヶ岳山頂から中門岳方面
  • 会津駒ヶ岳山頂から三岩岳方面の稜線
  • 登山口では春を告げる花が咲いています 
  • 山頂から見た中門岳方面 今年は雪がたっぷりあります。
  • 越後の山々に沈む夕陽
  • 小屋到着。小屋開け準備で入山しました。
  • 冬道の駐車場下の様子。画像の左手からの雪崩に注意。
  • 登山口の階段 ここは雪がありませんが、この上も下も雪があります。
  • 国有林の看板 この上が急登。登りは良いとしても下るときには注意注意!
会津駒の小屋

連絡先:080-2024-5375
営業期間
4/28~10/27
関連山域

ユーザーからの会津駒ヶ岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 湿原や池塘を散りばめ、高山植物に彩られた名峰へ
    体力度: ★★★ 危険度: 6時間25分 日帰り
    駒ヶ岳登山口バス停・・・滝沢登山口・・・水場・・・駒ノ小屋・・・会津駒ヶ岳・・・駒ノ小屋・・・水場・...
  • 花と展望の山上の楽園を楽しむ山旅
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 9時間 1泊2日
    駒ヶ岳登山口バス停・・・林道終点・・・水場・・・駒ノ小屋・・・会津駒ヶ岳・・・中門岳・・・駒ノ小屋・...
  • 会津駒ヶ岳① 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間45分 1泊2日
    【1日目】駒ヶ岳登山口・・・滝沢登山口・・・水場・・・駒ノ小屋【2日目】駒ノ小屋・・・会津駒ヶ岳・・...
  • 会津駒ヶ岳② 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間5分 1泊2日
    【1日目】駒ヶ岳登山口・・・滝沢登山口・・・水場・・・駒ノ小屋【2日目】駒ノ小屋・・・会津駒ヶ岳・・...

会津駒の小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...