登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
天空の稜線歩き 白根三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)(南アルプス)
img

記録したユーザー

dora さん
  • 日程

    2016年8月31日(水)~2016年9月3日(土)

  • 利用した登山口

    広河原  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:【行き】
    新宿発7:00(スーパーあずさ1号)→甲府着8:23
     発9:00(山梨交通)→広河原着10:53
    【帰り】
    第一発電所発8:39(山梨交通)→奈良田着8:45→奈良田温泉着8:55(徒歩)
    奈良田温泉発9:50(早川町営バス)→下部温泉着10:9 発11:26
    (ふじかわ3号)→甲府着12:08 発13:12(あずさ16号)→新宿着14:41

  • 天候

    晴れ
    [2016年08月31日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(11:45)・・・白根御池小屋(14:50)

【2日目】
白根御池小屋(06:20)・・・小太郎尾根分岐[休憩 30分](08:45)・・・北岳肩ノ小屋[休憩 30分](09:50)・・・北岳[休憩 60分](11:05)・・・北岳山荘(13:10)

【3日目】
北岳山荘(06:15)・・・中白峰[休憩 10分](06:55)・・・間ノ岳[休憩 20分](08:10)・・・農鳥小屋[休憩 30分](09:45)・・・西農鳥岳[休憩 30分](11:15)・・・農鳥岳[休憩 30分](12:25)・・・大門沢下降点(13:30)・・・大門沢小屋(16:30)

【4日目】
大門沢小屋(05:35)・・・吊橋(森山橋)(08:00)・・・奈良田第一発電所(農鳥岳登山口)(08:30)

総距離 約23.5km 累積標高差 上り:約3,004m
下り:約3,638m
コースタイム 標準:18時間59分
自己:19時間5分
コースタイム倍率 1.01
白根三山縦走に挑戦。
【一日目】広河原をお昼前に出発し、宿泊地の白根御池小屋に向かう。登り始めは緩やかな登山道が徐々に急登に変わっていく。小さな九十九折れを繰り返しながら高度を上げて行く。70リットル位のザックを背負った若者二人と出会った。一泊二日で白根三山を縦走すると言う。若者の体力すごい。道を譲った後、巻き道の手前で再会。女性が靴擦れをしたようで、傷の応急手当を施し見送る。無事にキャンプ地へ辿り着ければ良いのだが...。巻き道に入り程なく白根御池小屋に到着し、ワインを呑んで疲れを癒す。
【二日目】6時過ぎに小屋を出発。ほとんど直登に近い草すべりの急登に悪戦苦闘しながら北岳を目指す。高度を上げて行くと徐々に傾斜が緩やかになっていく。高度を上げ北岳が近づくにつれ、それを励みに歩を進める。小太郎尾根分岐に到着すると疲れを吹き飛ばす位の絶景が飛び込んできた。仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳連峰、中央アルプスそして遠くに槍ヶ岳まで見ることが出来た...感動、これが山の魅力だ。10時くらいに肩の小屋に到着し、少し早いがお腹が空いたのでカレーライスを食べて最後の登りに備える。岩稜帯の急登を30分程登ると、やっと山頂が見えてくる。一旦少し下り登り返すと山頂に到着。360度見渡せる最高の山頂だ。1時間程、景色を堪能しながら時を過ごす。北岳山荘に向けて下りて行くとガスが出てきた。疲れた身体に急斜面はキツイ。1時間程で北岳山荘に到着し、またまたワインを呑んで疲れを癒す。夕食はサバの味噌煮と肉じゃが...とても美味しかった。夕景を眺め早目に就寝し明日に備える。
【三日目】6時過ぎに小屋を出発。今日は天空の稜線歩きを楽しむ。360度視界を遮るものが無い稜線歩きは気持ちが良い。雷鳥に合えると良いなと思いながらノンビリと歩を進める。中白根山に到着、小休止し間ノ岳へ向かう。ここからはアップダウンとトラバースが続く登山道となる。高低差はあまりないが、神経を使いながらの登山となる。間ノ岳に到着すると富士山が更に近くに見える気がする。小休止した後、農鳥小屋へ向かう。急斜面を一気に400m位下るが、ガレ場の急斜面は滑り易く慎重に下る。農鳥小屋でお茶を買ってお昼ご飯を食べる。小屋のご主人は変わり者と言われているが、登山者の事を思っての発言のようだ...小生も30分休んでいたら休み過ぎと言われてしまった。ひじきを水にもどしていた様なので、夕食はひじきの煮物かもしれない...登山者の事を思う良いご主人のような気がした。直登のような急登を登り、山頂かと思うと違っていて先がまだあり、やっとの思いで西農鳥岳に到着。ここからは気の抜けない岩稜帯が続く。農鳥岳に到着すると、初日からルートが同じ二つのグループと合流し、大門沢小屋へ向かう。大門沢下降点を過ぎハイマツの中を少し歩くとロープが渡してあるトラバースが現れ慎重に進む。山頂から1時間位の地点で小休止する。ここから小屋までが大変だった。急斜面が続き段差が高く太ももが上がらなくなって来るほどだ。4時30分に小屋に到着し持参のウィスキーで疲れを癒す。
【四日目】奈良田ノ温泉に入るため6時前に小屋を出発。ここからの下りも岩場の連続でハードな下りとなる。何回か渡渉するが、頼りないロープを渡しているだけの橋で、1カ所以外は橋を使わずに渡渉した。ロープに頼り過ぎると落ちてしまいそうな感じだ。2時間30分程下り最後のつり橋を渡り、登山道を少し歩くと林道に出る。林道から20分程で第一発電所に到着。バスに間に合ったので奈良田まで歩かずに済んだ。バス亭から10分程歩いた所の「町営奈良田の里温泉」で汗を流して9時50分のバスで帰路へ。振り返ればハードなコースではあったが、稜線歩きを楽しんだり、岩稜帯のトラバースを歩いたりと山好きを楽しませてくれるコースであり、思い出深い山行となった。

登山中の画像
  • 白根御池小屋を目指す
  • 標高を上げて行くと急登に変わる
  • ヤマハハコ
  • 白根御池小屋に到着
  • 草すべりから北岳へ向かう
  • イワヒバリを発見
  • 小太郎尾根分岐から仙丈ヶ岳、甲斐駒を望む...遠くに槍も見えた
  • イワツメクサ
  • 肩の小屋に到着
  • イワベンケイ
  • 標高3,193m北岳に到着...絶景が広がる
  • ガスってきた...小屋まであと少し
  • キンロバイ
  • ホシガラス...ハイマツの実を食べている
  • 日の出前の幻想的な風景
  • ここを登り切れば中白根
  • 標高3,055m中白根山に到着...絶景が広がる
  • 富士山と間ノ岳
  • 標高3,190m間ノ岳に到着
  • ハクサンイチゲ
  • 標高3,051m西農鳥岳に到着
  • 岩場を大きくトラバースし農鳥岳へ向かう
  • 標高3,026m農鳥岳に到着
  • 少し紅葉が始まっている
  • 左側が切れ落ちたトラバースが出現
  • ヤマトリカブト
  • 橋を使わず渡渉
  • 大門沢小屋に到着
  • ロープはバランスを取る程度に渡る
  • 沢から離れると歩き易い登山道に変わる
  • このつり橋は怖かった...すごく揺れる
  • 第一発電所に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

doraさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dora さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?