登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
2016年涸沢登山学校2 紅葉の穂高池めぐり 北穂高、前穂高(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

遊歩道 さん
  • 日程

    2016年9月23日(金)~2016年9月25日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:9/22 さわやか信州号
    9/25 16:00 松本方面路線バス

  • 天候

    初日:雨一時曇り、2日:曇り、3日目:晴
    [2016年09月23日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目
横尾(09:30)・・・本谷橋 ・・・涸沢ヒュッテ(13:00)
午後はヒュッテで懇親会

2日目
涸沢ヒュッテ(06:00)・・・南稜ゴルジュ(06:55)・・・東陵線上(07:42)・・・北穂池1(09:27)・・・(10:03)北穂池2(10:27)・・・東陵線上(12:06)・・・南稜ゴルジュ(12:57)・・・涸沢ヒュッテ(13:44)

3日目
涸沢ヒュッテ(06:00)・・・5,6のコル(07:30)・・・(09:58)奥又白池(10:30)・・・奥又白沢出会い(12:06)・・・新村橋(13:06) → → 小梨平(14:36)


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,741m
下り:約2,471m
※GPSトラックログは参考公開。一般道でないので遭難時は救助困難、保険免責の場合もある。初心者による感想であり注意して欲しい

【穂高バリエーションルート】
・「初めての穂高」より3段階難度が高い。精神/体力で限られた経験者のみが参加できる。
・登山専門用語は覚えること。
・自分が現在歩いているルート、歩くルートを3次元的に記憶する。(例、北穂沢のゴルジュを水平に移動し東稜に出る。)今歩いている場所がわかれば、遭難の時でも場所を正確に伝えることができる。
・同じコースを体験した者同士以外でコースの認識合わせをしないこと。必ず同じ認識とは限らない。穂高では命取りになる。
・北穂池に行こうとする場合は、北穂山頂に行く時間より早出が必要で一層のスピードも必要である。ヘッドライトを持参が必要、日没後歩く危険がある。
・コースでは自然落石があり、常に周辺に神経を集中すること。
・今回の山行を次の経験に必ず活かすこと。
・東稜の登降を往復で繰り返す。涸沢までの往復に匹敵する。昔は北穂池に水を汲みに来た。

【技術】
・斜めくだり:人は下ることに難しい、斜めに下っていくことは困難。
・草付スラブ:注意することは濡れると滑る草、滑れない草があること。昔は登山店店員が理解し靴底を選んで勧めていたが、今ではまずいない。スラブは取りつきが少ない緩岩場
・ガラ場:落石を起こさないようにすること、足の裏全体ではなくつま先の足運ぶ。

【実践】
 「北穂池」(5名参加)
・南稜のゴルジュ(狭い谷)に入った時点でガラ場となる。やや大きな石も浮き石。歩行ルートより離れた場所で、突然岩が崩れた。
・東稜では急な登り、下りとなる。道はガレとザレ道であり、急斜面ステップでザレて石の崩壊を起こし滑落したメンバーもいた。その際に下部に人の危険がないこと一旦滑崩を起こすと精神的に気後れし、危険を知らせるタイミングを失い、安全と錯覚する。岩は堅固のように見えて掴むと崩れれたため、確保に時間がかかった。
・草付スラブはススキが多い。枯草が濡れていると滑り転倒する。生草は若干滑りにくい。
・ガレに苔付の岩が多く、安全な岩はないと思ったほうが良い。最初メンバー間で声掛けもあったが、ほとんど意味もなくなり誰も無言になる。
・午後になると霧が発生し、急な登坂を追いかけてきた。
・登りと下りでルートが変わる。登れても降れないルート(ザレによるステップ確保が困難)がある
・東稜を行くパーティ有り、また、ゴルジュに戻ったころ、午後東稜に向かうパーティもいた(経験者不在の様)、一般道に戻れば緊張がほぐれメンバーと会話する。
・全体的にマーキングも数か所でわかりにくい。
「奥又白池」(4名参加)
・涸沢からⅤⅥコルに向かうルートは比較的安定。途中オコジョも発見、マーキングも明瞭
ただし、急な斜面を登りザレでゆっくりペースとなる
・ⅤⅥコルは拓けた場所で、北尾根と交差している
・コルを抜け降り始めた辛いトラバース。崖の入り口のところでメンバーが不注意にも落石。巻き込まれた場合は斜面を滑落していただろう。渉ってみると思ったほど危険さはなかった。ザイルを張ったがビレイなし。滑落した場合はどうなるか疑問。
・ルンゼが数ヵ所(2ポイント)あり、降りて登る繰り返し。ただし、足場はしっかり
渉るときは、完ガレのため、ザレにステップ→石崩れ→落石を繰り返しだった。
・ガレ場を超えると道が緩く安定するかに見えるが荒れたため草付スラブ化していた。
・時々マーキングがあった。クラッシックルートだが今はほとんどいない
・奥又白池からは少しルートも明瞭だが、前日までの雨でスラブがスリップ。笹でステップも見えない。どうしても一枚、段差があるが苔むしたスラブがあり尻滑りをした。
・松高ルンゼは(中畠新道)ガレた記憶しかないが、高度感があり結構楽しかった。
・奥又白池は登山者もいて、5時ごろ徳澤を出発し2時間滞在していた女性もいた。
「指導」
・全体事故はなかったが頭転倒、地滑滑落、草付転倒、ザイル振られ、尻餅、落石衝突など殆ど名々なんでもあり。自分は尻餅が上達し転んでも痛くもなかった。
・トラバース:岩にバランスをかけて歩く→姿勢を垂直にしてバランス。ヨコバイ歩きを途中で辞めたら怒られた。
・ルンゼ:足だけで降りようとせず体全部を使う。
・岩は必ず確保したことを確認。穂高は老齢で岩が脆い
・歩行中はカメラなど手や腰に物を持たない。注意力が散漫になり危険、歩くことのみに集中。
・木や草で確保した、おかげで苔付スラブでスリップして無事だったが、ぶら下がり健康法に見えたのか、木に頼るな岩に頼れと怒られた。
・スラブで小石をよく落とし怒られた
・草付、苔付、ガレ、ザレ、浮石、石崩のミックス。答えはない地獄ルート。
・間合いは、メンバーが滑落した時などすぐ救助できるように取る。
 
【メンバー】
全員女性3名、男性3名(初日1名不参加、2日目2名不参加)
私を除き、ほぼ穂高の上級コース経験者、西穂縦走、春雪(前穂、北穂)、剣源次郎とか
私は初心者だった。
北穂池の帰り、今から北穂往復も行きたい、と言ったメンバーもいたが。私も同じ感想。
筋肉痛、体調不良、精神プレッシャーなど各メンバー色々な結果となった。
翌日(月曜日)は殆ど皆さん仕事。

ネット上では重太郎新道と同じレベルとの見方もあったが、どう考えても違うゾ
先輩ヒアリングで、奥又白トラバース>剣ヨコバイ、56コル>吊尾根、北穂東稜>最低コル
もうわからん(*_*;

女性はソロ専、避難小屋OK、テントはしない。計画を立てるのが楽しい、集団行動を避ける。会社の同僚とは山行しない。怪我をされたら困るから
お勧め場所を教えてもらった。尊敬できる先輩たちだった。


登山中の画像
登山画像
ツアー概要、横尾に9:30集合
登山画像
早朝の上高地に到着
登山画像
本谷橋は復旧
登山画像
横尾ルート屏風直下のガレ
登山画像
到着日は小雨まじり
登山画像
夕食
登山画像
北穂ゴルジュの分岐、少し進むと南稜取付き
登山画像
北穂東稜を登りきった景観(その1)
登山画像
北穂東陵の景観(その2)
登山画像
北穂東陵の見晴らし(その3)
登山画像
北穂東陵を少し降りたところの景観(その1)
登山画像
北穂東陵を少し降りたところの景観(その2)
登山画像
北穂東陵を少し降りたところの景観(その3)
登山画像
北穂池からの景観(その1)ゴジラの尻尾
登山画像
北穂池からの景観(その2)常念岳方面
登山画像
北穂池からの景観(その3)
登山画像
北穂池からの景観(その5)
登山画像
北穂池からの景観(その6)
登山画像
北穂池からの景観(その7)大キレット方向
登山画像
北穂エリアではあちこちにブルーベリーが実り疲…
登山画像
北穂池3つ目からの景観(その1)大キレット
登山画像
地図に掲載されません
登山画像
北穂東陵のすぐ下。槍が見えました
登山画像
北穂東陵への戻り(その1)
登山画像
北穂東陵への戻り(その2)
登山画像
ゴルジュへの戻り
登山画像
ゴルジュへの戻り(その2)自然落石注意
登山画像
一般道ではナナカマドの紅葉
登山画像
涸沢を見下ろす
登山画像
シーズンでも一人1布団で良かった
登山画像
ヒュッテからの夜明け(屏風方面)
登山画像
モルゲン、モルゲンと一つ覚えで、マナーは悪い
登山画像
前穂北尾根 5、6コルへ徐々に高度を上げる
登山画像
コルが見えてくる
登山画像
ステップも結構辛い(吊尾根のほうが取付きやす…
登山画像
コルから奥又白谷を見下ろす
登山画像
コルから涸沢を見下ろす
登山画像
コルから北5尾根
登山画像
コルから北6尾根
登山画像
コルの平坦エリア、結構な踏み跡
登山画像
コルから涸沢を見下ろす
登山画像
立ち悪のトラバース
登山画像
最初のガレ場に降りるあたり
登山画像
最初のガレ場を渡り登ったあたり(その1)
登山画像
最初のガレ場を渡り登ったあたり(その2)
登山画像
最初のガレ場を渡り登ったあたり(その3)
登山画像
奥又白池
登山画像
奥又白池から前穂
登山画像
奥又白池、テン場
登山画像
中畠新道、一般道でも性質が悪い
登山画像
奥又白谷の滝
登山画像
松高ルンぜ、ここからパノラマからの出会い
登山画像
徳澤から穂高を望む
登山画像
河童橋
登山画像
中の湯、いつか行きたい
登山画像
アルピコ上高地線は萌え車両
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器
【その他】 スリング、簡易ハーネス
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

遊歩道さんの登山記録についてコメントする
  • あまり さん
    遊歩道さん こんにちは~
    北穂の池にご一緒させていただいたお姉さま女子(赤いヘルの)です。
    こんなにしっかりとポートを!! 感心してしまいました。
     
    北穂の池はやっぱり別天地でしたね。
    私はずっと行きたかった場所でしたから・・とっても幸せでした。
    私のアルバムには、遊歩道さんの元気いっぱいの笑顔がたくさんあります。
    またどこかでお会いできますように・・楽しい山旅をこれからも続けてね~^^

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    今朝も結氷。気温低下ともに色づき進み、今週色づき進む予想。防寒は手袋や帽子も含めて油断禁物
    20年09月29日(火)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    涸沢の紅葉が良い色づきに。早朝は凍結、夕方は気温低下&日没時間に注意。万全の秋山装備で
    20年09月29日(火)
  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や黒部五郎岳カール、弓折岳周辺では、 9月下旬~10月上旬頃が紅葉の見ごろと予想しています
    20年09月24日(木)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日に日に変わってゆく山肌の色。秋山を楽しむためにしっかりとした装備を
    20年09月24日(木)

遊歩道 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...